本文へスキップ

消防官採用試験の2次試験(人物試験・面接試験)で合格できない理由

あなたが資格を取るための予備校・専門学校

消防官採用試験になぜ合格できない?

消防官採用試験で、2次試験に合格できない理由

消防官(消防士と同義)採用試験に最終合格するには、1次試験に合格するだけではなく、2次試験(面接試験)に合格する必要があります。

これは、当然ですが、1次試験に合格するのに、2次試験の面接で何度も不合格になる場合、これは、どうしてでしょうか?

2次試験で不合格になる主な原因をあげると・・・

まず、第一に2次試験の重要性を軽視していることです。

2次試験は別名、人物試験といわれるように、消防官の職務を遂行できるかどうか、その人格を備えているかどうかについて、面接試験で徹底的に問われることになります。

次に、2次試験で不合格になる人は、1次試験に備えて筆記試験対策ばかりしている傾向にあります。

また、2次試験の重要性を知っているが、実際の面接練習をせずに机上の情報ばかり集めて、実際の面接試験でうまく答えることができないこともあります。

では、どうすれば、消防士採用試験の2次試験に合格することが出るのでしょうか?

2次試験を攻略するには、どうすればよいのでしょうか?

その答えは、公務員試験の面接に強い予備校を選んで、バッチリ対策をする!

これしかないでしょう!

そのための、おすすめ予備校としては、東京アカデミーです。

東京アカデミーは、特に地方公務員に強い予備校として有名です。また、同様に、消防官採用試験にも強い予備校として定評があります。

>>消防士になるには(年齢制限・身長制限・受験資格は?)

さらに、東京アカデミーに通学したいが、通える距離に校舎がない場合や、通信教育で勉強をしたい方には、東京アカデミーの通信講座もおすすめです。

>>東京アカデミーの消防官試験対策はこちらをご覧ください

web通信講座で通信教育を受けたい場合は?

ところで、上記の東京アカデミーの通信講座は、テキストが中心で、Web通信やDVDを利用して学習を進めるというタイプではありません。

ですので、スマホやパソコンを使用して通信教育を受けたい場合は、どこがおすすめかというと、web通信講座のクレアールです。

なぜクレアールを紹介するか?と言えば、クレアールは、全ての講座がweb通信講座で構成されているにもかかわらず、面接試験を非常に重要視しているからです。

web通信講座のクレアールでは、いわばweb講座の弱点ともいえる面接試験だからこそ、その対策に全力を注いでいます。

その証拠に、クレアールのサイトでは、1ページをまるまる「面接対策」のページに使っています↓↓これがそのページです。

クレアール 面接対策

上記の面接対策ページの冒頭では、次のように述べています。
(クレアールの面接対策に対するポリシーについて)

通信講座で公務員試験の対策を立てる際に最も気がかりな点は、面接対策のことではないでしょうか。
クレアールは通信講座だからこそ、校舎に足を運ぶことができない方でも自信を持って本番に臨める面接対策を行います。
「早い時期から実践的な対策を立てられること」
「すべての受講生に格差なく高水準の面接ノウハウを学んでいただけること」
「一人ひとりに合った個別指導ができること」
をコンセプトとしていますので、面接試験に対する不安を取り除くことができます。

クレアールでは、面接対策のコンテンツもしっかりしており、自己PRから、自治体研究プレゼン能力の高め方まで、充実した内容になっています。

消防官採用試験の面接に自信がない!心配!という方に、クレアールはオススメです。

また、クレアールは、通学よりも通信のほうが効率的(予備校に通学する時代は終わりました!webを利用して、スマホやパソコンで授業を受けましょう!)という主張を持っていて、面接試験対策だけではなく、学費が非常に安い、テキストの内容が良い、webの映像・音声の質が良い、さらに最大2倍速で視聴できる等の利点を持っています。

なお、2倍速視聴は、1倍速から2倍速の間で調整ができ、時間がない時の反復学習には最適です。2倍速なら、半分の時間ですみますからね。

こちらに、クレアールの公務員対策講座の総合ガイダンスがあります。

これは、公務員試験の全体を理解するのにも参考になると思います。

また、クレアールでは、公式サイトから資料請求すれば、無料で資料を送ってくれますので、最近の主流となっているWeb通信講座についても知っておいたほうが良いと思います。

公式ページ>>「クレアールの面接対策」のページが開きます

↓↓↓

クレアール 公式サイト 資料請求