本文へスキップ

社会福祉士試験 東京アカデミーの通学・通信講座で合格

社会福祉士試験に東京アカデミーの通学・通信講座で合格!

社会福祉士試験に東京アカデミーの通学・通信講座で合格!

社会福祉士試験に、東京アカデミーの講座で合格しよう!

東京アカデミーでケアマネジャーの資格を取得

社会福祉士とは?

社会福祉士は、いわゆる「ソーシャルワーカー」と呼ばれる社会福祉専門職の国家資格をいいます。

「社会福祉士及び介護福祉士法」では、次のように説明されています。

専門的知識及び技術をもって、身体上もしくは精神上の障害があること、または環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ、助言、指導、福祉サービスを提供する者又は医師その他の保健医療サービスを提供する者その他の関係者との連携及び調整その他の援助を行うことを業とする者

具体的には、身体的・精神的・経済的なハンディのある人から相談を受け、日常生活がスムーズに営めるように支援を行ったり、困っていることを解決できるように支えたりすることが主な仕事となります。

また、他分野の専門職などと連携して支援を進めたりする役割も求められ、少子高齢社会が進行している現在においては、社会福祉士への期待はますます高まってきています。

社会福祉士の仕事の内容は?

社会福祉士の仕事の内容は、多岐にわたっています。

例えば、高齢者、身体・知的障害者、一人親家庭などの相談にのったり、状況に応じた支援を行います。また、行政や医療機関などと連携をする役割も担います。

社会福祉士資格取得者が働く職場としては、自治体の社会福祉施設等が多く、その他にも、社会福祉協議会や医療機関、行政機関や独立型社会福祉士事務所等が、その代表として挙げられます。

社会福祉士試験の対策には、東京アカデミーがおすすめです。

東京アカデミーは、昭和42年の創立以来、担当講師が生講義で授業を進めるのが特徴です。生講義は、担当講師と直面した状態で授業を受けるため、良い意味での緊張感があり、疑問等があればその場で質問ができるという利点があります。

また、授業が終わってからでも、受講者が直に質問をして疑問を残さなずに学習を進めることができるという利点があります。

さらに、教務スタッフが受験情報のサポートに努める等、顔の見える予備校として、毎年、他の予備校や専門学校の追随を許さない高い合格率を得ています。

東京アカデミーに資料請求しましょ!

東京アカデミーの社会福祉士試験講座の詳細や学費を詳しく知るには、東京アカデミーに資料請求をして送られてくるパンフレットが必要になります。

また、受講をするとき、申し込みの際に必要な「受講申込書」もまた、パンフレットが必要になりますので、早めの資料請求をおすすめめします。

>> 東京アカデミーの資料請求はこちらかできます

社会福祉士国家試験の概要

社会福祉士になるためには、厚生大臣が指定した(財)社会福祉振興・試験センターが実施する「社会福祉士国家試験」に合格する必要があります。この国家試験を受験するためには、法律に定められた受験資格(後述してあります)が必要です。

ここでは、社会福祉士国家試験の試験日等の概要を確認しておきましょう。

1. 社会福祉士国家試験の受験申込期間について 

第29回(平成28年度)社会福祉士国家試験の受験申し込み受付期間は、平成28年10月7日(金曜日)で既に終わっていますが、第30回(平成29年度)社会福祉士国家試験の受験申し込み受付期間等は、これに準じて判断をすることができます。

2. 社会福祉士国家試験の試験日について 

第29回試験の試験日は、平成29年1月29日(日曜日)に行われました。

第30回試験(予定)は、社会福祉士振興試験センターによると、平成30年2月上旬と発表されています。>> 社会福祉士振興試験センター

3. 受験申込書の受付(提出)期間

第30回試験(予定)は、平成29年9月上旬から10月上旬に受け付けられます。

4. 社会福祉士国家試験の試験地について

第29回の場合、下記の24試験地です。第30回試験については、第29回試験に準じて実施する予定と発表されています。

北海道、青森県、岩手県、宮城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、石川県、岐阜県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、島根県、岡山県、広島県、香川県、愛媛県、福岡県、熊本県、鹿児島県、沖縄県

5. 社会福祉士国家試験の試験科目について

第29回の試験科目は、下記の通りです。第30回については、今後の発表を待ちましょう。(とはいっても、大きく変わることはないと思います)

人体の構造と機能及び疾病、 心理学理論と心理的支援、 社会理論と社会システム、 現代社会と福祉、 地域福祉の理論と方法、 福祉行財政と福祉計画、 社会保障、 障害者に対する支援と障害者自立支援制度、 低所得者に対する支援と生活保護制度、 保健医療サービス、 権利擁護と成年後見制度、 社会調査の基礎、 相談援助の基盤と専門職、 相談援助の理論と方法、 福祉サービスの組織と経営、 高齢者に対する支援と介護保険制度、 児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度、 就労支援サービス、更生保護制度

6. 社会福祉士国家試験の受験資格について

受験資格(第29回)は、下記の通りです。第30回については、これに準じて判断してよいと思われます。

(1) 4年制大学で指定科目を修めて卒業した方
(2) 2年制(又は3年制)短期大学等で指定科目を修めて卒業し、指定施設において2年以上(又は1年以上)相談援助の業務に従事した方
(3) 社会福祉士短期養成施設(6月以上)を卒業(修了)した方
(4) 社会福祉士一般養成施設(1年以上)を卒業(修了)した方

7. 受験手数料(第29回の場合)

