本文へスキップ

社労士試験 通信講座

あなたが資格を取るための予備校・専門学校

社労士試験 社会人なら通信講座がおすすめの理由は?

社会保険労務士試験に合格するための通信講座は?

フォーサイト 社会保険労務士 評判 

まず、社会保険労務士の難易度について・・・

2010年の社労士試験では応募者数が初めて7万人を突破するなど、近年においては社会保険労務士を目指す方が増えています。

また、平成28年の第48回社会保険労務士試験の受験申込者数は、51,953 人。

その内、合格者数1,770 人(前年 1,051人)
合格率は、4.4 %(前年 2.6%)という結果でした。

このような合格率を見ると、社会保険労務士はかなり難関な試験担っていることが理解できます。

そんな社会保険労務士試験に、社会人の立場で合格するには、どのような学習法を選べば良いでしょうか?

社会保険労務士試験に合格するためには、独学という学習法のほかに、予備校という選択、さらに予備校にも、通学講座、通信講座とがあります。

さらに、通信講座にも、テキスト中心の講座、CDを利用する講座、DVDを利用する講座、PC/スマホ等を利用するWeb講座等があります。

これらのうちで、どのような学習方法を選択するかは、特に社会人で働きながら社労士試験に挑戦する受験生にとっては、合否を左右する重要な問題です。

通信講座は多忙な社会人に適する学習法

社会保険労務士に限らず試験のための学習方法といえば、独学か、資格予備校への通学、または通信講座の3つに大別されます。

独学は?

まず、独学についてですが、社会保険労務士は出題科目も広く、学習範囲も膨大な試験であるため、この試験を独学で挑戦するのは無謀です。というのは、テキストの選択ひとつをとっても、未経験者が専門家の指導もなく、自己判断で行うのでは判断を誤る恐れがあるからです。

さらに、独学はまったく誰にも頼らず自身一人の力で、膨大な学習範囲をこなし、難解な労務や保険関係の法律知識を理解する必要があります。それに、理解力がどれだけのものか解り難く、孤独に陥る恐れがあります。

また、独学での学習は、モチベーションの持続という点でも、常に自分で自分を励ます必要があり、学習の途中で挫折する危険性がもっとも高く、あまりおすすめできる方法ではありません。

通学の予備校は?

一方、通学の予備校は、受講料を支払うという金銭的な負担が伴いますが、その負担がモチベーションになります。お金をかけるからには、この一年で合格しなければ!という、良い意味でのプレッシャーをかけることになるからです。

また、現役の社会保険労務士の講師による講義では、受験テクニックなどを交えた学習ポイントの教授等があり、また、講義中の不明な点なども直接質問することができるため、効率的な学習が可能になります。

ただし、金銭的な面では、通学の場合、通常20万円以上のところが多く、気軽に支払える金額ではないため、どの予備校にするのか十分に検討する必要があります。

また、現実的に、仕事を持つ社会人が、全部で50回もの講座に、毎回遅刻や欠席をせずに受講できるかといえば、なかなか困難です。

しかも、欠席や遅刻が続けば講義についていけなくなり、20万円もの高い受講料を支払って、結局、授業から遠ざかってしまうのではあまりにも無駄な出費となります。

従って、予備校に通学する学習方法は、資金的にも、時間にも余裕のある受験生の学習方法といえます。


それでは、働く社会人におすすめできる学習方法とは何でしょうか?

社会人が社労士試験に挑戦するには、通信講座がおすすめ!

なぜなら、多くの通信講座の受講料は、通学の予備校の半額(選択によって3分の1)程度で、金銭的な負担も軽くなり、自分のライフスタイルに合わせて自分の好きな時間に学習することが可能です。

また、通信講座の各予備校とも、社会保険労務士の専門家によって編集した教材やカリキュラム、さらに最近のDVDやWeb通信を利用することによって、初学者でも自分のライフスタイルに合わせて、スムーズに学習することが可能となります。

