宅建試験の合格点・合格率・難易度は?

あなたが資格を取るための予備校・専門学校

宅建試験の合格点・合格率・難易度は?

宅建試験は、どれだけ難しいのでしょうか?

宅建士

下表に示す宅建試験の約10年間の合格率合格点から難易度を知って、合格への対策を立てましょう!

宅建試験の合格点と合格率と難易度

2005年~2015年の宅建試験の合格率は、次の通りです。

年度 受験者数 合格者数 合格点 合格率
2015(H27) 243199 30028 31/50 15.4%
2014(H26) 238343 33670 32/50 17.5%
2013(H25) 234586 28470 33/50 15.3%
2012(H24) 236350 32000 33/50 16.7%
2011(H23) 231596 30391 36/50 16.1%
2010(H22) 228214 28311 36/50 15.2%
2009(H21) 241944 34918 33/50 17.9%
2008(H20) 260591 33946 33/50 16.2%
2007(H19) 260633 36203 35/50 17.3%
2006(H18) 240278 33192 34/50 17.1%
2005(H17) 226665 31520 33/50 17.3%

上記のように、宅建試験の合格率は、最近では15.2%~17.5%となっています。

合格点は、50点満点で、最低31点~36点を取れば合格という結果です。

このような近年の合格率を見ると、試験を受けた受験者10人のうち2人以下が合格、8人以上が不合格だったということになります。

ただし、受験資格は不問(誰でも受験可能)で、毎年20万人以上の人が受験している宅建試験の受験者には様々な事情の方がいます。十分な準備をして試験に臨んだ人から、まずは試しに受けてみた、という人まで。

宅建試験の難易度について

ですので、数字だけで宅建試験の難易度を測ることはできませんが、受験者10人のうち2人以下しか合格できないという現状を見ると、宅建試験はそれなりに難易度の高い試験であることは間違いありません。

しかし、そんな宅建試験であっても、司法試験等の超難関の試験に比べれば、そこまで難易度の高い試験では決してありません。

合格点は、50点満点で、最低31点~36点を取れば合格という結果ですから、
最低37点取れば大丈夫という合格基準を立てることができます。

宅建試験は、良い教材を選び、正しい勉強を数か月続けることによって、確実に合格できる試験です。

では、どのように勉強をすれば、宅建試験に合格する(しかも短期で合格する)ことができるのでしょうか?

このページでは、宅建試験の概要と対策について説明してありますので、ご参考にしてください。

宅建の試験概要

■受験資格

誰でも受験することが可能です。

受験日  年1回 10月の第3日曜日

発表日 11月末の日曜日

※ 毎年1度は受験のチャンスが訪れるという利点は、次のチャンスまで1年も待たなければならないという欠点でもあります。
人の事情によってとらえ方は様々に異なりますが、できるなら1発で合格しましょう!

■試験科目

1、権利関係
2、宅建業法
3、法令上の制限
4、その他の法令

■出題範囲

1、土地の形質,地積,地目及び種別並びに建物の形質,構造及び種別に関すること。
2、土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令に関すること。
3、土地及び建物についての法令上の制限に関すること。
4、宅地及び建物についての税に関する法令に関すること。
5、宅地及び建物の需給に関する法令及び実務に関すること。
6、宅地及び建物の価格の評定に関すること。
7、宅地建物取引業法及び同法の関係法令に関すること。

■合格基準

例年50点満点の32点〜36点。(※ですので、37点を取ればまず合格できます。)

■問題形式

四肢択一式のマークシート方式

■出題数

50題

■試験時間

13時から15時まで(2時間)

■試験地

全国47都道府県で実施

■受験料  7,000円

宅建試験に短期で合格したい! 必要な準備期間は?

一般的に、宅建に合格するためには、250時間〜300時間の勉強が必要だと言われています。

それは人によって異なるものですが、仮に、最短250時間で合格とした場合、1日3時間の勉強で、2か月と23日。

最長300時間で合格とした場合、1日3時間の勉強で3か月と10日ということになります。

ですので、1日3時間の勉強で約3か月で合格! ただし、これは、毎日欠かさず、1日3時間を無駄なく勉強した場合です。

もっとも、1日3時間の勉強時間が取れない人や、それまでの学力や記憶力等も影響しますので、これだけの勉強で絶対に合格できるとは断言できません。

なお、1日2時間の勉強なら、4~5か月ということになります。

宅建試験に、1発で合格するには

なお、上記のように、効率の良い学習をするなら、3か月~4か月で合格できるとは言っても、10月の宅建試験に向けて、6月や7月から試験勉強を始めれば十分だというものではありません。

理想的には、6か月~1年間の準備期間をとって、まず、決めたテキストを中心に基本的な学習を早期に終え、それから問題集を数多くやり、模擬試験を何度か受けて、試験日までに自分の弱点を補う学習を十分行い、万全の準備をすべきです。それでこそ、1発合格が確実になります。

なお、宅建試験用の問題集は、本番と同容に四肢択一式になっていると思いますが、正しいと選択した他の選択肢がなぜ間違っているのか、夫々の理由付けを考えることによって、一題の学習で何倍もの勉強をすることが可能になります。

宅建試験に効率よく合格するために何よりも大切なことは優れたテキスト・教材を使用すべき、だということです。

まず、優れたテキスト・教材を選ぶことが大事です!

