本文へスキップ

管理栄養士試験の概要・合格基準・合格率 おすすめの予備校

あなたが資格を取るための予備校・専門学校

管理栄養士試験の概要・合格基準・合格率 おすすめの予備校は?

管理栄養士の概要・合格基準・合格率・おすすめの予備校などについて

管理栄養士・栄養士

管理栄養士は何をする人? 栄養士との違いは?

管理栄養士は?

管理栄養士は国家資格ですから、管理栄養士になるには、国家試験に合格して厚生労働大臣の免許が必要です。

そして、管理栄養士の資格を取得した後は、病気を患っている方、食事がとりずらくなっている高齢者、さらには健康な方にも、専門的な知識と技術で栄養指導や給食管理、栄養管理を行うことができます。

栄養管理士は?

一方、栄養士は都道府県知事の免許を受けた資格です。主に、健康な方を対象にして栄養指導や給食の運営を行います。

管理栄養士や栄養士の働くところは?

このような管理栄養士や栄養士は、医療施設、老人福祉施設、介護保険施設、児童福祉施設、小・中学校、行政機関、企業、管理栄養士・栄養士養成施設、試験研究機関等に勤務します。

そして、乳幼児期から高齢期まで食事や栄養についてアドバイスをしたり、特定の給食施設等で献立を立てて食事を提供したり、栄養状態の管理を行うことで、健康と食と栄養等についてサポートする専門家として活躍することができます。

管理栄養士・栄養士になるには?

管理栄養士・栄養士になるには、高校卒業後、管理栄養士養成課程もしくは栄養士養成課程のある大学、短期大学、専門学校に入学し、所定の専門課程を修得して卒業する必要があります。これらの学校は、管理栄養士養成施設、栄養士養成施設と呼ばれています。

管理栄養士は国家試験の合格が必要、栄養士は養成施設の卒業と同時になれます

栄養士は、栄養士養成施設で学んで卒業することにより、都道府県知事の免許を受けて「栄養士」になることができます。

一方、管理栄養士は、管理栄養士養成施設で学んで管理栄養士国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受けることで「管理栄養士」になることができます。

なお、栄養士養成施設で学んだ人であっても、卒業後に栄養士として所定期間(養成施設での修業年数により、受験に必要な働く年数は異なる)働き、管理栄養士国家試験に合格すれば「管理栄養士」になることができます。

管理栄養士 試験の概要

第32回(平成30年)管理栄養士国家試験より、本試験の日程は、従来の3月下旬から3月上旬の実施になりました。
また、合格発表日も従来の5月下旬から3月下旬へ変更となりました。

  • 試験日:毎年3月上旬 (第32回:平成30年3月4日(日))
  • 合格発表:毎年3月下旬(第32回:平成30年3月30日(金))

試験科目・試験内容・試験時間

第30回試験より出題数が変更されました。

第31回管理栄養士国家試験

  科目 出題数 時間
午前
  • 社会・環境と健康
  • 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち
  • 食べ物と健康
  • 基礎栄養学
  • 応用栄養学
  •  
  • 17問
  • 27問
  • 25問
  • 14問
  • 16問
  • 計99問
2時間30分
午後
  • 栄養教育論
  • 臨床栄養学
  • 公衆栄養学
  • 給食経営管理論
  • 応用力試験
  •  
  • 15問
  • 28問
  • 18問
  • 20問
  • 20問
  • 計101問
2時間35分

第31回管理栄養士国家試験の出題形式について

第30回試験より、四肢択一型が新設されました。

全200問に占める割合
  誤肢選択型 五肢択二型 四肢択一型
第31回
(平成29年)
16.5% 12.5% 16.0%
第30回
(平成28年)
16.0% 16.5% 11.0%
第29回
(平成27年)
14.5% 6.0% なし
第28回
(平成26年)
11.5% 8.0% なし
第27回
(平成25年)
14.5% 6.0% なし

管理栄養士国家試験の合格基準

  合格基準 備考
第31回
(平成29年)
配点を1問1点とし、総合点120点/200点以上の者。  
第30回
(平成28年)
配点を1問1点とし、総合点119点/199点以上の者。 「午前 問10」は、「全員を正解として採点する」扱いにされました。
「午前 問60」は、「採点対象から除外する」扱いにされました。
第29回
(平成27年)
配点を1問1点とし、総合点120点(60%)以上の者。 「午前 問74」は、「全員を正解として採点する」扱いにされました。
第28回
(平成26年)
配点を1問1点とし、総合点120点(60%)以上の者。 「午前 問2」は、「(3)または(4)を選択したものを正解として採点する」扱いにされました。
「午後 問117」は、「(1)かつ(4)」または「(1)かつ(5)」または「(4)かつ(5)」を選択したものを正解として採点する扱いにされました。
第27回
(平成25年)
配点を1問1点とし、総合点60%以上の者。
(200点満点中120点以上の者)
 

合格者の内訳

第31回管理栄養士国家試験合格状況
区分 受験者数 合格者数 合格率
管理栄養士養成課程
(新卒)
9,425 8,704 92.4%
管理栄養士養成課程
(既卒)
1,918 353 18.4%
栄養士養成課程
(既卒)
8,129 1,565 19.3%

おすすめの予備校は東京アカデミーの管理栄養士

東京アカデミーの通学講座では、一流講師が直接教鞭をとる生講義で、迫力のある授業が展開されています。その授業は、DVDやWEB講義のような一方通行の講義でなく、生講座で、受講生の理解度を確認しながら講義が進められます。

