本文へスキップ

管理栄養士になるには?試験対策 独学 予備校

管理栄養士になるには?おすすめの予備校は?

管理栄養士になるには?試験対策は独学?予備校ならどこ?

栄養管理士試験対策

管理栄養士と栄養士とは違う資格です!

管理栄養士について述べる前にこれと似た資格として栄養士という資格があります。まず、両者は異なる資格であることを知っておく必要がありますが、分かりやすく言うと、資格を取得する方法において国家試験があるかないかという違いになります。

この違いを簡単に述べると、栄養士は専門学校か短大で2年間学び、卒業すれば資格を取得できます。これに対して、管理栄養士は国家試験に合格する必要があります。

以下、さらに管理栄養士と栄養士の違いについて説明をしつつ、管理栄養士の取得方法について述べます。

管理栄養士と栄養士の違いは?

栄養士と管理栄養士の違いは、まず、栄養指導を行う対象者が異なるものです。

栄養士は、主に健康な人々を対象に栄養指導や給食管理を行うものですが、管理栄養士は、そのような方々に加えて、傷病者などの様々な症状や体質を考慮した栄養指導や給食管理を行う栄養のスペシャリストとして活躍することになります。

ですので、管理栄養士は栄養士に比べて、より専門的な栄養指導を行うことになります。

なお、栄養士法において、栄養士は「栄養士免許を取得し、栄養士の名称を用いて、栄養の指導に従事する人」であり、管理栄養士は「管理栄養士の資格を取得し、管理栄養士の名称を用いて、栄養の指導に従事する人」と区別されていますが、この規定だけでは、両者の違いは分かりにくいですね。

栄養士と管理栄養士の取得すべき資格の違いは?

栄養士は、厚生労働大臣が指定する栄養士養成施設あるいは管理栄養士養成施設において2年以上知識及び技術を習得したものが取得できる都道府県知事資格です。

一方、管理栄養士は国家資格ですから、管理栄養士になるには国家試験に合格する必要があります。

管理栄養士国家試験の受験資格には実務経験年数が必要です。そして、管理栄養士国家試験に合格すれば、厚生労働省に備える管理栄養士名簿に登録されて管理栄養士の免許を受けることができます。

管理栄養士の活躍の場

管理栄養士の活躍の場としては、保健所、行政機関、病院、学校、給食センター、食品会社、スポーツ施設などで、専門的な知識を必要とする栄養指導を行う業務に就きます。ですので、病院や老人保健施設など医療関係の場所で働くには、管理栄養士の免許が必要になります。

なお、管理栄養士になると、NST(Nutrition Support Team:栄養サポート-チーム。医療機関で患者の栄養管理を行う専門組織)の一員になることができます。

管理栄養士になるには

管理栄養士になるには、

1)国が指定した栄養士養成施設もしくは管理栄養士養成施設で学び、卒業する必要があります。卒業によって、栄養士の免許を取得することができます。

2)そして、上記のように、「栄養士」の免許を取得した後、管理栄養士国家試験を受験し、合格する必要があります。

言い換えれば、管理栄養士になるには、「栄養士」の免許を取得したのちに管理栄養士国家試験を受験し合格することで、管理栄養士の資格を得ることになります。

管理栄養士の将来性について

高齢化率が進んでいる日本において、管理栄養士の活躍は、ますます期待されています。今後、日本がさらなる高齢化社会に突入すると、健康に対する意識も一層高まることはまちがいありません。また、医療・福祉の現場では、介護予防という視点からも栄養管理士の需要がますます高くなります。

管理栄養士を取得すれば、転職や再就職に有利だけでなく、糖尿病療養指導士、栄養サポートチーム(NST)専門栄養士、病態栄養専門師、介護支援専門員などにステップアップすることができ、仕事の活躍分野を広げ、それに見合った収入も高額になります。

管理栄養士試験を受験する2つのルート

管理栄養士国家試験の受験資格を取得するには、2つのルートがあります。

1)管理栄養士養成施設を卒業する、あるいは、2)栄養士養成施設を卒業し、栄養士として実務経験を積む必要があります。

※下の図は、「公益社団法人 日本栄養士会」の公式サイトからの引用です。

管理栄養士になるには

1)管理栄養士養成施設を卒業する」ルート

「管理栄養士養成施設」を卒業するルートでは、4年制の管理栄養士養成施設を卒業することで自動的に栄養士の免許が取得できます。取得後は、実務経験を経る必要はなく、すぐに管理栄養士国家試験を受験することができます。

