本文へスキップ

ユーキャンのMOS講座 MOS資格

ユーキャンのMOS講座でMOS資格を取得!

ユーキャンのMOS講座でMOS資格を短期で取得する!

ユーキャンのMOS講座で、MOS資格を短期で取得する!

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)資格

ユーキャンのMOS講座で、MOS資格を取得

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)資格で、ワードやエクセルなどのパソコンスキルを証明できます!

マイクロソフト オフィス スペシャリストの資格(以下「MOS資格」と略称)は、マイクロソフト社公認の世界基準のパソコン資格です。

このMOS資格は、ワードやエクセルの技能を、開発元のマイクロソフト社が証明する唯一の国際資格となっています。MSO資格を取得すると、世界共通の認定証が発行され、マイクロソフト社のワードやエクセルなどが一定水準以上であることを世界中どこに行っても証明することができます。

ユーキャンのMOS講座でパソコン技術を身に着ける

PCスキルは、就職活動や転職に必須の技術です!

現在では、どんな仕事でもパソコンは必需品です。事務職の他にも、営業、技術、企画、各種の専門分野においても、パソコンを使いこなせる技術は、就職・転職活動、また職場内でのキャリアアップに必須となっています。

PCスキルは、就職活動や転職に必須ですが、あなたはどのようにしてその技術を証明しますか?

自分のPCスキルを証明するには、資格で証明するのが確実です! 中でも、マイクロソフト社が認定する世界基準の「マイクロソフト オフィス スペシャリスト」資格を取れば不足はありません。

履歴書に「MOS資格取得」と書くことで、PCスキルを客観的に証明することができます!

この資格は、パソコンスキルを証明するものであり、パソコンを使用する実務に何でも活かせることが特徴です。ワードやエクセルを使用する場合、便利な機能を習得することで、大幅に業務の効率化を図ることができます。さらに、解り易いグラフを資料に入れたりすることなどで、実務に効果的に活かすことができます。

ユーキャンのMOS講座で取得したMOS資格は、就職に有利

スマホ世代はパソコンが使えない!

最近の若者は、当然パソコンを使いこなしている!という思い込みは、どうやら間違いのようです。

「PCを使えない学生が急増」というのが現状です。最近は、スマホの普及でパソコンが使えない学生が急増しているとのことです。所謂、スマホ世代の世の中です。このため、会社に入社しても、ExcelもWordも使えないし、パソコンでメールも送れない新人が増えているとのことです。

そのため、PCの操作を習得し直す学生が増加中!

最近では、就職のためにMOS資格を希望する学生も増えています。

実際、MOS資格は就活にも有利になることが多く、学生の就職活動の一環としてPC技術を習得し直す学生もいるほどです。

企業の採用担当は、MOSを知っています!

最近はPCスキルの重要性から、企業内の研修でマイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)の取得が必須になっている会社もでてきています。

MOSは、仕事上欠かせないスキルを証明する資格として、企業間の認知も拡大しています。ですので、履歴書に「MOS資格取得」と書いていれば、それだけでPC技能の証明となって、就職に有利となります。PCに関しては「使い物になる」と評価されるからです。

パソコンが苦手だと、実際に入社後に使いもになりません

今や職場ではパソコンを使えるは当たり前です。学校でワードやエクセルを学ぶことも多くなりましたが、仕事で使うスキルは学校で習うスキルとは少し違います。

MOS資格を持っていれば、新しいソフトに対応する技術も身に付きます。

あらゆる職場においても、ワード・エクセルの技術は当然として、新しいソフトに対応する技術が必要になります。もちろん、新しいソフトは導入後に、そのソフトに習熟する必要があります。このときPC操作の基礎力があれば、新しいソフトもすぐに使いこなせるようになります。

まして、元々パソコンが苦手な場合、新しいソフトに順応できず、自分はパソコンが苦手という意識から脱皮できない状況になります。これでは、いくら高学歴であっても、職場で活躍することは到底できません。

そのため、ユーキャンの受講生の中にも、パソコンが苦手で入社後に焦りを感じ、基本から学ぶためにMOS資格を取得する方も大勢います。

資格があれば、入社直後から即戦力に!

