本文へスキップ

パイロットの収入

あなたが資格を取るための予備校・専門学校

パイロットの収入はどれだけですか?

パイロットの収入はどれだけ?

パイロットの年収は?

「パイロットになりたい」という夢を少年時代から持っている人は多いと思います。私も、その一人でしたが、高校時代の視力低下で断念しました・・・。

パイロットにもいろいろありますが、いずれも高度な技術と精神力を要するため、収入のほうも、かなり高額となっています。

このページでは、パイロットの収入について情報を収集しました。

以下の情報は、厚生労働省(平成23年度賃金構造基本統計調査)による調査の結果です。

パイロットに関する平均年齢や平均収入等について

平均年齢 42.5歳
勤続年数 13.5年
給与月額 954,400円
年間賞与 535,600円
平均年収 11,988,400円

上記のように、パイロットの平均年収は、1,198万円となっています。

平均年齢42.5%で、平均年収1,198万円ですから、やはりパイロットは高収入ということになります。

さらに、この数字は、平均収入ですから、大手航空会社の機長ともなると、かなりの高収入が得られると思います。

パイロットの役職別の年収を調べてみると、

大手航空会社の場合、

副操縦士の年収が平均1,500万円、

機長の年収は平均2,300万円。

やはり、機長になると、年収が2000万円を超えるわけですから、中小企業の社長さん程度の収入になるようですね。

パイロットになる最短の方法は?

パイロットになる方法を大まかに言うと、

航空大学校→航空会社へ就職

パイロットになるに、航空大学校に入学し、卒業して、航空会社に就職するという方法が通常のコースです。

航空大学校へ合格するのが最初の難関

航空大学校への予備校としては、主に、イカロスアカデミーとパイロット予備校を挙げることができます。

このサイトで、パイロット予備校をおすすめする理由は、航空大学校への合格率が抜群に良いからです。

パイロット予備校の合格率は、2人に1人。50%の合格率です。

 これから、パイロットを目指す方、どうぞ頑張ってください。

夢を持ち続ける以上、夢は必ずかなう!それが人間の力だと信じています。

なお、パイロットになるには、他の身体的な条件も要求されます。

朗報! パイロット資格に関して裸眼視力の基準がなくなりました。矯正視力で基準をクリアすればOK。これまで視力が問題で受験をあきらめていた人たちにも、パイロットへの可能性が開かれたわけです。)

その他、パイロットになるための方法や条件については、こちらにまとめてあります。

>>あこがれのパイロットへ