<管理栄養士養成施設、栄養士養成施設とは?>
管理栄養士・栄養士になるには、高校卒業後、管理栄養士養成課程もしくは栄養士養成課程のある大学、短期大学、専門学校に入学し、所定の専門課程を修得して卒業することが必要です。これらの学校は、管理栄養士養成施設、栄養士養成施設と呼ばれ、全国に管理栄養士養成施設は143校、栄養士養成施設は137校あります(平成27年現在、一般社団法人全国栄養士養成施設協会より)。

2)栄養士養成施設を卒業するルート

「栄養士養成施設」を卒業するルートでは、栄養士の免許を取得後に国が定める施設で栄養士として実務経験を積む必要があります。

実務経験の年数は、栄養士養成施設での修業年数によって異なります。

養成施設修業年数+実務経験の年数の合計が5年以上で受験資格が得られます。

なお、管理栄養士国家試験の受験資格について、より詳細な規定を知る場合、厚生労働省の「管理栄養士国家試験の施工について、4 受験資格」を見るのが一番正確に分かります。>> 厚生労働省 管理栄養士国家試験の施工について

第32回(平成30年)管理栄養士国家試験の実施日について

  • 第32回管理栄養士国家試験の施行について、厚生労働省より発表がありました。
  • 試験日は、平成30(2018)年3月4日(日)
  • 試験会場は、北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、岡山県、福岡県、沖縄県の8都道府県
  • 合格発表日は、平成30年3月30日(金)
  • 受験要領は、平成29(2017)年9月中旬(予定)以降に、厚生労働省ホームページに掲載。
  • 受験要領は、他に、地方厚生局、養成施設、一部の保健所において配布しており、提出期限は、平成29(2017)年12月8日(金)から同年12月15日(金)までとなっています。
  • 第31回の受験者数は19,472名で、合格者数は10,622名。合格率は54.6%でした。

↓下記は厚生労働省が発表している第31回管理栄養士(平成29年)の試験会場です。

試験地 会場名 住所
北海道 北海道大学 札幌キャンパス 工学部 北海道札幌市北区北13条西8
宮城県 サンフェスタ 宮城県仙台市若林区卸町2-15-2
東北医科薬科大学 宮城県仙台市青葉区小松島4-4-1
東京都 大妻女子大学 千代田キャンパス 東京都千代田区三番町12
東京工科大学 蒲田キャンパス 東京都大田区西蒲田5-23-22
大正大学 巣鴨キャンパス 東京都豊島区西巣鴨3-20-1
青山学院大学 青山キャンパス 東京都渋谷区渋谷4-4-25
愛知県 愛知学院大学 日進キャンパス 愛知県日進市岩崎町阿良池12
大阪府 大阪商業大学 大阪府東大阪市御厨栄町4-1-10
インテックス大阪 大阪府大阪市住之江区南港北1-5-102
岡山県 くらしき作陽大学 岡山県倉敷市玉島長尾3515
岡山科学技術専門学校 昭和町校舎 岡山県岡山市北区昭和町8-10
福岡県 南近代ビル貸会議室 福岡県福岡市博多区博多駅南4-2-10
福岡女学院大学 福岡県福岡市南区曰佐3-42-1
九州大学 伊都キャンパス 福岡県福岡市西区元岡744
沖縄県 琉球大学 千原キャンパス 沖縄県中頭郡西原町千原1

試験科目は?

管理栄養士国家試験の試験科目は、次のとおりです。

※試験概要は、毎年9月中旬に厚生労働省より発表されます。

  • ア. 社会・環境と健康
  • イ. 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち
  • ウ. 食べ物と健康
  • エ. 基礎栄養学
  • オ. 応用栄養学
  • カ. 栄養教育論
  • キ. 臨床栄養学
  • ク. 公衆栄養学
  • ケ. 給食経営管理論

なお、第30回(平成28年)管理栄養士国家試験は、次のスケジュールと出題数、時間配分で行われました。

管理栄養士国家試験 出題科目・時間

第30回管理栄養士国家試験の出題形式について

管理栄養士国家試験 出題形式

その他の情報は、厚生労働省の管理栄養士国家試験のホームページに詳述されていますので、ご確認を >> 第31回管理栄養士国家試験の施行について

管理栄養管理士は、独学・通信・通学、どれがよい?

