本文へスキップ

ユーキャンの行政書士講座 行政書士資格

ユーキャンの行政書士講座で行政書士に!

ユーキャンの行政書士講座で行政書士資格を取得!

ユーキャンの行政書士講座で行政書士資格を取得し、法律のプロとして活躍しましょう!

行政書士試験の合格者 約9.6人に1人が、ユーキャンの受講生です。

2016年度の社労士試験の合格者は、1,770名。
そのうち、185名がユーキャンの受講生です。
まず、このようにたくさんの合格者を送りだしている実績に注目しましょう!

ユーキャンの行政書士講座 行政書士資格を取りましょう

行政書士は、法律関係の書類作成等を行う国家資格です

  • 行政書士の資格は、弁護士、司法書士などのように、行政に提出する書類の作成やコンサルタント等を行う国家資格です。
  • また、行政書士は「法律のプロ」として依頼人をサポートする法律家であり、法律に関する国家資格者の中でも特に幅広い業務範囲を持ち、国民の生活に密着した法務サービスを提供する使命を持っています。
  • 特に、行政書士は独占資格であり、医師などと同様に資格を持っていなければできない専門的な業務を行うことができます。

行政書士の業務は、法改正で職域が拡大しています

  • 最近では、行政書士法改正で職域が拡大し、行政書士が本来行っている許認可申請や権利関係書類の作成以外に、予防法務業務、各種の法務コンサルタント業務、電子申請の対応業務など増加しつつあります。
  • また、消費者庁の創設にともない、今後さらに「身近な街の法律家」として活躍の場が広がる資格であることは間違いありません。

行政書士はこんな人におすすめ!

転職・キャリアアップを目指す社会人の方

  • 法律の知識が役立つ会社企業の総務部、法務部などで法律知識を生かして活躍するとか、その他部門へ転職したり、キャリアアップする際にも有利になります。
  • また、仮に行政書士試験に合格できなったとしても、難関資格の取得にむけて蓄積した法律知識は、現在の職業に役に立ったり、転職時の評価にもつながったりで、様々な場面で役に立ちます。
  • もちろん、行政書士資格を得るために勉強した知識や、取得した資格は行政書士事務所への就職や転職にも有利となります。
  • さらに、例えば宅建等、他の法律関連の資格を取る際にも、法律知識を生かすことで非常に有利な立場に立つことができ、希望の資格を次々に取ることも可能となります。

資格とキャリアを活かして独立開業することも可能です!

  • 行政書士資格を取得した後、法律の専門知識や人脈を活かして独立開業することも可能です。
  • なお、独立開業するためには、行政書士会に入会する必要があります。しかし、この行政書士会が主体となって各地で研修を実施しているため、独立前に行政書士の基礎業務の講習を受けることができ、さらに行政書士会での人脈を生かして今後の業務内容の知識を深めることもできます。

自宅でも開業可能すから、在宅で働きたい女性の方にも有益です

  • 行政書士は、パソコンとプリンターさえあれば自宅でも開業することができ、出産や子育てに時間を取られる女性でも、在宅で自分のペースで働くことができます。
  • そのため、家事や育児に忙しい主婦の方でも、通信講座等を利用して行政書士資格に挑戦し、在宅勤務、自宅での独立開業も可能となります。

就活を控えた学生の就職にも有利です

  • 行政書士は、試験に合格すれば一生有効な国家資格ですから、学生の立場で就職に有益となり、勤務先でも給料アップやキャリアアップに有益となります。
  • 行政書士として独立するための登録はいつでも可能です。特に、法律関係の学生が在学中に行政書士の勉強を始めれば、授業にも役立ち、また就職にも有利となります。

行政書士資格を取得することで、定年後の再就職や独立開業も可能になります

  • 定年後の仕事や年金の不安、就職中の解雇など、将来が不安定な現代において、保険として「手に職」を持ちたいという人が増えています。
  • 従って、漠然と定年退職を迎えるのではなく、定年後にも有力な行政書士の資格に挑戦することで生きがいを得ることもできます。また、これまで築き上げた人脈とキャリアを活かし、退職後に資格を生かした活躍もできるようになります。

