本文へスキップ

あこがれの看護師になる!東京アカデミーで看護師試験に合格!

絶対合格への情報収集サイト!

東京アカデミーの看護師国家試験対策講座で看護師に!


東京アカデミーは看護師国家試験にも非常に高い合格率を出しています!
毎年のことですが、東京アカデミーの受講生の3人に1人が東京アカデミーの受講生という結果になっています。

このページでは、そんな東京アカデミーの看護師国家試験対策講座について様々な角度からご説明をします。

看護師試験 看護師国家試験

第110回看護師国家試験の結果について

第110回看護師国家試験(2021年2月14日実施)の合格率など

2021年3月26日に、厚生労働省のウェブサイトにて、「第110回看護師国家試験」の合格発表が行われています。

参照 >>厚生労働省「第110回看護師国家試験の合格発表について

出願者数 受験者数 合格者数 合格率
第110回 看護師国家試験 66,778 66,124 59,769 90.4%
新卒者 59,936 59,593 56,868 95.4%

上記のように、第110回看護師国家試験の出願者数は66,778人、受験者数は66,124人、合格者数は59,769人となり、合格率は90.4%(昨年89.2%)という結果でした。

そのうち、新卒者は、出願者数59,936人、受験者数59,593人、合格者数56,868人、合格率は95.4%(昨年94.7%)という結果でした。

第110回看護師国家試験のボーダーライン(合格基準)について

ボーダーライン(合格基準点)は、
(1)必修問題(1問1点:50点満点)
(2)一般問題(1問1点:130点満点) 状況設定問題(1問2点:120点満点)
において、(1)で40点以上、(2)で159点以上でした。

第110回看護師国家試験の出題内容を振り返ってみると

第110回看護師国家試験の出題内容を直感的に分析すると、
災害看護がかなり濃く出題された感があります。それに、精神看護にも焦点が当てられています。さらに、労働基準法、雇用保険、母子保健法、男女雇用機会均等法などが細かく問われました。そして、産休、育休、育児時間など。乳児の反射も出てましたね。

傾向としては、万遍なく網羅された知識が不可欠な内容です。それに、過去問の類似問題が出題されるケースが多く、過去問をしっかり対策しておけば、確実に得点できる問題も多いと言えます。

反対に、点の取りやすい過去問の類似問題を取りこぼしてしまうと、ボーダーラインを越えることが難しくなります。

対策としては、過去問を解いた後、正誤だけをチェックするのではなくて、自身の解答の正誤にかかわらず、すべての選択肢について理解を深め、さらにその関連問題にも理解を拡大するようにしましょう。

第111回看護師国家試験へ向けて出発しましょう!

次は、2022年の第111回看護師国家試験に向けての出発です。

第111回看護師国家試験に向けての講座内容は、東京アカデミーの通学講座や通信講座のパンフレットなどで情報収集することができますので、どうぞ、ご利用ください。

>> 資料請求はこちらからできます資料請求はこちらからできます
※資料請求はもちろん無料ですし、電話も一切ありません!

東京アカデミーの看護師国試対策講座

東京アカデミー 看護師国試対策 全国展開

東京アカデミーは、地域に密着した看護師試験対策で、東京アカデミーは看護師国家試験に高い合格率を得ています。

プロ集団による戦略的カリキュラムについて

東京アカデミーからたくさんの合格者を出している秘訣は、東京アカデミーの精鋭の講師陣が分析し、組み立てたカリキュラムと生講義にあります。

東京アカデミーでは、教師陣が実際に出題された問題を分析し、各科目の難易度や出題頻度を総合的に判断して、試験傾向に則したカリキュラムを創出しています。

ですので、全てのコースにおいて、講義時間数、内容、フォロー体制のどれをとっても納得の講義内容となっているので、看護師国家試験を目指している方には、自信をもっておすすめできる予備校となります。

東京アカデミーの高い合格率の秘密はなんでしょうか?

