本文へスキップ

東京アカデミー 生講義

あなたが資格を取るための予備校・専門学校

 

社会福祉士 国家試験対策 全国公開模試

東京アカデミーの社会福祉士国家試験対策:全国公開模試

東京アカデミー 公務委員試験 模擬試験

社会福祉士国家試験の難易度について

社会福祉士試験はあくまでも国家試験ですから、それなりの難易度を覚悟する必要があります。

そこで、第30回試験(2018年2月実施)のデータに基づいて社会福祉士国家試験の難易度について検討してみましょう。

第30回試験の合格率は?

この2018年2月実施の第30回試験の合格率は、30.2%でした。2014年1月試験以降は年々減少傾向でしたが、2018年には5%程度アップしました。

また、第30回試験(2018年2月)と第29回試験(2017年1月)で比較すると、受験者は2,000人程度減少しましたが、合格者は1,500人程増えています。

社会福祉士国家試験の合格基準は?

試験の合格基準は、問題の難易度により補正することがあるようですが、総得点の60%と変わらずです。ただし、実際には、総得点150点に対して得点99点以上の者が合格というように、9点の補正があったと発表されています。

このように、点数が引き上げられたにも関わらず、2018年2月実施の合格者が多かった理由は、第30回試験は点数が比較的とりやすかったと言われています。

いずれにしても、社会福祉士の国家試験を受けるまでには、さまざまな道のり(大きくは大学等で指定科目を履修する、短大等で指定科目を履修して実務1~2年を経験する、養成施設を経る、指定施設で実務を5年以上経験するという4つのルートのいずれか)を経てやっと受験の機会が与えられるわけです。ですので、本試験の準備段階では、複数回の模試を受けることで、本番の雰囲気に慣れながら弱点を強化しつつ、着実に実力をあげて行きたいものです。

東京アカデミーの社会福祉士国家試験対策模試を受けて、本試験に一発合格を目指しましょう!

東京アカデミーの社会福祉士国家試験対策模試は、全国でも日本を代表するほど受験数の多い模試となっているため、本番試験のシミュレーションのためにも必ず受けておきたい模擬試験と言えます。

模擬試験を受けるには費用もかかりますが、試験に失敗してもう1年頑張るための費用を思えば、1回だけではなく少なくとも2回は受けることで、不得意な科目を発見しつつ、強化しながら、本試験には一発で合格できるように頑張っていきましょう!

このページでは、東京アカデミーの社会福祉士 全国公開模試についてご案内をします。

※ 東京アカデミーの模試先般についてはこちに>>東京アカデミーの全国模試

東京アカデミー 社会福祉士 全国公開模試について

社会福祉士 全国公開模試

  • 過去の国家試験の出題傾向を分析した上で作成したオリジナル問題の中から、良問を厳選して出題します。
  • また、わからなかった問題や解答に迷った問題は、ポイントを明快に示した詳しい解答解説書を利用してしっかり復習できます。
  • 成績表のデータから今後の学習の指針を得ることも可能です。万全の国家試験対策を立てたい方に最適な模試です。

日程

東京アカデミーの社会福祉士国家試験対策:全国公開模試 日程

  • ※会場受験は定員に達し次第締め切る場合があります。詳細は受験希望校へお問い合わせください。
  • ※郵送申込の締切日は申込書必着日です。
  • ※自宅受験答案提出締切日は、お申込された東京アカデミー各校への答案(マークシート)必着日です。答案提出締切日以降に到着したマークシートは採点できません。その際、受験料は返金されないとのことですので、注意が必要です。
  • ※学校内実施の受付も行っています。詳細は各校へお問い合わせください。

実施会場

旭川校、札幌校、函館校、仙台校、大宮校、お茶の水校、池袋校、立川校、横浜校、新潟校、名古屋校、京都校、大阪校、岡山校、広島校、福岡校

時間割

東京アカデミーの社会福祉士国家試験対策:全国公開模試 時間割

受験料

東京アカデミーの社会福祉士国家試験対策:全国公開模試 受験料

★ご参考にどうぞ >> 東京アカデミー:全国公開模試の総合案内をまとめてあります

東京アカデミーへ資料請求をしてみましょう!

東京アカデミーの模試、通学講座、通信講座、学費などに関するパンフレットは、東京アカデミーに資料請求することで入手できます!

東京アカデミーに受講の申し込みや模試の申込をするには、資料請求で入手できるパンフレットの「受講申込書」や「模試申込書」が必要になります。

※ 資料請求は、東京アカデミーのホームページからできます↓

>> 東京アカデミーに資料請求する


【関連記事】

社会福祉士の勉強は、いつから始めればよいのでしょうか?

