本文へスキップ

東京アカデミーの教員採用試験 面接試験 人物試験

教員採用試験の面接試験対策・人物試験対策

東京アカデミーで教員採用試験の面接試験対策・人物試験対策を!

東京アカデミーの教員採用試験:面接試験対策

2次試験 面接試験

最近の教員採用試験では、どの自治体でも人物試験が重視されています!

教員採用試験においては、ほとんどの自治体が人物を重視する選考に変わってきており、個別面接から集団討論、場面指導まで様々な形態で実施されるようになっています。

「人物試験の形態は、主に会話又は対話によるものだから、そちらのほうは得意です。だから、人物試験対策は特に行っていません。」という方がいます。

実は、このように対話に自信があるため、人物試験の対策を怠っている人に、2次試験で失敗する方が多いといわれています。というのは、人物試験は、会話や対話の上手下手を試験するものではなく、あくまでも教師としての人物的な適性を試験するものだからです。

東京アカデミーの人物試験対策

東京アカデミーで実施する面接指導でも、最初から自分の主張をしっかり伝えれられる受験生はごくわずかです。複合的な人物試験をクリアするには、どのような取り組みをすべきかを考え、日々の人物対策講座をブラシュアップしています。

人物試験のポイントとして、客観的な観点から、人物試験の良否を判断することが必要です。従って、第三者に見てもらうことが重要ですが、個人で対策をするには非常に困難を極めまることになります。

東京アカデミーでは、校長経験者や初任者研修経験者、CDA資格保持者、スクールカウンセラーなど、経験豊富な講師による採点者目線によって人物試験の指導を受けることができます。

人物試験指導では、すべての分野において単にマニュアルをおしつけるのではなく、指導担当者と受講生がじっくりと話をし、実際に練習をすることでご自身の欠点や不足している部分を確認していく方法を取っています。

東アカでは、あらゆる人物試験対策に取り組んでいます

学科試験同様、人物試験も自治体によって内容は異なります。全国各地で収取した情報をもとに各校でご当地の人物試験対策を中心に指導を行っております。また、出願時に提出する自己推薦や自己アピールの箇所への記入内容の指導も行います。

集団討論対策

面接官の視点に立った評価のポイント解説、進め方のテク二ックや自分の役割に合った立ち回り術の指導をおこなっています。他の受講生の考えや姿勢を知ることで自分の教育観を高めていく機会にもなります。

模擬授業対策

指導案作成や授業構成のポイント解説など、教員採用試験対策はもちろん、将来の授業にも役立てられる内容で指導が行われています。

個人面接対策

過去の受験体験レポートを基に本番さながらの個別模擬面接を行っています。

各県教育委員会の方針・施策解説

方針・施策を読み解き、実際の教育現場の様子や担当講師の考え方を聞きながら、自分の教育論を確立させる内容で指導が行われています。

場面指導

教育現場で起こりうる様々な場面を具体的に想定して、児童・生徒や保護者に対処できるように指導が行われています。

論作文対策

教育全体の基本方針や教育改革の動向、課題の背景を踏まえて、自身の教育論や教師論、生徒指導・学習指導力を表現できるように指導が行われています。

自己アピール・プレゼンテージョン

しっかりと自分を見つめ直し、魅力ある自分を探しだすこ とから、目分目身を最大限アビールできるようにするためのポイントを指導が行われています。

東京アカデミーの講義が毎回楽しみで、自信をもって1次試験を受け、不安もなく2次試験対策をできたOさんの合格体験記

Oさんは、その後、札幌市の小学校の先生として就任しています。

(東京アカデミーのホームページからの抜粋)

 私は、大学内講座でアカデミーの先生方の講義に感動して、「先生方の元でもっと学びたい」と思い、入校しました。
 試験で必要な知識や考え方を分かりやすく丁寧に教えていただき、何をどの程度やらなければならないのかも教えていただきました。どの講義もおもしろく、毎週通うのを本当に楽しみにしていました。1次試験だけではなく、合格後を見通した講義であるので今後に活かすことができる知識も増えていく楽しさも感じました。1次試験の結果に自信をもつことができ、不安もなく2次試験対策をすることができました。
 2次試験対策では様々な校種、教科の方と集団討論をすることや面接、模擬授業の練習で、新しい発見をすることや考え方を改めることができて、成長することができたと思います。
 今回合格することができたのは、心から尊敬することができる先生方、どんなことでもサポートしてくださった職員の方々、そして同じ目標をもった仲間たちの支えがあったからだと思います。これから教師として、その子らしさを大切にし、子どもたちに努力することの大切さを伝えられるように精進していきます。本当にありがとうございました。

この体験記から理解できる合格の秘訣は、奥泉峻さんが東京アカデミーを入講前から信じ切っていた点です。そのため、自分のやっていることに疑いを持つことなく、東京アカデミーの講義に徹することができ、その結果として、「1次試験の結果に自信をもつことができ、不安もなく2次試験対策をすることができました。」ことにつながったものだと思います。

※よく読まれているページ >> 「東京アカデミーの教員採用試験対策

希望の試験に合格できなかった人の共通点とは?

ヤフー知恵袋等を見ると、希望の合格ができなかった体験の多くに、教材への不信や通っていた予備校への不信が多く、それではどのような教材が良いのか、どのような予備校に変えるべきか、という質問が多くあります。

予備校に通う以上は、その予備校が優秀で、自分の人生を託すことができるかどうかは、重要なことです。受験勉強の最大の敵は迷いです。その点、最初に入った予備校に迷いがなく勉強ができる人は、合格の幸運を握ったことになります。

東京アカデミーの人物試験対策

近年、公務員試験では人物重視の傾向があり、面接の得点比率が高くなっていると言われています。東京アカデミーの強味は個別面接でも集団討論でもあらゆる人物試験対策の独自の合格ノウハウを持っています。

この東京アカデミーでは面接練習を何度でも行うことができるので、たとえ、面接試験の苦手な人でも、練習をつむことで自信をもって本番に臨むことができます。

資料請求について

東京アカデミーは、学費や講座の内容や日程は各校によって異なるため、資料請求をすることによって、各校のパンフレットを参照する必要があります。

まず、希望コースの資料を請求し、東京アカデミーの中身をよく知ることから予備校選びを始めてはどうかと思います。

そのうえで、東京アカデミーに確信が持てない場合は、他の予備校の資料請求をして、学費や教材の点や気になる点を比較をしてはどうかと思います。まず、定評のある予備校の資料請求から始めましょう。

>>東京アカデミーに資料請求をする方法について


参考 >> 東京アカデミーの通信講座 教員採用試験

参考 >> 東京アカデミーの教員採用試験講座 学費


  • はてなブックマークに追加