それは、すべての授業が講師の生講義で進んでいくことです。

他校の予備校では、DVDを使用して授業を行っているところもありますが、東京アカデミーでは、すべての授業が講師による生授業ですから、その場の生徒の理解度に応じて、講師も教え方を変えることができます。

生徒の側から言えば、授業で分からないことがあったらすぐに質問ができ、または授業のあとでじっくり質問をして、理解を深めていくこともできます。

東京アカデミーは、看護師国家試験におすすめ!

東京アカデミーは、看護師国家試験に力を入れている予備校です。また、合格率も大変高い予備校ですので、看護師国家試験の合格を目指している方に、東京アカデミーは自信をもっておすすめできる予備校です。

東京アカデミーでは通学講座の生講義が有名ですが、通信講座のレベルも高く、忙しくて通学ができない方や通学ができる距離内に校舎がない方には、通信講座もおすすめです。

なお、通学講座を受講する場合も、通信講座を受講する場合も、受講コースなどの詳細を調べたり、学費を調べたり、受講の申込書(受講申込書)を手に入れる場合も、それらは全て、東京アカデミーに資料請求をすることで送られてくるパンフレットに記載されています。

>>東京アカデミーで看護師に!通学講座と通信講座どちら?

東京アカデミーが選ばれる3つの理由とは?

  • ① 100%生講義
  • 一人ひとりのレベルに合わせた生講義で、気軽に質疑ができるような雰囲気ですから、安心して勉強に取り組むことができます。
  • ② 徹底した個別面談指導
  • その道のベテラン講師が完全なフォローをしてくれます。 難しい人物試験も、徹底的な実地対策で万全の準備ができます。
  • ③ 46年の歴史と実績から導かれたカリキュラムが、合格の力をもっています。

東京アカデミーの看護師国家試験対策講座に対する評判は?

ヤフー知恵袋に次のような質問とベストアンサーに選ばれた答えがありましたので、抜粋します。

<質問>

看護師国家試験対策に強い予備校は東京アカデミーでしょうか?

<答え>

私は、通学講座、夏期講習、冬期講習、直前特訓と東京アカデミーの看護師国家試験対策講座でお世話になりました。
通学講座と講習会で、何人かの先生の指導を受けましたが、どの先生も良かったです。
基本的に1つの講座・講習では、1人の講師が全科目を担当されます(例外もあるかも知れませんが)。ですから、各科目が関連付けられた、効率的な講義でした。
特に解剖生理は、看護学校の授業よりもずっと分かりやすいものでした。
過去問も東アカの過去問題集とオープンセサミで勉強しました(教材も非常に良かったと思います)。
ただ、当たり前ですが、受け身では効果半減。
東アカに行かれたら(他の予備校に行く場合もそうでしょうけど)、「予習・復習+講師に質問」を繰り返しましょう。
がんばってください。

看護師国家試験対策講座合格者の声より

鷲見 茉穂 さん出身校朝日大学
私は第108回国家試験で必修が足らず、今回が2回目の受験でした。
 授業は、基礎からもう一度学ぶことができ、ポイントも押さえてあってとても分かりやすいと思いました。解剖生理や疾患だけでなく、看護や社会保障なども関連づけて学ぶことができたので、自己学習をする際は幅広い視点で学習に取り組むことができました。模試で結果が出て、今までより点数上がっていると、自分に自信がつき、勉強に対してさらに熱心になれるようになりました。
 先生方は、勉強のこと以外の悩みに対しても熱心にアドバイスしてくださるのでとても励みになりました。スタッフの方々にも学習環境を整えてくださり、様々の面で支えていただきました。
 学習面でも精神面でも自信を持って国家試験に臨めたのは先生方やスタッフの方々、支えてくださった皆様のおかげだと思っています。不安や葛藤があるかもしれませんが後悔が残らないように頑張ってください。
篠田 栞 さん出身校大阪青山大学
大学4年生の時に東京アカデミーの夏期講習、冬期講習を受けさせていただいて、講義内容に魅力を感じていたので、今年改めて完全マスターコースの入会を決めました。4月生として入会し、初めは一緒に勉強できる友人ができるか、勉強のペースについていけるかなど不安がありました。しかし、完全マスターコースに通っている皆さんは、私と同じ気持ちでいたので、すぐに友人ができ、授業がない日でも自習室を利用して共に最後まで勉強を頑張ることができました。東京アカデミー大阪校では講師の児島先生や教務の方々が、普段から色んなことで相談にのってくださり、国家試験直前まで全力でサポートとしてくださりました。通学していた1年間は勉強で大変な思いをする反面、共に支え合い頑張り合える仲間と、どんな時にも全力でサポートしてくださる先生や教務の方々に出会えて素敵な1年となりました。私にとって勉強できる環境と仲間、先生や教務の方々は勉強する上で必要不可欠でした。これから国家試験を受ける皆様も頑張ってください!