ユーキャンの社労士講座で社労士氏に

行政書士試験の勉強の取り組み方

まず、行政書士試験の概要について知っておきましょう。

試験時期 11月の第2日曜日(毎年1回)
受験資格 受験資格の制限なし。どなたでも受験できます。
試験科目 法令等:憲法、行政法、民法、商法、基礎法学の中から46問出題
一般知識等:政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解から14問出題
受験手続 試験日の4ヵ月位前に試験要項が発表され、一般財団法人行政書士試験研究センター等に試験案内を請求し、申込みます。
受験料 7,000円
資格の有効期限 一生有効 (行政書士登録申請に、期限はありません)

独学で行政書士の勉強は難しそうで不安!という方に

  • 行政書士を独学で合格するには、おおよそ1,000時間の勉強時間が必要と言われています。1年間365日、毎日勉強した場合、3時間近い勉強が必要ですが、独学で勉強する場合、最も問題となるのは、勉強方法に関する不安との戦いになることです。
  • また、最新の法改正情報や試験の傾向についても、すべて自分で調べたり情報を収集する必要があります。そして、その情報の価値などを自分自身で判断する必要があります。そんな労力と不安が、勉強の挫折につながることもあります。
  • そのため、行政書士という比較的難関の国家試験であって、しかも勤務や家事等をしながら勉強する場合、受験のプロが提供する傾向と対策、受験情報、法改正の情報等を利用するのが、時間の節約や効率の面でもおすすめとなります。

行政書士は、法律の初学者でも十分狙える資格

  • 行政書士が難関の国家試験であっても、司法試験や司法書士、弁理士や税理士などのように、他の法律系の資格と比べると、合格しやすい資格だと言われています。
  • ですので、行政書士試験は、確かな実績と歴史を持っているユーキャン等の通信講座を利用して学習すれば、法律の初学者でも十分に合格を狙える資格と言えます。

初学者79%のユーキャン。法律の勉強が初めてでもOK!

  • 行政書士試験は、出題傾向を把握し、的を絞って効率の良い勉強方法さえすれば、法律の初学者でも十分に合格を狙える試験です。
  • ユーキャンの受講生は79%(平成28年のデータ)が初学者ですから、ユーキャンの編集スタッフ達も初学者の理解レベルを十分に理解したうえで、教材作りに取り組んでいます。その教材で、ユーキャンでは毎年多くの合格者が誕生しています。ちなみに、平成24〜28年の5年間で累計1,708名の合格者を出すことができています。

行政書士の試験は、マークシートが中心。60%正解で合格です。

  • 行政書士試験は、マークシートが中心です。
  • しかも、各科目ごとの基準点をクリアした上で60%正解すれば、原則として人数に制限なく合格になりますから、受験しやすい試験だと言えます。
  • ※合格基準については問題の難易度を評価し、年度によって補正が加えられることもあるようです。

行政書士試験は試験範囲が広い!合格のコツは「絞る」ことです。

  • 行政書士試験は出題範囲が広いため、全体をまんべんなく学習するようなムダを省き、要点を絞って学習することが合格するコツとなります。
  • 即ち、満点を取る必要はなく、試験でよく出る分野に絞って勉強することが合格への近道となります。ユーキャンの教材は、そのような勉強方法に適する内容となっているため、ユーキャンの教材を全面的に信頼することが無駄を省いた効率的な勉強方法となります。

ユーキャンの行政書士講座で使用する教材は?

ユーキャンの社労士講座にはデジタルテキストが付いています

ユーキャンの社労士講座には、デジタルテキストが付いています。

このデジタルテキストには、メインテキスト10冊と問題集4冊とが丸ごと収録されています。ですので、スマホやタブレット、パソコン等の利用して、テキストを読んだり過去問を解いたり、隙間時間を利用したりして、いつでもどこでも学習を進めることが可能です。

ユーキャンの社労士講座 デジタルテキストの見本

デジタルテキストはこんな方におすすめです!

