本文へスキップ

航空大学校の合格者2人に1人がパイロット予備校生

あなたが資格を取るための予備校・専門学校

航空大学校の合格者2人に1人がパイロット予備校の受講生(合格率50%以上)

パイロット予備校の2人に1人が航空大学校に合格(72名中49名)

パイロットになるための予備校。学歴も大金も必要なし(安価な受講料)世界の空を飛ぶ 年収1000万の道がここにある!

パイロット予備校とは、インターネットを活用することによって航空大学校への合格を援助する予備校です。従って、授業はインターネットで受けるため、自宅だけではなく、インターネットができる環境ならどこでも勉強が可能な予備校です。

パイロットになる最短の方法は?

憧れのパイロットになる最短の道は?

パイロット予備校→航空大学校→航空会社へ就職

パイロットになるに、航空大学校に入学し、卒業して、航空会社に就職するという方法が通常のコースです。
(航空大学 http://www.kouku-dai.ac.jp/02_enter/05.html

航空大学校とは

航空大学校とは、日本で唯一となる国立のパイロット養成機関として、1954年、当時の運輸省が設置した大学校です。現在では、国土交通省の管轄。

校舎は、宮崎市にある本校のほか、帯広市と宮城県岩沼市に分校があります。

大学での教育の内容としては、航空大学校のホームページに「航空大学校では、航空機の操縦に関する学科及び技能を教授し、航空機の操縦に従事するものを養成することにより、安定的な航空輸送の確保を図ることを目的として、将来のパイロットを養成します。」と記載されています。

航空大学校を卒業後、民間航空会社へ就職

航空大学校を卒業してから、各種航空会社へ就職することによって、晴れて、パイロットになることができます。

航空大学校へ合格するために、パイロット予備校をお薦めする理由

その理由としては、何と言っても、航空大学校へのパイロット予備校の合格率がバツグンに良いからです。航空大学校の合格者の2人のうちの1人がパイロット予備校です。つまり、50%以上の合格率を誇っています。 なお、卒業後の就職率も非常に高く、平成18〜24年実績で、92%以上となっています。

他の予備校との比較 授業料の概算

航空大学校への予備校としては、主に、イカロスアカデミーとパイロット予備校を挙げることができます。

イカロス・アカデミーは費用が、概算で20万円と手ごろ。パイロット予備校は31万円。

しかし、パイロット予備校の合格率は、上記のように50%以上。イカロスアカデミーは、それほど高くありません。

パイロットアカデミーの航空大学校 合格状況

ちなみに、2014年度の航空大学校合格者72名中、パイロット予備校の合格者は49名、イカロス・アカデミーの合格者は11名です。

大切なことは、合格することです。

高収入のパイロットになるためには、合格率の高い予備校を選択することが大切です。

というのは、パイロットになるには年齢制限があり、
航空大学校へ進むために、数年を費やすという余裕はないからです。

パイロット予備校の入講資格とは?

パイロット予備校の入講資格は、航空大学の受験資格とも関係します。

入学申込みをするには2つの条件をクリアする必要があります。

パイロット予備校の入講 年齢制限は?

航空大学校に出願できる年齢(概ね20歳から25歳)を考慮する必要があります。
その出願資格を、航空大学校では、次のように発表しています。

<平成27年度募集要綱の場合>

  • ・入学時期は、6月、9月、12月及び翌年3月の年4回に分かれて入学することとしており、入学時期は、入学者の希望等を考慮して航空大学校理事長が決定します。
  • (注)上記の「入学時期」については変更になる場合があります。
  • ・入学後の教育期間は、合計24か月
  • 航空大学校に出願できる者は、平成2年4月2日から平成7年4月1日までに生まれた者であって、次のいずれかに該当する者とします。(注:平成27年度募集要綱の場合)
  •  なお、過去に当校を受験し、第二次試験において不合格となった者は、出願することができません。
  • (1) 学校教育法による修業年限4年以上の大学に2年以上在学し、全修得単位数が62単位以上の者。
  • (2) 学校教育法による短期大学又は高等専門学校を卒業した者。
  • (3) 専修学校の専門課程の修了者に対する専門士及び高度専門士の称号の付与に関する規程による専門士又は高度専門士の称号を付与された者。
  • (4) 平成27年3月末までに(1)、(2)又は(3)となる見込みの者。
  • (5) (1)、(2)又は(3)に掲げる者と同等以上の学力を有すると航空大学校理事長が認める者。
  • なお、外国籍の者にあっては、本邦航空運送事業者への就職に必要な在留資格を有していること(在学中に確実に在留資格取得が見込まれる者を含む)。

パイロット予備校の入講 身長制限は?

・身長が158cm以上必要です。158cmちょうどでも大丈夫です。

これらの条件は、航空身体検査を考慮しています。

パイロット予備校では、これらの条件に対して、このように説明しています。

明らかに適合でない人に、ムダな 費用と時間を使って頂くわけにはいきません。この条件をクリアした人だけ、入学 の申込みをお願いしています。また、パーフェクト・パイロット・パックでは、事前に第1種航空身体検査で合格をした方だけにお申込みを頂いております。安 心して受験対策に励んで頂くために必要なことですので、ご承知おき下さい。

パイロット予備校の入講 視力は?

以前は、パイロットになるのに、メガネやコンタクトの使用は禁止されていましたが、現在では、身体検査の規制緩和により、メガネやコンタクトの使用が認められています。従って、従来なら、視力不足が原因でパイロットへの道をあきらめていた人も、パイロットへの道が開かれたわけです。

なお、航空大学校で必要な視力に関する基準は以下のとおりです。

  • 視 力:
  • @遠見視力:各眼が、裸眼または矯正視力で1.0以上あること。
  • 但し、矯正視力の場合は、各レンズの屈折度が−4.5+2.0ジオプトリー以内であること。
  • A近見視力:各眼が、裸眼または矯正視力で0.8以上あること。
  • B屈折矯正手術(角膜前面放射状切開手術、レーシック、PRK等)の既往歴がないこと。
  • Cオルソケラトロジー(コンタクトレンズによる屈折矯正術)による矯正を行っていないこと。

社会人でも航空大学校への受験は可能です

社会人でも、年齢、学歴及び身体条件がかなっていれば、受験可能です。

社会人の方は、勉強時間を確保するのが大変ですので、パイロット予備校のようにインターネットを活用することをオススメします。

現実的に、社会人の合格者も大勢いますので、パイロットになりたい人は、年齢的チャンスを逃さないように挑戦をおすすめします。

年齢制限が過ぎて、パイロットになりたいと思っても遅いのですから・・・。

文系出身者の合格者も大勢います

意外に、パイロットの半分は文系出身者ですので、大学の文系出身者でも大丈夫です。しかし、入学試験や入学後の授業においては、理系の知識が必要ですから、勉強をする必要があります。

パイロット予備校をおすすめする理由

繰り返しますが、パイロット予備校をおすすめする理由は、航空大学校へのパイロット予備校の合格率が抜群に良いからです。

パイロット予備校の合格者は、2人に1人(2014年度の航空大学校合格者72名中49名)。すなわち、50%の合格率です。

なお、パイロット予備校では全額返金制度もあります。


 
パイロットの収入は?| 航空大学校へ進学してパイロットになりたい