本文へスキップ

看護師になるには? 准看護師になるには?

准看護士になるには?看護師になるには?

准看護師になるには?看護師になるには?

看護師と准看護師の違い。知ってますか?

看護師になる方法

准看護師になるには?そして、看護師になるには?
それぞれの方法を知る前に、看護師と準看護師の違いについて知っておく必要があります。

看護師は国家資格

まず、看護師は厚生労働省の国家資格ですから、看護師になるには、国家試験を受験して合格する必要があります。

准看護師は 都道府県知事による資格

それに対して、准看護師になるには、国家試験ではなく都道府県知事試験を受験します。

そのため准看護師は、公的資格という位置づけになりますが、准看護師免許は、取得した都道府県内に限定されず、日本全国で有効です。従って、准看護師を取得した県以外で、准看護師として就職することも可能です。

准看護師は都道府県知事による資格として保助看法で定められているのです。

※そのため公的資格(資格基準のみを担当省庁が作り試験に国は関わらない・公的機関が試験を実施など)という位置づけです。知事資格=公的資格。

看護師と准看護師の職務上の違いについて

看護師と准看護師の職務上の違いは、簡単に言うと、「医師の指示なしに業務を行えるか」という点です。看護師は医師の指示なしに業務を行えます。しかし、准看護師は医師または看護師の指示なしに業務を行うことはできません。

準看護師になるには?そのために知っておくべきことは?

准看護師は、働きながら免許を取得できます。

ただし、准看護師の資格は、将来的に廃止して、正看護師に1本化しようとする方向にあります。ですので、これからは正看護師の資格を目指すことをおすすめします。

また、准看護師から正看護師にすすむことも可能ですし、現在、准看護師として活躍している人の中には、給料を上げるためや、出世をするためにも正看護師を目指して進学する人も大勢います。

ですので、准看護師として就職して安定したら、これからの変化に対応するためにも、なるべく正看護師を目指したほうがが良いと思います。

まず、准看護師になる方法

准看護師になるには、主に、2通りの方法があります。

中学卒業後に看護師養成所又は高等学校衛生看護科に入り、昼間の学校ならば3年間、定時制であれば4年間勉強をすれば、各都道府県で実施される准看護師試験を受けることができます。そして、合格すれば、知事免許を取得して准看護師になることができます。

また、高校卒業後(社会人経験も含む)、看護師養成所に入り、昼間の学校であれば2年間で試験を受けることができます。

なお、准看護師から看護師に進むことも可能です。

この場合だと、昼間の学校であれば2年間、定時制の学校であれば3年間の勉強を経ることによって、看護師国家試験の受験資格を得ることができます。

※ 以下の説明では、「正看護師」のことを単に「看護師」と呼ぶことにします。

准看護師資格の試験日は?

准看護師資格の試験日は、1月~2月になっています。

年度や各都道府県で異なりますので、詳細は受験される学校に問い合わせてください。また、各都道府県からの発表をインターネットで、「○○県 准看護師 試験日」等のキーワードで調べると、過去に出題された問題や回答まで分かります。

准看護師の仕事は?

准看護師の仕事内容は、医師や看護師の指示で診療の補助や療養上の世話をすることです。具体的には、注射や点滴を行ったり、歩行介助や清拭・排泄介助など患者さんの身の回りの世話をしたりします。

仕事内容は看護師とほぼ同じで、看護師の補助をすることになります。

勤務体制によっては夜勤もあり、体力や精神力も必要となり大変ですが、患者さんや家族の方たちに喜ばれる尊い仕事です。

准看護師の収入は?

准看護師は、看護師に比べて収入は低くなります。

その金額は、概ね、

・准看護師の平均年収入 400万円ぐらい

・看護師の平均年収   470万円ぐらい

准看護師と看護師とでは年収がかなり違うため、看護師を目指す人が多いのは、このような収入面での違いも理由の1つとなっているようです。

看護師になるには?

看護師になるには、いくつかの方法がありますので、分類しながら説明します。

(1)中学校を卒業して看護師になる方法

これは、一番若くして看護師になる方法です。

中学校を卒業した後、准看護師養成学校、又は高等学校衛生看護科に進学し、各都道府県で実施される准看護師試験に合格し、知事免許を取得する。そして、看護師養成所2年過程(昼間2年)(定時制なら3年)に進学した後、看護師国家試験を受け、合格すれば、看護師になることができます。ただし、中学校卒業の准看護師は3年以上の准看護師の業務経験が必要です。

 なお、中学校を卒業した後、高等学校衛生看護科に進学せずに、准看護師免許を取得することもできます。この場合、准看護師の資格と10年以上の就業経験があれば、看護短大又は看護師養成所2年過程に進学した後、看護師国家試験を受けることができ、合格すれば、看護師になることができます。

(2)高校を卒業して看護師になる方法(大学卒業者や社会人経験者も同様)

高校を卒業した後、看護師養成所で3年以上勉強して、看護師国家試験の受験資格を取得し、看護師国家試験に合格して看護師になる方法で、最も一般的な方法です。

今は、看護師も高学歴化しているのが現状のようで、一度社会人を経験して看護師を目指す方も沢山います。

看護師になるのには、年齢制限はありません。ですから、年齢に関係なく看護師になることができます。ただし、高齢になると、それ相応の苦労も覚悟する必要があります。

なお、准看護師から正看護師になるには、通信でも可能です

准看護師から看護師になることも可能です。准看護師で実務経験が10年以上という条件があれば、通信制で取得が可能です。

ですので、准看護師として病院で10年以上の実務経験を積みながら、頑張って、30歳ぐらいで正看護師になる方もいます。

予備校について

看護師国家試験に合格する方法として、受験のプロ集団である予備校で学ぶことも可能です。もちろん、独学でも合格可能ですが、やはり長年蓄積した経験と情報は、予備校にかないません。

それでは、予備校で一番のおすすめは?となると、学費や合格実績等を考慮した結果、東京アカデミーが一番おすすめです。

>>東京アカデミーの看護師国家試験対策講座の詳細

>>東京アカデミーの看護・医療系学校受験対策講座の詳細

ただ、東京アカデミーは、生講義(教室で講師から直に教えてもらう講義)が特徴で、全国の32か所に校舎が設けられています。ですので、あなたが通えるところに校舎があるかどうかが問題になります。また、東京アカデミーには通信講座もあり、通信講座は学費も安くなりますので、距離的な理由や時間的な理由で校舎に通えない方は、通信講座もおすすめです。

東京アカデミーの校舎のご案内は、こちらのページにまとめてあります。

>>東京アカデミーの全国校舎

また、東京アカデミーの通信講座のご案内は、こちらにまとめてあります。

>>東京アカデミーの通信講座


准看護師を取得した県以外で就職することは可能ですか? | 中学校を卒業して准看護師になる方法について | 厚生労働省が発表 看護師国家試験合格率について(平成26年) | 知っておきたい!高校を卒業して看護師になる方法とは?看護師になるために、どうすればいいのか悩んでいます!まず准看護師になる?正看護師から?正看護師と准看護師の違いは?