他にも、こちらのページに合格者の声をたくさん掲載してあります
>>看護師国家試験対策講座合格者の声のご紹介

東京アカデミーのテキスト

東京アカデミーの教材は、国家試験の合格に必要なことがまとめられた教材です。

以下に、各教材とその特徴についてまとめてあります。

看護師国家試験「高正答率過去問題集」

高正答率過去問題集

「高正答率過去問題集」は、毎回の国家試験受験者が残してくれた1万以上の自己採点データを集計し、正答率が70%以上の問題を過去5年間分集め、必修・一般・状況設定の出題形式ごとに項 目を分類しています。

さらに、1問ごとの正答率やチェック欄もあるので自分の正答状況も確認できます。今後出題される可能性の高い問題だけを収録しているのでプール制導入後の問題に対応の学習効力抜群の問題集となっています。

また、各問の解答解説欄にはオープンセサミシリーズの関連ページが掲載されているので、併せて学習することで効率の良い学習が可能となります。

オープンセサミシリーズ (受講生限定)

オープンセサミシリーズ (受講生限定)

講義で使用することを目的に作られた東京アカデ ミーの完全オリジナルテキストです。

国家試験の出題基準と出題傾向をしっかり押さえ、試験問題の正答を出すのに必要な知識・ことばをまとめたムダのない教材です。

全5冊で国家試験に出題される全科目をカバーしています。

ベーシックオープンセサミ (受講生限定)

ベーシックオープンセサミ (受講生限定)受験生が苦手とする専門基礎科目の「人体の機能と構造」と「疾病の成り立ちと回復の促進」をまとめた1冊です。

基本的な解剖学と生理学を学び、さらに障害が起きた場合の病態生理を、イラストでわかりやすく解説しています。

各章ごとに重要関連語句をクイズ形式で解説し、理解を深めるのに役立てることができます。また、各章末にある重要ポイントと過去問題で知識の整理と定着を図ることができます。

本試験問題と解答・解説

本試験問題と解答・解説 直近に実施された看護師国家試験の全問を1問ずつ、正答の根拠を明示羅して解説しています。

問題ごとに出題基準を掲載(状況設定問題を除く)し、東京アカデミー集計結果に正答率を掲載しているため難易度が分かります。

また、保健師国家試験本試験問題と解答が併せて掲載されています。

スタディガイド[Wol.1・2] (受講生限定)

最終学年の方を対象とした年2回発行の情報誌です。

Vol.1では、看護師国家試験の実施結果の概要、東京アカデミーの講師による出題傾向や難易度の変化などの徹底検証、次年度の国家試験に向けた学習アドバイスを掲載しています。

Vol.2では、東京アカデミーの調 師による過去問題の解析、必修問題対策などの具体的な学習方法のアドバイス、実力診断 テストを掲載しています。

スタディガイドブルミ工(受講生限定)

スタディガイドブルミ工(受講生限定)看護師国家試験対策の準備号として低学年の方を対象とした情報誌です。

看護師国家試験の実施結果の概要や、国家試験の動向(出題、 傾向や難易度の変化、出題形式など)、今から始める国家試験対策 のための勉強法などを掲載しています。

傾向と対策(受講生限定)

傾向と対策(受講生限定) 看護師国家試験で出題の多い科目は何か、その中でもよく出題されている分野は何か、出題傾向がひと目でわかるように出題内容を出題基準の表に照らして一覧表にしてあります(過去3年分)。