管理栄養士の勉強をするのに、独学、通信、予備校への通学のどれにするか、迷ってしまうことがあると思います。

まず、独学でも不可能とは言いませんが、それなりの要領の良さと能力と根性が必要になります。あなたがそれらの全部を持っているとしても、事情が許せば、通学か、通信か、いずれもプロの指導のもとで能率的に学習することをお進めします。

通学や通信には、それぞれメリットとデメリットがあるので、結局は、学費や状況に合っているのを選ぶとよいと思いますが、費用対効率を考えると、管理栄養士試験対策は、通信講座がおすすめです。

管理栄養士通信講座のおすすめ予備校とは?

管理栄養士通信講座おすすめとして、ユーキャンと東京アカデミーを掲げるサイトが多いですね。

いずれも管理栄養士通信講座で評判の高い予備校ですが、ユーキャンは、テキストが10冊もあって内容にも誤りが多く、その正誤表を整理するだけでも煩わしかったという体験があり、あまりオススメでないと評価している方もいます。

その点、東京アカデミーは3冊のテキストで、ポイントがよくまとまっていて、図表も多く、視覚的にも理解し安いと評判です。

※ 東京アカデミーの資料請求は、こちら↓の公式サイトから可能です。

資料請求は >> 東京アカデミーの公式サイトで

また、東京アカデミーは、公務員試験、教員採用試験、看護師国家試験等の対策予備校として絶対的に定評のある予備校です。講義スタイルは、生講義(教室で担当講師の生の講義を受けること)で有名。近くに教室のない場合は、東京アカデミーには、学費の安い通信講座がありますので、おすすめです。

参考 >> 東京アカデミーの管理栄養士 まとめページ

どちらの予備校にするにしても、管理栄養士の国家試験は幅広い範囲から出題されるだけに、ポイントをしっかり把握することが、受験対策のポイントになります。

また、東京アカデミーは、上記のように、生講義がウリですが、通信講座も、通学と同様のテキストを使用しており、種々のサポートもあっておすすめです。

>> 東京アカデミーの通信講座について

東京アカデミーの通信講座は、公務員試験、看護師国家試験、教員採用試験、管理栄養士等の試験にも高い合格率を確保しています。このため、通学する時間のない方や、校舎に通えない方にはオススメです。


【関連記事】

「管理栄養士として、地方公務員を志望しています。公務員の予備校について迷っています。」という質問について…

ヤフー知恵袋に、「公務員の予備校について迷っています。詳しい方がいらっしゃいましたらお話聞かせて下さい。」という質問がありました。出典>>ヤフー知恵袋

管理栄養士養成施設の大学に通っている3年生の方です。

<質問>

将来、管理栄養士として地方公務員を志望しています。
そこで公務員の予備校に通い、ダブルスクールをしようと考えているのですが、予備校選びでとても迷っています。
TACとLECに、個別説明会に行ったのですが、両方とも管理栄養士の専門の講座はやっていないので、教養だけ受けるコースを選択しようと思っています。
教養だけのコースでしたら、どこの予備校がおすすめですか?
個人的には、DVDではなく、すべて生講義で勉強したいと思っているのですが…。
迷っているのは、TAC、LEC、東京アカデミーを考えています。
アドバイスお願いいたします。

<回答>

大学現役では管理栄養士の国試に合格できず、さらに2回独学で不合格になり、東京アカデミーの講座に通って、ようやく合格しました。
私も公務員に興味があり、東京アカデミーにまた通おうかと考えており、先日説明を聞きに行きました。
担当して頂いたスタッフの方のお話では、東アカは管理栄養士・社会福祉士・看護師・保健師・保育士といった国家試験の講座を開講している関係上、公務員資格職の指導や情報収集にも力を入れておられるそうです。
一応、TACやLEC、大原などの説明も聞きに行きましたが、どこも資格職に本腰を入れている印象は受けませんでしたので、やはり東アカにしようと考えています。
全て生講義ですしね。質問者さんも一度、東アカに受験相談に行ってみて下さい。