本文へスキップ

東京アカデミーの生講義で合格!通信講座もあり!

あなたが資格を取るための予備校・専門学校

東京アカデミーの生講義で合格しよう!校舎が遠い場合は通信講座もあります!

東京アカデミーに資料請求をして、生講義を検討しよう!

東京アカデミーの生講義

東京アカデミーの特徴は、なんといっても「生講義」です。

生講義を受講するには、自宅から離れた最寄りの校舎に通うという行動が必要になります。しかし、あなたが、東京アカデミーの所定の校舎まで遠くて毎日通うのが大変だったり、病気がちだったり、他の学業やアルバイト等で忙しかったりすると、どうでしょうか? 生講義が、相当負担になるのではないでしょうか。

このページで、東京アカデミーの「生講義」について、その利点や欠点について検討してみましょう。

東京アカデミーの生講義の利点

東京アカデミーの生講義の特徴について要約すると、

1)一人一人の表情から理解度を読み取ることができる

講義を行った講師は、対面で受講生の反応を感じながら授業を進めています。ですので、受講生が、言葉では「分かった」と言っても、本当に理解できているのかどうかは、表情を見れば一目瞭然で解ります。DVDやWeb講座なら、一方通行で講義が進んでいきますが、そんなとき、講師は、生徒がより理解できるように、理解度に合わせて、講義を進めていくことができます。

2)クラス全体が一体となる授業のリズムができる!

講師と生徒が対面して講義をおこなう生講義では、適度な緊張感が生まれるため、理解に対する集中力が高まり、理解力の向上にも有益となります。

また、時には、講師がユーモアを交えて受講生の緊張を和らげることもでき、講義スピードをコントロールすることができます。このようなことは、講師と生徒が対面して講義を行う生講義ならではのことです。

3)教師の熱意が生徒に伝わってモチベーションが上がる!

東京アカデミーでは、全国の校舎で黒板を使用した生講義を行っています。このため、講師の熱意は受講生にそのまま伝わり、受講生は講師の熱意を受け止めて、合格へのモチベーションが高まるという相乗効果が生まれるというわけです。このような板書の熱意とリズムが生講義の真髄となって、東京アカデミーの合格率を高める要因となっています。

東京アカデミーのここが良かった!合格者の口コミ

山田 恵さん 裁判所職員合格

(東京アカデミーの公式サイトから抜粋)

アカデミーには苦手科目や授業での疑問がある人にも納得ができるまで親切丁寧に対応してくださる講師の方々や、各種試験情報を提供してくださる教務スタッフの方々、同じ目標を持つ仲間でありライバルが常にそばにいます。こうした様々な存在が励みや刺激となり、自身のレベルアップにつながりました。

東京アカデミーOBの市役所職員です。

(ヤフー知恵袋から抜粋)

本当に100%生講義の予備校って、東アカ以外にあるのかな?
生講義がメインでも、結局一部はDVDやwebというところも多んじゃない?
DVDやwebは、都合の良いときに繰り返し見られるという点が長所でしょう。しかし、休み時間などに質問したりできない。こちらが「分からない」オーラを出しても、講義は先に進んでいく(笑)。
生講義は、できるだけ欠席しないために、生活における予備校講義出席の優先順位を高くしないといけない。そこが、少し大変。でも、僕は、まずは受験に成功することが、その時点での人生の最大目標だったので、そういう生活が当然だと思ってた。
で、生講義は、こちらが「分からない」オーラを出していると、講義の内容を調整(説明の仕方を変えたり、ペースを変えたり)してくれた。
学習効果上、DVDやwebが生講義より上であるなら、予備校以外の教育でも(公教育も含め)すべて映像講義に置き換わるでしょう。そんなことありえると思う?僕は無いと思う。
映像講義をいつでも見られるというのは一見親切だけど、受講生の自己責任に下駄を預けているだけと思う。

東京アカデミーの生講義の欠点

東京アカデミーの生講義は、DVDやWeb講座をいっさい使わず、教室の対面で授業が進むのが特徴ですが、この生講義の良さはすべての受講生に利点となるものではありません。

というのは、コンスタントに通学できるなら良いのですが、高校生でクラブ活動がある、アルバイトがある、仕事が忙しい、病気がちで欠席するおそれがある、通学するのに時間がかかる等、色々な問題点があり、高い学費を払ったのに通学ができないことが多くなると学費がもったいないということになるかもしれません。

このように、通学の時間を勉強に充てるほうが価値的だったり、最初から距離的、時間的に通学は無理という方もいると思います。

さらに、生講義は、解らないところはすぐに質問ができる、または講義が終了したときに直接質問ができるという利点もありますが、受講生よっては、このように講師に直接、質問をするのが苦手な人もいるでしょうし、そのような形での質問は面倒だと感じる場合もあります。

東京アカデミーの通信講座も好評です!

そんなことを考慮すると、通学講座にこだわるのではなく、通信講座を選択肢に入れることも有益です。通信講座は、生講義が苦手な人だけではなく、生講義で受講したくても、校舎に通えない人にもおすすめだからです。

それに、通信講座の学費(受講料)は、通学講座の授業料の三分の1程度と言うように、通信講座は学費の面でも大変安価に設定されています。

>> 東京アカデミーの通信講座の学費は

なお、通学講座には通学講座の利点、通信講座には通信講座の利点がありますので、はやり資料請求で送られてくるパンフレットを見て、どちらにするかを検討されるのが賢明です。

>> 東京アカデミーの通信講座 資料請求・申込方法

東京アカデミーに資料請求をする理由

東京アカデミーに資料請求をおすすめするのは、次のような理由があります。

1)東京アカデミーの講座は、様々なコースがあって、ネットだけで把握するのは困難だからです。

2)東京アカデミーに受講の申込みをするとき、資料請求をして郵送されるパンフレットに添付された受講申込書が必要です。

3)東京アカデミーの詳細な学費を知るときも、資料請求が必要です!

東京アカデミーに資料請求をする方法については、こちらのページに詳細に説明してあります。

また、東京アカデミーに資料請求をした後に勧誘があるかどうかについても説明してあります。

>> 東京アカデミーに資料請求する方法


【関連ページ】

東京アカデミーの生講義の結果は合格率の高さに表れています。
下記は、2016年の公務員試験の合格実績です。

2016年の公務員試験の合格実績