お仕事や家事で、毎日にお忙しい方に!

デジタルテキストは、お仕事や学業、家事などで時間が限られる方にとって、学習の効率を強力にアップすることができます。

利用方法はインターネットを使用できるスマホやタブレット、パソコン等を利用してテキストの内容をダウンロードし、通勤・通学の時間やお昼休みを利用して知識を吸収したり、学んだ内容を復習したり、家事の合間に問題集を解いて理解度をチェックしたり、反覆することで知識を定着させたり、工夫次第で色々と利用することができます。

ユーキャンの社労士講座では、2コースから選ぶことができます!

1)「デジタルテキスト付きコース」:デジタルテキストが利用できます。
2)「デジタルテキストなしコース」:デジタルテキストが不要の方に。一括払いの場合の受講料から5,000円の割引となります。

ユーキャンの社労士講座 テキストの特徴

さらに、ユーキャンの教材はここが強み!
メインテキスト10冊と問題集4冊

メインテキストは、徹底的に出るポイントに絞った教材です

メインテキスト(10冊)は過去の試験を徹底分析し、出るポイントに絞ったテキストです。図表やイラストも豊富で、複雑な内容もわかりやすく編集されています。1冊1冊が薄いのも特長で、初学者の方でも読みやすい構成となっています。

社会保険労務士テキスト拡大見本↓

ユーキャンの社労士講座 テキストの拡大見本

「科目別ガイダンス動画」で全体像を把握することができます

各科目の全体の概要と重要項目を一通り網羅できる科目別ガイダンス動画を利用することができます。この動画を学習のスタート時に見れば、各内容の関連性を俯瞰的に把握することができるため、これから学ぶ内容を大まかに理解することができます。そのため、その後の学習を効率良く進められます。

「基本確認ドリル」で知識をしっかりアウトプット!

メインテキストでインプットした内容を「基本確認ドリル」の演習を通じてアウトプットすることができます。このようにテキストと演習の繰り返し学習によって基礎知識を固め、苦手分野を発見することができます。

「基本確認ドリル」の演習は○×問題が中心なので、移動中でも容易に学習を進めることができます。このように反復学習がしやすいため、問題演習をこなすことで、実力アップを。

さらに間違えた問題も、解説や連動したメインテキストですぐに確認できます。

過去問攻略集

ユーキャンの社労士講座 過去問攻略集←6年分を完全網羅した過去問攻略集です。

過去6年分の試験問題を掲載した「過去問攻略集」は、労働編と社会保険編の2冊から構成されています。各科目別に項目ごとに問題が配列されており、解答には詳しい解説もついているため、過去問を繰り返すことで、解答力と基礎知識の進化と応用が身につきます。

ユーキャンの行政書士講座の合格者数

下記の合格者数は、ユーキャンが行政書士講座の受講生に対して行ったアンケートへの回答で、各年度の試験を実際に受験し、合格した者の数です。(平成29年8月31日現在)

  • 平成24年:398名、
  • 平成25年:393名、
  • 平成26年:265名、
  • 平成27年:370名、
  • 平成28年:282名

このように、ユーキャンでは毎年多くの合格者が誕生しており、平成24〜28年の5年間で累計で1,708名となっています。

上記のように多くの合格者を出せる秘密は、ずばり、ユーキャンの「テキスト」にあります。ユーキャンでは、毎年の試験を徹底的に分析し、次の試験の傾向を予測し、分析した結果をテキストに反映し、例年、複数の分野で試験問題を的中させています。

下記に、教材の見直しにより、より学びやすくなったユーキャンならではの4つのポイントをご紹介します。

ユーキャンの行政書士講座:試験攻略の4つのポイント

基礎をしっかり理解し、的を絞った学習を効率的に進めることが合格の秘訣!