社会福祉士国家試験の出題範囲は広いですが、国家試験の約3~4ヵ月前から受験勉強を始めて合格したという人もいます。しかし、試験の難易度は少しずつ難しくなっており、合格率も低下傾向にあります。

本格的な勉強を開始する目安は、半年前からと言われています

社会福祉士試験のために、勉強を本格的にいつから始めればよいかについて、目安としては半年前からと言われています。ですので、本試験は例年1月下旬~2月上旬ですので、7月ごろから本格的に始めれば、ということになります。

ただし、本格的な勉強を開始する目安は、半年前からと言っても、一日のうちのどれだけの時間を受験勉強に充てるとか、個人によっていろいろな事情があって、予定通り進まなかった、ということもあります。

社会福祉士国家試験の合格目指して猛勉強!

先んずれば人を制す!

いずれにしても、中国の史記に「先んずれば人を制す」とあるように、他人よりも先に着手すれば、それだけ有利な立場になることは間違いありませんから、本試験の前年のできるだけ早い時期にスタートしたいものです。

東京アカデミーの社会福祉士模擬試験を受験した方の口コミ

東京アカデミーの社会福祉士全国公開模擬試験を受験した方の口コミが知恵袋にありましたのでご紹介をします。2014年の記事で古いですが、そのまま抜粋します。
出典 >> ヤフー知恵袋

<質問>

本日、東京アカデミー主催の社会福祉士全国公開模擬試験でした。
自己採点で150点中90点でした(;_;)
非常にやばいですよね(O_O)
今の時点で100点いってない自分に本当に焦ります(;_;)
模試の結果(点数)は、どう売れ止めればいいですか?
またこの点数から、これからどのような勉強方法がいいか教えてください(O_O)

<回答>

模擬試験、お疲れさまでした。
社福の合格基準は60%程度、となっていますが、ここ数年は55%前後で推移しています。
第25回に至っては、半分以上間違えても合格とあり得ないような基準点です。
なので、現時点で90点というのは、かなり好成績なのではないでしょうか。
本試験まで、あと半年あります。
今回あまり点が取れなかった科目、また苦手意識を持っている科目があれば、その科目を中心にしっかり勉強すればよいのではないでしょうか。
それと、0点科目を出さないように気をつけてください。
他の科目が優秀でも、0点科目が1科目でもあると不合格になってしまいます。
合格目指して、がんばってください!

※ 注意:社会福祉士国家試験は、1科目でも0点があると、不合格になります。

模試を受けることで、成績を上げる方法は?

試験に合格するためには、必ず社会福祉士試験の模試を受けるようにしましょう!

なぜなら、自分のレベルを知り、弱点を知って強化する必要があるからです。
また、本試験の時間配分を経験しておく必要があるからです。

  • 1) 模試を受ける意義として、今、自分がどの程度本試験で点が取れるのかよりも、自分の弱点科目はどれか?どうして点が取れないのか?を確認することが重要です。
  • 模試を受ければ、間違いが多かった科目や問題等を確認することで、自分の弱点を知り、今後の学習で修正してゆくことができます。そのためにも、模試を受けた後は、点数を気にするよりも、必ず間違った箇所を見直すようにしましょう。
  • 模試の後に、間違った箇所やあいまいな箇所を復習することで、知識の定着度を強化することができます。
  • 2) 模試は勉強のペースメーカーとなります。自分の計画の中で、模試を目標にして「良い結果を出そう」とか「次の模試までにここまで勉強しよう」といった気持ちを高め、短期の目標を決めることで、受験勉強のマンネリを排してモチベーションを上げることができます。
  • 3)さらに、模試を受ける意義として、「本番のシミュレーションすることができる」ことにあります。これが模試を受ける最大のメリットであり、模試は本試験を受けるための最高の練習の場となります。
  • 模試を本試験のシミュレーションにする際の留意点は、本番の試験での時間配分の感覚を習得することです。
  • どのように勉強をしても、本試験でその力を発揮するためには、決められた時間内で問題を解き切ることが重要です。
  • そのため、問題を解く順番や各分野の解答時間等を事前に習得しておかなければ、本番では時間が足りなくなったり、解ける問題も時間が足りないために解けなかったという結果になりがちです。
  • 具体的には、模試を受ける際には、試験開始の合図の後に、問題の全体を素早く把握し、どの問題から解き始めるか、例えば一般知能から取り掛かるのか?一般知識から取り掛かるのか?このような順位付けは、科目ごとの得意不得意によって、個々に異なるものですから、自分の経験と判断で習得するしかありません。
  • このように、模試では本番さながらの臨場感を体験できるため、問題を解くだけではなく、問題を解く際の時間的感覚をシミュレーションしておくべきです。

【東京アカデミーの全国公開模試】