本文へスキップ

女性が公務員になるには?

女性が公務員になるには?

 

女性が公務員になるには?公務員の福利厚生は?

女性が公務員になるには?公務員の福利厚生は魅力的!

女性の出産、育児休暇、職場復帰は?

現在民間の企業でも女性が出産しても、 また復職できるように支援する会社が増えています。

しかし、実際には、そんな会社は、少数の大企業に過ぎません。 日本の実情は、ご存知のとおり、多くの中小企業が結婚や出産によって、女性が 退職をしなくてはならないというのが慣例です。

ところが公務員の場合は、 育児休暇として最大3年を取ることができます。さらに、3 年後に、職場に復帰することができます。しかも、公務員の場合、国がこのような育児休暇を進めているのですから、民間企業の模範となるべく、大手を振って育児休暇、職場復帰ができるのです。

公務員が休暇をとる場合は?

例えば、病気の時には、休暇に対しての福利厚生が威力を発揮します。

病気になって、長期間、会社を休むことになった場合、民間企業はそのあいだの給料を全額支給してくれるとは限りません。

そのうえ、退院後、自分が戻る席がないかもしれません。

しかし、公務員は、病気の場合の休暇でも、きちんと給与が出て、 職場にもスムーズに復帰するすることができるのですから、すばらしいですね。

また、公務員には官舎・公舎の制度があり、格安で住居を確保することも可能です。さらに、 マイホームを購入する際には、住宅補助手当なども支給されます。

公務員の最大のメリットのひとつは、転勤がないこと

大企業や銀行などは、転勤で全国を転々とすることが当たり前のシステムになっていますが、公務員には基本的に転勤がありません。

ですから、子供の学校を変えたり、生活環境を変えたりすることなく、一所でじっくりと腰を据えて過ごすことが できるのも、公務員のメリットです。

公務員は会社倒産の心配がなく、一生安心!

それに、なんといっても公務員は会社が潰れるということがありません。

一般企業では、がんばってもがんばっても、会社がつぶれればそれでおしまい。

しかし、公務員はそんなことはありませんから、安心して、結婚や子育ての計画が立てられます。

公務員は会社倒産のリスクがないところが最も大きいメリットかもしれません。

公務員になるための条件?

福祉の面でも一生安泰な公務員になるための条件は、まず、公務員試験に合格することです。

でも、試験は苦手という方!

それだけで、公務員になる希望をすてる必要はありません。

効率よく勉強することによって、公務員試験合格の目標に到達することが可能です。

そのための手段として、試験のプロ集団である予備校に行くのもよいことだと思いますが、どの予備校がよいかわらない、という方にお勧めの予備校が、東京アカデミーです。略して「東アカ」は、公務員試験の合格率ナンバーワンの予備校ですから。

詳しい資料はこちらから無料で請求できます >>>東京アカデミー


参考 >> 消防士になるには?受験資格・年齢制限・身体的条件・おすすめ予備校.etc