なぜかというと、勉強の途中でテキスト・教材に不安をもつようになると、他の教材をあさったり、勉強へのモチベーションが低下したり、最悪の場合、勉強もストップすることになるからです。

例えば、「○○予備校の教材は薄っぺらで、これでは受かりません」という口コミを見ると、途端に不安になるものですね。また、「○○予備校の教材は膨大すぎて、私には、とてもやりこなせません」とか、よく見ますね。

このように不安が最大の障害になりますから、そのような事態にならない方法として、「この教材は良いですよ」「私はこの教材で合格できましたよ」というように、定評のある教材を最初からしっかりと選ぶことです。そして、その教材で迷うことなくやり通すことが大切です。  

ここで、ちょっと休憩 ♪

恐るべき勉強方法の紹介!

東大の地球物理学の名誉教授で、竹内均という方がいました。たいへん偉大な方です↓

竹内先生は既に亡くなられている方ですが、この先生は、毎年、旺文社の大学受験傾向と対策シリーズの一冊である「物理の傾向と対策」を担当し、執筆していました。この参考書は、前年の大学入試に出題された各大学の物理の問題とその解説で構成されていました。

その本の前書きに「効果的な学習法」として、次のような文章が書かれていました。うろ覚えですが、当時、私には衝撃的な内容でした。

その内容を要約すると、

「まだ若い諸君には、こういう習慣を身につけておく必要がある。本はともかく最後まで読むこと。どういう参考書でもよいから、ともかく、これと決めた参考書は最後まで読み通すこと。例えば本書なら、数時間(※数日だったか?)で読み上げて、まずは理解してほしい」と。

さらに、一冊の本を読み終えたとき、最初のほうを忘れているような読み方では無駄が多すぎる、ということも書かれていたと思います。

その勉強法のポイントは、全体をすばやく読んでまず理解する、という内容です。1問を解くのに1時間を超えるような難問も掲載されている参考書を数時間(数日?)で読み上げて理解しなさい、というのですから、当時の私にはとても不可能なことでしたが・・・

全体をすばやく読んでまず理解する、そのあとに憶えるべきことを選びながら反復する、という勉強法こそ超速の勉強方法だということですね。

以上、ご参考にと思いまして、ご紹介しました。

宅建試験は独学で受かるの? 通信講座はどうなの?

宅建試験の準備を独学でする場合、まず、テキストや教材を自分で揃える必要があります。そのとき、迷うことなく最適のテキストを選ぶことができるかどうか、それが問題になります。

また、独学の場合、自分が選んだテキストや問題集だけで学習を進めなければなりません。

そのため、独学の場合、講義を聞いたり、分からないことを質問する教師もいませんので、その分、時間のロスも生まれます。また、分からなことが多くなると、理解や記憶もあいまいになってくると言うことにもなります。

ですので、やはり、短期間で確実に合格するには、その道のベテランである担当講師の指導の下で勉強をするのが、効率の良い勉強方法となります。

なお、市販の教科書の場合、それが優れた内容であっても、変化する試験傾向や動向に対して、即座に対応し、対策をたてることは困難ですから。

通信講座のおすすめはどこ?

通信講座のおすすめ、それは、フォーサイトの宅建講座です!

フォーサイト宅建講座の特徴をまとめると、

  • 1)抜群の合格率 (平成25年の場合、全国平均の3.95倍の合格率)
  • 2)フルカラーテキスト・充実した問題集
  • 3)受講料(教材・テキストを含めて)が安価
  • 4)ハイビジョンDVD講義、CD講義
  • 5)e-ラーニング(道場破り)

詳細>>フォーサイトの受講料はこちらに詳しくまとめてあります

フォーサイト宅建講座の特徴

フォーサイトは、今口コミでも、最も人気のある通信講座です。

その人気の秘密は、何といっても、テキストや教材(CD・DVD等)の質が高いことです。

例えば、フォーサイトでは、通信講座専用にハイビジョン撮影をして、動画の精度や臨場感をあげるようにしています。

なお、他の通信講座の場合、特に大手では、教室の講義をそのまま撮影した内容であったり、講師の前にカメラを1台置ただけの映像であるものが多いのです。

しかし、フォーサイトでは、専用のスタジオで、プロのカメラマンがハイビジョンで撮影をしているため、1対1で教えられているような臨場感と迫力があり、学習効果が高くなる工夫が施されています。

また、その他にも記憶効果を高めるフルカラーのテキストやインターネット学習のe-ラーニングも付いています。

しかも、フォーサイトでは、すべて通信講座で運営しているため、校舎や教室が不要であり、他の大手の通信講座に比べて、受講料が非常に安くなってます。

テキストについて

フォーサイトのテキストの特徴は、フルカラーと図表化で分かりやすく、しかも記憶効果の高まる工夫がされています。

さらに、ベテランのスタッフが長年の経験と研究を反映することによって、必要最小限の学習量で合格できるように、テキストの量を絞り込んだものにしています。

他の通信講座の場合、テキストのボリュームが大きすぎて、学習しきれない、覚えきれない、という理由で、これが挫折の原因となるケースも多いようです。

しかし、フォーサイトでは、あくまでも合格するため内容に徹しており、確実に出題されるであろう問題を重点的に学習できるように編集しているため、 これだけ高い合格率となっています。↓

講義について

フォーサイトは、DVD・CDの講義を選ぶことも可能です。

このDVD・CDの講義は、担当講師の真剣な語り口で、テキストを補足し、学習ポイントを明確にする内容になっているため、ぜひ、テキストにあわせて受講されることをお勧めします。

詳細>>今すぐフォーサイトの公式ぺージを見たい方はこちらへ