本文へスキップ

準看護師になる方法 准看護師養成所 高等学校衛生看護科

準看護師になる2つの方法

准看護師を取得した県以外で就職することは可能です

準看護師になる2つの方法(准看護師養成所に入学するか、高等学校衛生看護科に入学するかの2つの方法)

准看護師になる方法

准看護師になるには、
准看護師試験の受験資格を取得し
→都道府県知事の行う准看護師試験に合格する!

准看護師試験を受験する前提として准看護師の試験資格を取得する必要があります。

  • 准看護師の試験資格を取得する方法には、
  • 中学校又は高校を卒業した後、
  • 1)准看護師養成所に入学するか(2年で卒業)、
  • 2)高等学校衛生看護科(3年制と定時制4年がある)に入学する
  • という2つの方法があります。

いずれも、准看護師養成所か高等学校衛生看護科を卒業するか、又は卒業見込みであれば、准看護師試験を受験できます。

なお、准看護士試験は各都道府県が実施します。この准看護士試験に合格した後、免許申請手続きを行うことで、各都道府県知事が准看護士資格を認定するという流れになります。

  • この流れを整理すると、
  • 1)中学校又は高校を卒業する
  • 2)准看護師養成所に入学するか、高等学校衛生看護科に入学する
  • 3)准看護師養成所又は高等学校衛生看護科を卒業(又は卒業見込み)で准看護師試験の受験資格が得られる
  • 2)准看護師試験を受験する
  • 3)准看護師試験に合格後に、免許手続きを申請する
  • 4)各都道府県知事から准看護士資格が認定される
  • ということになります。

准看護師になるための流れを図表化で、まとめると

准看護師になるための流れを簡潔に図表化すると、以下の通りになります。

※ 以下、 上記の図表を説明します↓

1・2)中学校又は高校を卒業した後、1.准看護師養成所、又は2.高等学校衛生看護科に入学します

受験資格が中学校卒業であるたため、入試レベルも中卒程度に設定されています。
入試科目は学校により異なるため、受験を希望の学校で何を出題されているのか募集要項等で確認する必要があります。

※なお、主に「国語・作文・数学・社会・理科・英語」などの中から2科目〜3科目程度の出題が多いようです。

3)都道府県が実施する准看護師試験を受験

受験する会場の受験要綱(試験日・会場・書類提出期限や必要書類・手数料・提出先)等を確認するようにしましょう。准看護師試験日が県によって異なる場合、複数県を受験することもできます。

准看護師試験は、下記の科目から150問出題されます。

  • ・人体の仕組みと働き
  • ・食生活と栄養
  • ・薬物と看護
  • ・疾病の成り立ち
  • ・感染と予防
  • ・看護と倫理
  • ・患者の心理
  • ・保健医療福祉の仕組み
  • ・看護と法律
  • ・基礎看護
  • ・成人看護
  • ・老年看護
  • ・母子看護及び精神看護

4)准看護師試験合格後の免許申請手続き

合格後は、速やかに免許申請手続きを行うようにしましょう。申請後から免許証発行まで数か月かかることもあるたため、免許申請手続きは速く申し込みをしましょう。 なお、免許申請手続きは住民票による住所地の都道府県知事に申請する必要があります。

准看護師資格は、上記の申し込み後に都道府県知事によって免許が交付されます。

准看護師資格の試験日は?

准看護師資格の試験日は、毎年、1月~2月になっています。

試験日は年度や各都道府県で異なるため、詳細は受験される学校に問い合わせてください。また、各都道府県からの発表をインターネットで、「○○県 准看護師 試験日」等のキーワードで調べると、過去に出題された問題や回答まで分かります。

准看護師の仕事の内容は?

准看護師の仕事内容

准看護師とは、医師・歯科医師・看護師の指示のもと、診療の補助や療養上の世話をする仕事ですが、仕事内容は実質的に看護師と同じです。
体力や精神力を求められ、勤務体制によっては夜勤もあるので大変ですが、人の役に立てるとてもやりがいのある仕事です。

准看護師の仕事内容は、医師や看護師の指示で診療の補助や療養上の世話をすることです。具体的には、注射や点滴を行ったり、歩行介助や清拭・排泄介助など患者さんの身の回りの世話をしたりします。

勤務体制によっては夜勤もあり、体力や精神力も必要となり大変ですが、患者さんや家族の方たちに喜ばれる尊い仕事です。

准看護師の収入は?

准看護師の収入

准看護師は、看護師に比べて収入は低くなります。

  •  その金額は、概ね
  • ・准看護師の平均年収入 400万円ぐらい
  • ・看護師の平均年収   470万円ぐらい

准看護師と看護師とでは年収がかなり違うため、看護師を目指す人が多いのは、このような収入面での違いも理由の1つとなっているようです。

准看護師を取得した県以外で、准看護師として就職することは可能ですか?

その答えとして、准看護師を取得した県以外で、准看護師として就職することは可能です。

なお、看護師は厚生労働省の国家資格であるのに対して、准看護師は都道府県知事免許です。この違いがあり、准看護師免許を取得した都道府県以外で、准看護師として就職することはだめなのではないか、と疑問に思っている方もいるようです。

しかし、准看護師を取得すれば、その資格は、日本全国で有効です。従って、准看護師を取得した県以外で、准看護師として就職することは可能です。

※なお、このサイトでは、准看護師になる方法と看護師になる方法をまとめてありますので、ご参考にしてください。

>>看護師になる方法と准看護師になる方法

最近の准看護士事情について

最近、准看護師の年齢層が上がっています。

なぜ、准看護師の年齢層が高いのかというと、正看護師を目指す学生が増えたからだと言われています。

かつて、准看護師は人気の職業でした。それは、高校に進学しなくても、中学を卒業した後、すぐに養成学校に入って准看護師になることができたからです。

しかし、最近では、看護師になる場合、高校を卒業した後に看護学校や大学の看護科に進無ことによって、正看護師を目指すルートを取ることが一般的になりました。

そのような理由で、准看護師を目指す学生が大幅に減少し、その分准看護師の年齢層が上がったという訳です。

一方、日本看護協会は准看護師を廃止して、看護師と一本化しようという提案をしています。そのため、准看護師養成学校も減少する傾向にあります。

ところが最近、准看護士の人気が復活している傾向にあります!

上記の通り、准看護師の廃止論に伴い、准看護師の養成学校が減少傾向にあります。その結果、最近では准看護師の数が減ってきているはずですが、そうではないという実情があります。

その理由は、30代〜40代の女性が准看護師を取得するケースが増えているからです。というのは、准看護師は正看護師よりも資格の取得までにかかる期間が短く、学費が安いという理由があるからです。

ですので、かつて看護師になりたかった方や安定した職業につきたい方が、比較的簡単に取れる准看護師の資格をとって、病院に勤務する仕事を得ようとしているからです。

また、准看護師は正看護師へとステップアップすることができますので、まず准看護師になって、その後、正看護師の資格を取ると計画している方も増えてきています。というのは、看護師という職業には定年退職がなく、また人の命を救うという尊い社会的使命もあるため、30代〜40代から准看護師を取得しても決して遅くはないからです。

そんな准看護士になる方法については、別ページに詳細にまとめてありますのでご覧ください。>>看護師になるには?まず、准看護士になる!