MOS資格を持っていれば、入社後すぐにパソコンに詳しい人材として、頼られることになります。そうなると、同期や先輩はもちろん、パソコンに詳しくない年配の重役にも頼られ、周囲から一目置かれる存在になることも可能です。

ユーキャンのMOS講座に受講生の80%以上が満足!

MOSは、取得しやすい資格です。ワードとエクセルのどちらかだけなら、標準学習期間1ヵ月の短期間でも取得が目指せます。

ユーキャンのMOS講座の満足度をアンケートした結果、「とても満足」と「満足」をあわせて80%以上に達しています。(このデータは、ユーキャンのMSO講座を受講し、実際に資格試験を受験した255名に実施したアンケート結果です

あなたも、そんなMOS資格をユーキャンのMOS講座で取得しませんか?!

ユーキャンのMOS講座は、受講料が安価!

ユーキャンのMOS講座

 なお、MOS講座はコースによって受講料が異なります。

ユーキャンのMOS講座で解説しているコース
MOS2016コース(Office2016に対応)、MOS2013コース(Office2013に対応)、MOS2010コース(Office2010に対応)

※「費用の詳細」は、ユーキャンの公式サイトでご確認をお願いします↓↓

ユーキャンのマイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)講座の公式サイト

MOS2016コース(Office2016に対応)受講料

MOS2013コース(Office2013に対応)受講料

MOS2010コース(Office2010に対応)受講料

こんな安価な受講料で最短1ヵ月で合格を目指すことができます!

ユーキャンのMOS講座 受講満足度

マイクロソフトオフィス スペシャリストの試験は、すべてパソコンを使った実技試験です。

ユーキャンのMOS講座に使用する教材では、初心者でも無理なく理解できるように、実際のパソコン画面の図を大きく載せ、操作をイメージしやすいようにしてます。このため、学習がスムーズに進み、短期間で効率的に合格の力をつけることが可能です。

選べるコースの紹介

ユーキャンのMOS講座では、Officeのバージョンに対応したコースを選ぶことができます。Officeのワードやエクセルは、バージョンによって画面や操作方法が異なるものです。しかし、まず1つのバージョンが使いこなせるようになると、原理は同じですから、他のバージョンもすぐに使えるようになります。

まずは、自分のOfficeのバージョンを確認しましょう。

MOS試験はOfficeのバージョンごとに試験範囲が異なっています。また、MOS資格は、自宅で自分のパソコンを使用して受験することになります。このため、受講するにはOfficeのバージョンと同じバージョンで学習する必要があります。

以下は、ユーキャンのMOS講座で解説しているコースです。

  • MOS2016コース・・・Office2016に対応
  • MOS2013コース・・・Office2013に対応
  • MOS2010コース・・・Office2010に対応

なお、自分のパソコンに入っているOfficeのバージョンがわからない場合、以下に従って確認することができます。

自分のパソコンのOfficeのバージョンを知る方法

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)の質問・サポートについて

受講中、わからないことがあれば、講師に質問ができます

操作やテキストの内容についてわからないことが出てきたら、講師に気軽に質問することができます。

この質問には、受講生になればログインできる「学びオンラインプラス」を利用することになります。

ユーキャンの学びオンラインプラス ここで質問ができます

この学びオンラインプラスから、講師に質問が可能になります。インターネットを利用して質問し、回答があるため、郵便のような手間が不要です。

※質問回数に制限が設けられることがあります。

質問は、講座に関することなら何でもできます!

初心者の受講生もたくさん質問しています!
受講生になって、どんどん質問しましょう。

実際の質問の例です。

  • ・テキストP.46の図について質問します。・・・。
  • ・エクセルのセル内で改行するにはどうすればよいですか?
  •  など、どんなことでもお気軽に相談できます!

その回答は、パソコンに詳しい経験豊富な講師陣がわかりやすく説明しますので、安心して利用ができます。

こんな便利な質問システムも、安価な受講料に含まれていますので、やはりユーキャンのMOS講座がおすすめですね!