本文へスキップ

大卒程度の公務員試験 概要

あなたが資格を取るための予備校・専門学校

大卒程度の公務員試験について概要は?

大卒程度の公務員試験とは?

大卒程度公務員試験では、4年制大学卒業程度の学力が必要とされる問題が出題されます。また、高卒程度試験には高校卒業程度の学力が必要となる問題が出題されます。

なお、公務員試験には、必ずしも「学歴要件」が設けられているわけではなく、ほとんどの公務員試験において、年齢要件さえ満たしていれば、高卒者が大卒程度の試験を受験することも可能です。

ただし、受験要件は試験により異なるため、受験の際は最新の試験案内を確認するようにしましょう。

公務員(大卒程度)の種類

大卒程度試験の合格者は、内定先の管理職(幹部)候補であり、主に企画・立案業務に携わることになります。なお、高卒程度試験の合格者は、主に内定先の各機関の庶務・総務的な事務仕事に携わることになります。

国家公務員の種類

総合職(院卒者・大卒程度)

主として、政策の企画立案等の高度の知識、技術又は経験等を必要とする業務に従事します。

一般職(大卒程度)

主として事務処理等の定型的な業務に従事します。

専門職(大卒程度)

特定の行政分野に係る専門的な知識を必要とする業務に従事します。

試験の種類として、法務省専門職員、外務省専門職員、国税専門官、労働基準監督官などがあります。

その他(特別職)

裁判所職員、衆議院事務局職員、参議院事務局職員、防衛省専門職員などの職種があります。

地方公務員の種類

事務系

本庁や出先機関において、庶務、経理、政策の企画・立案などを担当します。

地域に密着した職場ということで、人気が高く、例年難度の高い試験となっています。

技術系

電気・機械・土木・建築などの専門知識を活かした職務に従事します。

警察官採用は各都道府県単位で行われ、他の職種とは別に採用試験が実施されます。

消防官

採用は市町村単位で行われます。(東京消防庁は都単位)

地方公務員は主に学歴によって、上級(大卒)・初級(短卒・高卒)などに分け、各自治体ごとに試験が実施されます。

公務員(大卒程度)試験の日程と内容

 【一般的な公務員試験の流れ】

一般的な公務員試験の流れ 図表

日 程

公務員試験の願書提出や試験日程は、その種類によって、まちまちですので、個々に調べる必要があります。

参考までに、平成26年度の国家公務員試験の日程が、こちらにまとめられています。

http://saponet.mynavi.jp/material/koumuin/index.html

なお、平成26年度の地方公務員試験の日程は、こちらにあります。

http://saponet.mynavi.jp/material/koumuin/hokkai_touhoku.html

試験内容は?

基礎能力(教養)試験は、 大きく分けて、一般知能と一般知識に分けられます。

一般知識の方は、歴史や理科などの科目です。一般知能は、数学の文章題やパズルのようなものです。これらの問題が合計50題程度で約半分ずつ出題されます。

解答方式は基本的には五肢択一式になっています。

専門試験 行政職系と技術職系で内容が大きく異なります。

行政職系では法律や経済などが、技術職系ではそれぞれ志望職種ごとの専門科目が課されます。

文学部や教育学部出身者にとっては最難関の試験といえますが、ポイントを絞った学習で攻略は十分可能です。

市町村では専門試験が課されないところもあります。

その他 論文試験・面接試験・専門記述などがあります。

また、適性検査・身体検査などがある場合もあります。試験によって異なりますので、よく確認しておきましょう。


大卒程度の公務員試験におすすめの予備校

公務員試験では、試験区分ごとに必要な受験対策も異なるため、公務員受験対策の予備校を選ぶ際は、自分が目指す試験区分にあった学校を選択することが大切になります。

その点で、当サイトでは、大卒程度の公務員試験対策には、TACをおすすめします。

大卒程度の公務員試験にTACをおすすめする理由

その理由は、資格のTACは高卒程度の公務員試験対策を扱っていない分、大卒程度の公務員試験に特化しているからです。

地方公務員・国家公務員試験対策はもちろん、理系や技術系の講座(建築、機械、土木、物理、化学、造園、農学、水産、薬学等)も幅広く扱ってい ます。

また、オプション・単科講座もあるため、弱点のワンポイント補強がしやすいという利点があります。大学生・大学院生におすすめです。なお、大学中退・既卒者・社会人も受講可能です。

なにはともあれ、予備校の検討段階では、複数の予備校の資料を請求して比較することが大切です。