本文へスキップ

警察官採用試験の2次試験(人物試験) 合格できない理由

あなたが資格を取るための予備校・専門学校

警察官採用試験の2次試験(人物試験)で合格できない理由とは?

東京アカデミー 警察官 コース 警察官採用試験で、2次試験に合格できない理由

警察官採用試験

警察官採用試験に最終合格するには、1次試験に合格するだけではなく、2次試験に合格する必要があります。これは、当然ですが、1次試験に合格するのに、2次試験で何度も不合格になる受験生がいます。

元人事採用警察官の記事に、このような内容の手記がありました。

警察官志望者の多くは、2次面接に関して知識と経験が不十分です。
その結果、確実に警察官採用試験合否に影響を及ぼしています。
普段の生活の中で、言いたい事を十分に言えるのに、面接で言葉に詰まってしまう人がいるのはなぜでしょうか。
予め予想できる質問にすら、ろれつが回らないほど緊張して記憶すら飛んでしまうのは一体、なぜなのでしょうか。・・・

2次試験で不合格になる主な原因をあげると・・・

まず、第一に2次試験の重要性を軽視していることです。

ほとんどの都道府県警察官採用試験では、1次試験の筆記試験よりも2次試験の面接を重視している傾向にあります。2次試験は別名、人物試験といわれるように、警察官の職務を遂行できるかどうか、その人格を備えているかどうかについて、面接試験で徹底的に問われることになります。

次に、2次試験で不合格になる人は、1次試験に備えて筆記試験対策ばかりしている傾向にあります。

また、2次試験の重要性を知っているが、実際の面接練習をせずに机上の情報ばかり集めて、実際の面接試験でうまく答えることができないこともあります。

他にも、様々な原因があげられると思いますが、東京アカデミーでは、上記のような2次試験の重要性に鑑みて、徹底した面接練習を繰り返すことにより、非常に多くの合格者を輩出しています。

それでは、東京アカデミーの2次試験対策は、どのように行なわれているのでしょうか。

>> 警察官採用試験の面接で何を聞かれるのか、具体的に知っておきましょう!