また、授業で理解できなかったことがあれば、すぐに質問したり、授業の後で質問することができるため、毎日の授業で理解と実力を高めていくことが可能になります。

また、東京アカデミーの通信講座では、頻出テーマ・論点を分かりやすく解説したオリジナルテキストを使用し、出題頻度の高い分野を中心としたオリジナル演習課題(添削課題)を用いて、自宅等でもマイペースで学習することが可能です。

従って、東京アカデミーの通信講座は、学校や仕事等で勉強に時間がさけない方や、遠隔地に居住しているため、通学講座に通えない方には最適の講座としておすすめです。

以下に、東京アカデミーで学ぶことによって、見事に管理栄養士国家試験に合格した方の体験記を掲載してありますので、ご参考にしてください。

東京アカデミーの管理栄養士試験対策講座で合格した方の 口コミ(合格体験記)のご紹介

南方 早苗 さん(出身校:和洋女子大学家政学部健康栄養学科)

 仕事と育児をこなしながら合格するのは厳しいと思い、東京アカデミーを選びました。村田先生の授業で最近の出題傾向や、問題の解き方をわかりやすく繰り返し教えていただいたおかげで、本番は落ち着いて試験に臨むことができました。
大学の管理栄養士課程を卒業後十数年も経っていたため、新しく覚えることも多かったですが、限られた時間でも効率良く問題が解けるようになり、本試験では8割正解することができました。
残業で疲れてうまく勉強が進まない時もありましたが、授業の度にわかる問題が増え、一緒に頑張っている人がいるとモチベーションが上がりました。
合格できたのは東京アカデミーのおかげです。本当にありがとうございました。

花岡 久美子 さん(出身校:岡山学院大学)

 管理栄養士国家試験の対策方法について考えていたところ、看護師国家試験対策講座に通っていた友人から東京アカデミーの評判を聞きました。
講座説明を受け国試分析会に参加し、早速入会することにしました。
通学講座の先生方の解説は大変細やかでとても分かり易く、授業に気持ちが入り込み、集中して学習することができました。
テキストはメイン教材も夏期講習などの小冊子もとても整理されていて、本当に分かり易かったですし、使いやすかったと思います。
また、自習室を頻繁に活用し、授業で習ったことはしっかり理解し暗記できるように心掛けました。
その甲斐あって、現役合格を勝ち取ることができました。
本当に有難うございました。
これから管理栄養士国試合格を目指される皆さん是非頑張ってください。

小沢 凡峰 さん(出身校:武蔵野栄養専門学校)

 今回2度目の受験でした。1度目は他社の通信講座で独学しましたが、家で勉強するのが面倒になりそのまま受験して落ちました。
もう受験はするつもりはなかったのですが、友人の勧めで再度やってみようと思い決意しました。次こそは受かりたいと思い、独学は向いていなかったので、東京アカデミーの通学講座を選びました。
3月までに間に合うか不安でしたが、先生に「大丈夫だよ!」と応援してもらい最後まで頑張りました。
通学講座の良い所は、教科書に載っていない所を補足して先生が言ってくれる所と覚えるポイントを教えてもらう所と先生の応援です!
あきらめている方も通学なら、やる気も出るし、お勧めです。学費高いですがお金掛ける価値あります。

ヤフー知恵袋に、東京アカデミーで管理栄養士試験に合格した方の口コミが掲載されていましたので、ご紹介します。

私は、昨年東京アカデミーの日曜コースに通い合格できました。
私は始めユーキャンで勉強しようと思い、職場の先輩に相談しましたが、ユーキャンはやめておいた方がいいと言われました。
理由は、テキストが10冊もあって内容にも誤りが多く、その正誤表を整理するだけでも煩わしいこと。
それと学校がないので、質問や受験相談を直接先生に聞くことができないので、とても不便だったことらしいです。
その点、東京アカデミーは3冊のテキストにポイントが分かりやすくまとめられていて、図表も多く載っているので、視覚的にも理解しやすかったです。
授業も全ての科目を生講義で教えてくれ、質問や相談にも納得のいくまで丁寧に対応してくれるところもとても良かったです。
管理栄養士の国家試験は幅広い範囲から出題されますが、ポイントをしっかり押さえれば大丈夫ですよ。頑張ってくださいね!

東京アカデミーの管理栄養士試験対策講座の詳細

東京アカデミーの管理栄養士試験対策講座の詳細については、このサイトの別ページにまとめてあります。>> 東京アカデミーの管理栄養士試験対策講座について

気になる受講料や、管理栄養士試験の受験資格や、管理栄養士試験の試験内容について詳細に説明してありますので、ご覧ください。

なお、東京アカデミーの管理栄養士講座の詳細に関しては、資料請求をすることによって最新の情報を知ることができます。また、東京アカデミーの学費や受講の申込書は資料請求をして送られてくるパンフレットが必要になります。

  東京アカデミーに資料請求する理由

東京アカデミーの学費を知るためにサイトを色々調べると、通信講座の学費はすぐ見つかるのに、通学講座の学費はなかなか見つかりません。

その理由は、通学講座の学費は、校舎別又はエリア別に講座が設けられているため、学費や受講料等の費用を調べるには、資料請求をして校舎別に編集されているパンフレットで確かめるしかないからです。

また、東京アカデミーに受講の申し込みをする際に必要な「受講申込書」も、資料請求をして送られてくるパンフレットに掲載されています。

ですので、東京アカデミーの学費や受講料を詳細に知るには、東京アカデミーのホームページから、資料請求をする必要があります。

※ 東京アカデミーの資料請求は、こちら↓の公式サイトから可能です。

資料請求は >> 東京アカデミーの公式サイトで