1.難解な法律。まずは全体像をつかもう!
  • <攻略方法>
  • 法律の言い回しは独特で難解なものが多く、最初から細かく理解しようと思っても、なかなか難しいものです。いきなり全てを覚えようとした結果、途中で挫折してしまうこともしばしばです。ですので、まずは法律の骨組みだけを理解し、全体像をつかむことが合格への第一歩となります。
  • ユーキャンでは本格的な学習に進む前の教材として「入門テキスト」を用意してあります。この「入門テキスト」は、ストーリーマンガでイメージをつかめる工夫がされています。
  • また、各課の冒頭に、4ページもののストーリーマンガが設けられ、学習の概要をわかりやすく説明してあります。
  • このようなストーリーマンガで理解しながら、難解な法律の全体像をつかむことができます。
2.広い出題範囲。科目の垣根を越えた学習が大事!
  • <攻略方法>
  • 民法、商法・憲法、行政法などは膨大な範囲ですが、法令等の科目はわずか46問しか出題されません。ユーキャンなら同じテーマを、科目をまたがって効率的に学習ができます。
  • たとえば、法定利率は民法が5%、商法は6%と定められています。これを民法と商法でバラバラに暗記するよりも、まとめて学習したほうが理解も早く、学習効率もアップします。
3.一般知識等の対策について
  • <攻略方法>
  • 一般知識等問題は60問中14問が出題されます。
  • たった14問と思うかもしれませんが、一般知識等で得点が40%未満だった場合、即不合格になります! いくら法令等科目で高成績を上げても、無意味になってしまいます。
  • つい後回しになってしまう一般知識等対策ですが、しっかり勉強することで確実に得点を稼げるチャンスにすることができます。
4.合格へのカギを握る過去問対策!
  • <攻略方法>
  • 合格へのカギを握る過去問対策です。この過去問対策は、自分の実力を知るためにも非常に大切な試験対策となります。そして、問題集において特に大事なのが「解説」です。
  • 問題集においては、「解説の質と量」が理解度を大きく左右します。解説が丁寧であればあるほど、その場で知識の復習が可能になります。ゆえに、「過去問の解説」が合格のカギを握ると言えます。
  • ユーキャンの場合、通常の2〜3倍の解説量を実現しています。 多くの市販書籍の場合、各設問に1P程度の解説にとどまるのが現状ですが、ユーキャンの過去問は「2〜3P」という圧倒的な解説量を実現しています。
  • 試験直前はテキストや問題集を交互に見返したりして学習のロスとなりますが、ユーキャンの解説量であれば、過去問を検討するだけで十分にテキストの復習も可能となります。

ユーキャンの行政書士講座 費用は?

一括払い 63,000円
分割払い 3,980円 × 16回(16ヵ月) 総計:63,680円(税込み・送料当社負担)

学費の20%が支給されます!

  • 教育訓練給付制度を利用すれば、学費の20%が支給されます!
  • この教育訓練給付制度をうまく活用して、オトクに受講しましょう。
  • 教育訓練給付制度は、ユーキャンの公式サイトにも説明されています。
  • 学費の支払いは、以下の方法から選ぶことができます。
  • 1. 郵便局・ゆうちょ銀行をご利用の場合(詳細)
  • 2. コンビニエンスストアをご利用の場合(詳細)
  • 3. クレジットカードをご利用の場合(詳細)
  • ※クレジットカード払いはインターネットのみ、一括払いのみ
  • ・送料は、全国どこでも無料です。
  • ・分割払いも可能です。

分割払いの場合、月々3,300円のお支払いで可能となります。

万一の場合、返品も可能です。教材を見て気にいらなかった場合や、受講を取消す場合、教材到着後8日以内であれば返品できます。
(取り消し料は不要ですが、返送料のみ負担する必要があります。)

ユーキャンの社労士講座

詳細・受講申し込みはユーキャンの公式サイトで
>> ユーキャンの行政書士講座