具体的な学習アドバイスと 代表的な出題例も掲載し、学習の指針を立てるために役立つ1冊となっています。

覚えて得するBook (受講生限定)

覚えて得するBook (受講生限定)看護師国家試験対策に合格するために、これだけは覚えておきたい基本事 項(基準値、類似疾患の比較など)を、項目ごとに表にまとめられています。

各項目にはチェックテストが掲載されているため、表の内容がしっかり身についているかどうかを確認することができます。

試験直前まで役に立つ1 冊です。

東京アカデミーは看護師国家試験対策に役立つのですか?

ヤフー知恵袋に、次のような質問がありました。その回答が参考になりますので、ご紹介します。

質問

看護学校の一年生です。学校で東京アカデミーの夏期講習のパンフレットが配られました。主に解剖などを復習と理解を深める講義らしいです。 前期では一応単位はとれましたが,ただ暗記しただけで詳しく理解してるとはとても言えないです。
一年生のうちから予備校に通ったほうが,国家試験の時も有利でしょうか?
まだ独学で大丈夫でしょうか?
東京アカデミーに通われていた方,また看護学生の方アドバイスお願いします

回答

看護師国家試験は、今のところ現役生のほとんどが合格するわけですが、それでも受験というものは結果が出るまで不安なものです。少数とはいえ、不合格の方も現実にいらっしゃいますし・・・。ご存知かと思いますが、国試浪人になってしまった方の合格率は非常に低いです(もし、そうなってしまったら、それこそ東アカにお世話になりましょう!)。
こう言ってしまっては、看護学校にもいらっしゃるであろう良い先生方には失礼ですが、解剖学や生理学については、東京アカデミーの講義の方が断然分かりやすかったですし、専門分野(看護学)との繋がりも明解でした。それは他の看護学校の生徒さん達も、同意見の方が多かったです。
解剖学をできるだけ早くから理解しておけば、看護師国家試験対策として役立つことはもちろん、今後の看護学校の授業の理解もよりスムーズになると思います。せっかくの機会ですから、時間と費用が大丈夫なら、東アカを利用されてはいかがですか?

面接が苦手です。東京アカデミーの面接対策は?

看護師国家試験の筆記試験に合格しても、面接試験が苦手で、不安を感じています。・・・こんな人も多いかと思います。

東京アカデミーでは、このような面接試験に対して、どのような対策を立てているのでしょうか?

その答えは、練習を積んで場数を踏むこと。そして、ポイントを指摘してもらって、また練習。そんな練習に何度も取り組むことによって、苦手意識を克服することができれば、自信を持って本番に臨むことができます。

東京アカデミーの面接試験対策は、個別面接から集団討論まであらゆる人物試験に対応しています。

Point1  志望先に応じた人物試験の準備から始めます

人物試験は、個別面接、集団面接、集団討論と様々ですから、志望先によって異なる対策が必要です。従って、志望先がどのような形式で実施されるのか分析し、面接カードの作成や面接にのぞむ心構えなどに生かして、教務スタッフが受講生にアドバイスをします。

Point2 東京アカデミーの先輩が残した膨大な“受験報告書”でバックアップ

東京アカデミーでは多くの先輩がいて合格しています。その先輩たちが経験して、書き残した“受験報告書”を分析し、志望先に応じた人物試験対策を行っています。

この“受験報告書”は、全国の各校に閲覧用として設けられていますので、積極的に利用することによって、合格への趣味レーションができます。

Point3 種々の面接スタイルにあわせた対策と指導を行っています

面接試験で大切なことは臨場感です。東京アカデミーの個別面接試験では、実際の面接会場を模した教室で教務スタッフが個別に指導しています。また、集団面接、集団討論の対策では、複数の志望者を集めて本試験同様の状況下で対策を行っています。

そして、面接対策終了後には、個別にチェックを行い、改善点等に関しても教務スタッフがアドバイスを行うことで、自分のことばで面接に臨めるよう指導しています。

>> 東京アカデミーの看護師試験講座は、9月からの入講も可能です。

東京アカデミーを受講した合格者の感想は?