また、質問に対するサポート体制も用意されていますので、通信講座生にありがちな悩みや問題を一人で抱えることなく、学習を進めることが可能となります。


おすすめの通信講座ランキング

社労士試験 通信講座ランキング1 フォーサイト

フォーサイトの社会保険労務士 通信講座

フォーサイトの簡単まとめ
教材 講義方式 価格
オリジナルフルカラー DVD・CD・Web 37,800円〜
質問サポート 単価講座の受講 教育訓練給付制度
Eメール(20問まで無料) 可能 指定講座あり
フォーサイトで使用している教材について

テキストは、図表を多く使用することで視覚的に分かりやすいフルカラーテキストとなっています。

また、DVD・CD・Web講座は、専用スタジオで収録することによって高音質・高精細のハイビジョン映像となっています。

このように、他の予備校の通信講座と比べて、テキスト、DVD映像ともに、理解しやすい、見やすい、聞きやすい教材となっているため、勉強の能率をあげて短期間の学習で合格水準まで学力を向上することが可能となっています。

フォーサイトの講座講座の費用について

また、講座費用については、例えば、基礎講座+過去問講座のセットで10万円以下となっており、社会保険労務士の通信講座の中では最安値の料金で受講をすることが可能です。

よって、フォーサイトは、PCやスマホを利用した学習方法を希望する方や、安価な費用で社労士試験に挑戦したい方には、まさにおすすめの通信講座です。

>> フォーサイトの社労士講座:資料請求はこちら


社労士試験 通信講座ランキング2 クレアール

クレアールの社会保険労務士 通信講座

クレアールの簡単まとめ
テキスト教材 講義方式 価格
オリジナル(白黒) Web・DVD 128,000円〜
質問サポート 教育訓練給付制度 単科講座の受講
Eメール・FAX(回数無制限) 指定講座あり 可能

クレアールのテキスト・問題集

クレアールの通信講座は、社労士試験の出題傾向に的を絞って作成したテキストや20年間分の過去問を分析して編集した「分野別完全過去問題集」などを用いることで、合格に必要な得点をクリアすることに特化した内容となってます!

また、クレアールの動画講義は、社労士受験界の二大カリスマとして有名な北村庄吾講師と斎藤正美講師が担当されており、講座のクオリティも非常に高いものになっています。

さらに、お得な割引制度も充実してますので、なるべく安い価格で受講されたい方にもおすすめです。

なお、クレアールとフォーサイトの相違点は、受講のための価格にかなりの差があることです。この差をどう見るか?それを確認するのに一番確かな方法は、フォーサイトとクレアールの両方から資料請求をし、それぞれを比較をして、両者の内容に大差がなければ、安価なほうのフォーサイトを選ぶのが良いと思います。

>> クレアールの社労士講座 資料請求はこちら


社労士試験 通信講座ランキング3 資格の学校TAC

tacの社会保険労務士 通信講座

TACの簡単まとめ
教材 講義方式 価格
オリジナル(2色刷り) Web・DVD・音声データ 87,000円〜
質問サポート 教育訓練給付制度 単科講座の受講
Eメール・電話・質問カード 指定講座あり 可能

TACは講座の種類が豊富で、初学者から受験経験者まで、自分のレベルに合わせた講座を選択することが可能となっています。

使用するテキストは毎年見直しがされているため、情報は最新で、かつ完成度が高く、細部まで詳細に説明されています。

また、受講生サポートについても、講師に直接電話で聞ける質問サポートや、丁寧な添削指導なども充実してます。

>> TACの社労士講座 資料請求はこちら


社労士試験 通信講座ランキング4 資格の大原

大原の社会保険労務士 通信講座

資格の大原の簡単まとめ
教材 講義方式 価格
オリジナル(2色・白黒) Web・DVD・CD・音声DL 101,000円〜
質問サポート 教育訓練給付制度 単科講座の受講
Eメール・電話・FAX・郵送 指定講座あり 可能

大原の社会保険労務士の通信講座は、初学者から受験経験者まで対応している6種類のコースから選べます。

教材については、社労士専任の講師たちが過去問を分析して作成したテキストを使用しており、本試験での的中率は80%と非常に高い精度となっています。

さらに、受講生サポートや各種割引制度も充実しており、受講生にも人気の通信講座となっています。

>> 大原の社労士講座 資料請求はこちら