本文へスキップ

看護師になるには?准看護師?正看護師?看護師になる方法は?

看護師になるには?正看護師と准看護師の違いは?

看護師になるには?そのために、まず准看護士になることは有効ですか?

看護師になるには? まず准看護師になるコースは?

看護師は大きく分けると、正看護師(単に看護師と言われます)准看護師の2種類に分けられます。

看護師試験 准看護師か正看護師か

看護師の資格とは?

看護師になるには、看護学校の卒業後に看護師資格取得のための国家試験を受ける必要があり、これに合格することによって看護師の資格を得ることができます。この看護資格は、厚生労働大臣が発行することになっています。

准看護師の資格とは?

また、准看護師になるには、准看看護学校を卒業後に、各都道府県知事が実施する准看護師資格取得の試験を受け合格しなければなりません。従って、准看護士試験は国家試験ではなく、都道府県知事が行うもので、准看護師資格は各都道府県知事が発行するものです。

このように、看護師は国が発行する資格であり、准看護師は都道府県の発行する資格ということで区別されます。

また、准看護師は、看護師の指示に従って業務を行うことになっており、看護師の補助行う業務(看護師補助業務)となります。

なお、このように看護師と准看護師とでは、名称や資格の違いはあるものの、実際の医療現場では、同様の業務内をこなしているのが現状です。

つまり、医療現場において看護師の不足は大変深刻化しているのが現状です。

看護師になるには?

看護師になるには、下の図のように、高校を卒業してから看護師養成学校へ入るか、高校を卒業して看護師養成学校へ入るかのプロセスがあります。

また、まず准看護師になってから准看護師(正看護師)になるプロセスと、最初から看護師になるプロセスがあります。

准看護師から正看護師へ

(東京アカデミーの公式サイトより抜粋)

正看護師とは

なお、正看護師という資格は実際にはなく、「看護師」と「准看護師」を区別する上で、看護師を正看護師と呼ぶことがあります。

高卒で正看護師になるには

上の図のように、正看護師は高校卒業後、3年制か4年制の看護学校・短大もしくは大学に通い、最終学年で国家試験を受けて合格することで資格を得ることができます。

高卒で准看護師になるには

一方、准看護師は、高卒の方の場合、2年間准看護師養成学校に通い、都道府県の知事試験を受けることによって、准看護師の資格を得ることができます。

准看護士と正看護師の給料・その他の違い

看護学校の入学試験や看護師資格の試験は、准看護師の方が合格しやすく、看護師になってからの給料も、(病院によって異なりますが)准看護師の方が月3〜4万円程度低く、ボーナスを含めると年50〜70万円程度低いのが実態です。

また、准看護師の場合、師長などに昇進できないこともあります。

准看護師になって働きながら正看護師になるのは大変

また、まず准看護師の資格を取って、働きながら正看護師の資格を取るというコースもありますが、准看護師で働きながら、看護師のコースへ進むのは、時間的にも体力的にも大変なことが多いため、状況が許せば、最初から正看護師の資格を取るコースを選択したほうが賢明だと思います。

准看護師廃止論

なお、准看護師で病院等の職場につき、正看護師と同様に活躍をしている方もたくさんいます。しかし、以前から、准看護師の廃止論が存在し、厚生労働省と日本看護協会が推進していると噂されています。

准看護師から正看護師になる方法は?

准看護師廃止論の現状

准看護師の廃止が議論されるようになってもう20年が経ちます。しかし、いまだに具体的なことは何一つ決まっていません。その理由は、日本医師会が強固に反対をしているためだといわれています。

このように、准看護師がいつ廃止になるか決まっていませんが、将来的に准看護師の養成が廃止になることも予想されます。ですので、そのような不安を抱えるよりは、准看護師で働きながら正看護師を目指す道を選択する方法もあります。

准看護師から正看護師へのプロセス

実務7年で准看護師から正看護師になれる

2015年7月に、厚生労働省は「実務経験5年で」准看護師から正看護師になるための方針を発表しました。しかし、実際には、2015年12月に、准看護師の実務経験を10年から5年ではなく「7年」へ短縮することが決定しました。

この「実務経験7年」は、准看護師を無くして正看護師に1本化する(少しでも准看護師を減らす)という方針に基づくもので、そのため准看護師の学校は減り続けています。

現在(2016年)に、准看護師から正看護師になるには、3つ方法があります。

  • 1)全日制の学校で2年
  • 2)定時制の学校で3年
  • 3)通信制の学校で2年

1)または2)で正看護師になるには、学校に通う時間が必要になります。ですので、フルタイムで働きながら学校に通うのは、かなり難しくなります。さらに、学費の面でも負担になります。

3)は、通信制ですから自宅で学ぶことができ、働きながら取得することも可能です。そのため、3)の通信制コースが、准看護師から正看護師になる主流の方法となっています。

通信制コースに入学するには、これまで実務経験10年が必要という条件が必要でしたが、実務経験が7年に短縮さたことで、通信制コースは准看護師として働き始めてから7年で入学できるようになりました。

実務経験7年の適用はいつから?

実務経験7年は、2018年度4月の入学者より適応されます。

例えば、2011年から准看として働いていれば、2018年の時点で実務経験7年になり、通信制コースに入学できます。そして、通信制コースを卒業する2年後の2020年には正看護師になれます。

しかし、注意すべき点があります!

なお、准看護師から正看護師なる資格を取得するためには、職場の理解とサポートが必要です。というのは、准看護師から正看護師になると、キャリアがリセットされ、1年目の新人として扱われてしまうからです。

これは、10年働いてきたベテラン准看護師であっても、正看護師になることで、ベテランではなく新卒として扱われてしまうことになります。

そのため、10年のキャリアを持っていても、准看護師から正看護師になると、新卒と同じ初任給になることがありますから、努めている病院、またはこれから務める病院が、今までのキャリアを保持してくれるかどうかを調べた上で、准看護師から正看護師の変更を目指すべきです。