「本番の面接試験は緊張しましたが、アカデミーに通ったことで面接の練習もしてもらえ、自分が話しにくいと思っているところにアドバイスをいただくことができ、苦手意識を解消して取り組むことができました。
一人では絶対に合格できなかったと思います。」
「特に、面接対策は試験ごとに何度でも利用させていただけるということで、面接に苦手意識を感じていた私にはぴったりでした。」
「次に二次対策ですが、東京アカデミーでは何度も面接練習をすることが出来ます。面接になれるために何度も先生に見ていただき、前回の練習で注意されたことに気をつけ前回よりも少しでも良くなるように心がけました。面接対策も練習あるのみだと思います。」

このような合格者の感想から理解できることは、面接のポイントを教わり、それを本番でも、自分らしく表現ができるようになることです。

そのために本番さながらの練習を重ねることによって、面接試験の対策は万全だと思います。

上記の各講座について、ご希望の校舎へ資料請求すれば、詳細に説明されたチラシが送られてきます。

東京アカデミーへの資料請求について

東京アカデミーの資料請求は、こちらのホームページ↓の右上に掲載されているバナー「資料請求」をクリックすれば、申込フォームが開きます。

東京アカデミーの内容は、パンフレットの方が分かり易い!

東京アカデミーに資料請求すると、ネットでは得られない、各校舎に特化したパンフレットやチラシなどの資料も送られてきます。それに、通信講座や全国模試の資料もパンフレットになっており、とても見やすく編集されています。

なお、希望講座の内容や学費などを確認したいとき、ネットではなく冊子になったパンフレットの方がはるかに理解しやすいですし、東京アカデミーに申し込む際に必要となる「受講申込書」もパンフレットの中に掲載されています。

東京アカデミーの各校舎は最寄りの駅から近い!

東京アカデミーの全国の校舎は、どの校舎も最寄りの駅から近い所にあります。

全国の各校舎の一覧は、こちらのページに設けてあります。

東京アカデミーの校舎が、通える範囲にあるかどうか確認してください。

東京アカデミー全国校舎の一覧

なお、校舎が遠くて通えない場合、通信講座を受講するという方法もあります。

東京アカデミーの看護師試験講座は、4月の他に9月からの入構も可能です

東京アカデミーは、4月からの入講(4月生)と、9月からの入講(9月生)の他に、全国の各校舎では様々な講座が設けられており、5月生や6月生などもあります。

9月からの入講の利点は、4月生に比べて学費の総額が安くなることです。また、9月からの入講の注意点は、試験までの期間が短くなるだけに、基礎からではなく、入試までの時間を考えて問題演習が中心になります。

※ 詳細は >> 東京アカデミーの9月からの入構について

東京アカデミーの通信講座について

東京アカデミーでは通学講座の生講義が有名ですが、通信講座のレベルも高く、忙しくて通学ができない方には、通信講座もおすすめです。

看護師通信講座では総合コース・実践コースに分かれ、自分のレベルや目的に合わせた講座を選べるようになっています。

看護師通信講座ではでは、通学講座と同様に、添削指導のサービスや看護師全国公開模擬試験を受験することもできます。

※ご参考に >> 東京アカデミーで看護師に!通学講座と通信講座どちら?


東京アカデミー 看護師国家試験

東京アカデミーの公開模擬試験は本番試験で実力を発揮するためのシミュレーションとして絶対に受けるべき模試です。このページでは、東京アカデミーの各学科の模試についての詳細や「模試パンフレット」、「模試申込書」の請求方法について説明してあります。

※ ご参考に >> 東京アカデミーの看護師国家試験対策 全国公開模試について!


東京アカデミー 看護師国家試験ボーダーライン

看護師国家試験は、厚生労働省が定めたボーダーライン(合格基準点)を満たすことで合格できる試験です。
今年の看護師国家試験のボーダーラインは?
ボーダーラインの変動に左右されない合格方法は?

※ ご参考に >> 看護師国家試験対策◆ボーダーラインについて!