本文へスキップ

女性消防士の身長・体重・握力等の身体的制限

あなたが資格を取るための予備校・専門学校

消防士になるには|女性消防士の身長・体重・握力等の身体的制限

女性消防士を志望していますが、身長制限など心配です!

女性消防士の身体的資格は?

女性が消防官採用試験を受験する場合、基本的には男性と同じ流れで受験をすることになります。

従って、消防官採用試験を受験する男性と同様に、女性の場合にも受験資格が設けられています。この受験資格は、試験を実施する自治体によって異なり、身長制限や体重制限、視力などの規定があります。

消防士採用試験を受験すると決めてから、受験資格を満たしていなかったということが無いように、事前にしっかりと調べておく必要があります。

下記に、身長制限や、その他の制限をまとめました。

消防官採用試験の身体的資格

身長:女性155cm以上
体重:女性45Kg以上
胸囲:身長のおよそ半分以上
握力:女性30Kg以上
聴力:正常
肺活量:3000cc以上
視力:裸眼視力0.3以上かつ色覚が正常 (左右ともに矯正視力1.0以上)

これらの資格は、自治体によって多少の違いがあるようですので、希望する自治体の受験資格を調べる必要があります。例として>>東京消防庁公務員試験総合ガイド

女性の場合の体力試験

体力試験は、男女一緒に行うところがほとんどで、女性だけ特別に行うということはないとのこと。体力試験は、握力や腹筋、反復横とび、シャトルランなどの基礎的な内容となっています。

従って、抜群の体力があれば採用試験に有利となるでしょうが、大事なことは、消防学校に入校してから体力的についていけるか?そのための体力試験となっています。

消防官採用試験に合格した後は、消防学校に入校し、約半年間、消防活動に必要な知識や体力を身に付けます。このとき、訓練は男女とも同じ内容で行われます。女性だから、訓練を甘くしてくれるということはありませんので、女性にとってかなり厳しい訓練を経ることになります。しかし、厳しい訓練を乗り越えない限り、一人前の消防士になることはできませんので、ここが頑張りどころです。

※ こちらに年齢制限や身長制限についてまとめてあります >>消防士になるには


【関連記事】

女性の消防士採用試験について知っておくべきことは?

消防士と聞くと、どうしても男性の集団のようなイメージがありますが、最近では女性消防士も少しずつ増えています。

また、消防庁の方針として、消防職員に占める女性の割合を増加する傾向にありますので、今後はさらに女性の消防士が増えることが見込まれています。

例えば、日本経済新聞にはつぎのような記事が載せられていました。

(2015年7月30日の日本経済新聞の記事)

総務省消防庁は30日までに、全国の消防職員に占める女性の割合を、現在の2.4%から2026年4月までに5%に引き上げる数値目標を初めて定め、各市町村の消防本部に女性職員の増員などを要請した。警察官の8.1%、自衛官の5.7%より低い現状を改善し、女性活用を進める。
 消防庁の調査によると、4月1日時点で全国の女性消防職員は3875人。女性がゼロの本部は38%の288に上り、うち19は「女性は採用しない方針」と回答するなど、女性増員に消極的な本部もあった。
 このため、消防庁は、各市町村の消防本部は毎年の女性採用数を2〜2.5倍に増やし10年間で比率を倍増させるとともに、300人規模の本部は現在の比率にかかわらず5%に引き上げるよう要請。女性がゼロの本部は早期の解消と、可能な限り2人以上の採用を求めた。
 女性用の浴室やトイレ、仮眠室など当直勤務のための施設の整備を進める。受験資格に身長や体重などの身体的条件がある場合は、妥当かどうかを見直すべきだとしている。
 消防庁は「体力勝負と思われがちだが、防災指導や指令など女性が活躍できる仕事もたくさんあるので、ぜひ応募してほしい」としている。

このように、女性の消防士を増加させることの意義は、次のような趣旨によるものです。総務省消防庁の報道資料に「増やそう女性消防吏員」という記事があります。

※ 詳細を知りたい方はこちらに>> 増やそう女性消防吏員 - 総務省消防庁

増やそう女性消防吏員

女性消防吏員を増加させることの意義

上記の総務省消防庁の報道資料「増やそう女性消防吏員」の内容をまとめると次のような趣旨となります。

従来から消防は男性の職場であり、消防の現場では鍛え抜かれた体力、技術によって命がけで活動する必要がある。このため、消防の職務では、男性が圧倒的多数を占める現状は全く問題ではないというのが、これまでの多くの消防本部の考え方であったようです。

しかし、消防の業務は消防現場で消火活動にあたることだけではなく、防災力の低下が懸念される中、多様化・大規模化する災害に的確に対応するためには、これまで以上に地域防災力を発揮していかなければならない。

この地域防災力が発揮される地域社会では女性の活動が半分を占めており、より多くの女性が参画、活躍することで、消防・防災体制の向上に寄与することが期待されている、というものです。

女性消防士の職務内容の現状と将来?

女性の場合、男性とは身体的に異なるため、消火活動や救助活動の第一線で働く女性消防士の数はまだまだ多くありません。そのため、消防署内の予防部で避難訓練の指導をしたり、防災の広報活動に携わったりと、デスクワークに就くケースがやはり圧倒的に多く見られるようです。

しかし、もちろん現場に出動する女性消防士もいます。本人の熱意や体力、努力次第でデスクワーク以外の業務に携わることは十分に可能です。


参考 >> 消防士になるには?受験資格・年齢制限・おすすめ予備校.etc