社会福祉士のみ受験する場合: 7,540円
社会福祉士と精神保健福祉士を同時に受験する場合: 20,020円(イコール社会6,830円プラス精神13,190円)
社会福祉士の共通科目免除により受験する場合: 6,360円

8. 合格者の発表

合格者の発表(第29回)は、3月中旬です。毎年、この期間に行われています。

東京アカデミーの通学講座の特徴・サポート体制

1)通学講座生は、受講期間中、入会校舎の自習室を利用できます

東京アカデミーの各校舎で、通学生を対象に利用できる自習室を開放しています。

この自習室は、講義の予習や復習に利用したり、自宅で集中して勉強ができない場合などにも活用できますから、有意義に利用しましょう。

利用可能時間は、平日(月〜土)9:00〜20:50

日曜・祝日は、9:00〜18:50 

※なお、上記の利用可能時間は、校舎によって異なる場合がありますので、資料請求か電話等で確認をしておきましょう。

2)無料配信システムで、1日2回、演習問題メールが配信されます

東京アカデミーでは、日々の学習効果を上げるために、学習習慣を身に着けることが重要である点に着目して、1日2回、定期的に問題をメール配信するようにしています。

このメールで、5カ月で約400問の問題が、どこにいる時でも演習することが可能となります。一日、2問ですから、少ないようですが、合計数で約400。やはり、日々の持続によって大きな力をつけることができるようになります。

このメール配信による演習問題は、その日の2問だけをするのではなく、昨日の分や、それ以前の分を繰り返し行うことで、記憶にも定着し、応用力もついてきます。

3)通信講座生のスクーリングを無料で受けることができます

このサポートは新しく設けられたものです。

スクーリングは、本来、自宅学習が中心の通信講座生のために設けられていますが、通学講座生も受けることができます。

・日程は、4月〜7月の各月に1回ずつ、各月末の日曜日か土曜日となります。

・時間は、日曜日の場合、9:30〜11:00、11:10〜12:40です。

     土曜日の場合、13:00〜17:40、16:10〜17:40です。

なお、日時は校舎によって違いますので、資料請求や電話等で確認をしましょう。

4)フリー受講制度で、欠席の場合や再度受講する場合のフォローができます

入会校で講義に出席できないときや、重要事項を復習したいときは、都合に合わせて他校で振替、重複受講が可能です。

これは、例えば、入会校が大阪校で、土曜日に欠席した場合、翌日の日曜日に、難波校で同じ内容の授業を受けることができるというものです。

※なお、講師が異なる場合、講義内容や進度が異なる場合もあります。また、日程の都合で繰り返しの受講ができない場合もあるとのことです。

もっとも、この制度は、遠方の校舎に出かけるのは大変なので、次のMP3プレーヤー無料貸出制度を利用することで、フォローすることも可能です。

5)MP3プレーヤー無料貸出制度の利用で、反復学習が可能

これは、授業を反復して聞けるように、MP3プレーヤーを無料で貸し出してもらえる制度です。この制度は、毎回の講義をダビングしたMP3プレーヤーを利用することによって、隙間時間や通勤時間等を利用して、反復して重要事項を脳に定着させる効果があります。

6)講義録音制度を無料で利用することができます

上記のように、毎回の講義をダビングしたMP3プレーヤーを貸してもらえる制度があっても、CDにして聞きたい場合のサービスがこれです。このサービスを利用する場合、空のCD-R等を教務課に持参することで、ダビングして、自分のCDプレーヤーで何度も聞くことができるようになります。

7)全国公開模擬試験を無料で受験することができます

この模擬試験は全国で一斉に実施されるものですから、受講生の全国的なレベルを知ることができ、本試験のシミュレーションにもなる絶好の機会ですので、積極的に利用しましょう。

通学講座に入会の受講生は、毎回の模擬試験を手続き不要、無料で受験ができることになっています。

8)受験相談会の実施を無料で受けることができます

受験勉強を進める中で生じる疑問点や不明な点を、残さず解消することによって、日々の学習をスムーズに進めることが可能になります。

そのために実施している、講師や担当教務による受験相談会を無料で受けることができます。この受験相談会は、入会校によって日程が異なるため、資料請求や電話等で確認することができます。

全国公開模擬試験で学習成果を確認し強化することが可能

学習内容の理解度や記憶の定着をする手段として、定期的に行われる模擬試験は大変に有効です。

この模擬試験は全国で一斉に実施されるため、全国的なレベルを知ることができ、本試験のシミュレーションにもなる絶好の機会ですから、積極的に受験することが大切です。

通学講座に入会の受講生は、毎回の模擬試験を無料で受験することが可能です。

東京アカデミーの通信講座について

短期間で社会福祉士国家試験に合格するには、出題傾向を把握した上で、的確な対策を立てることが必須条件です。

しかし、社会人の方は、仕事の都合で予備校や講習会に通えないのが実情ですす。そこで、自宅にいながら最も効率的に学習を進めることができる対策として開発されたのが東京アカデミーの通信講座です。

東京アカデミーの通信講座 受講料

入会金 受講料 合計
5,000円 42,000円 47,000円

※東京アカデミーの修了生(短期講習・模試除く)の方は、入会金5,000円が免除されます。

※全国公開擬試が無料で受験できます。

詳しくは、無料の資料請求でパンフレットをお求めください。

>> 東京アカデミーの資料請求はこちらかできます

  • はてなブックマークに追加