本文へスキップ

正看護師と准看護士・年齢・収入等について

正看護師と准看護士・年齢・収入等について

私の年齢で看護師になれますか?看護師の年齢制限は?

看護師 看護師試験

看護師の職業で転職する場合、年齢が不利になりますか?

これは、実際に転職する場合の不安要素ですね。でも、大切なのは、看護師としてのスキルです。転職した看護師になにを求めるかというと、やはり、即戦力でしょう。即戦力のスキルが欲しいからこそ、ベテランの看護師を受け入れるわけですから、これは当然ですね。

どの病院でも、優れた看護師が不足していますから、新人の看護師よりもスキルを持った看護師を求めています。看護師に転職するのは年齢を問わず可能です。ですので、自分のキャリアをアピールすれば、転職活動もきっとうまくいくはずです。

スキルがあって、謙虚であれば、新しい職場でもすぐに即戦力を発揮し、頼られる存在になります。一番いけないのは、スキルを自慢することです。スキルを自慢すれば、嫌われます。新しい職場で一番大事なことは人に好かれることです。

なお、看護師として転職すると、自分よりも年下の看護師が先輩になることもあるという実情を覚悟しておきましょう。

ところで、看護師には正看護師と准看護師とがあります。

ご存知だとは思いますが、正看護師と准看護師の違いについて整理をしておきましょう。

正看護師は、いわゆる看護師と呼ばれる資格ですが、この正看護師は国家試験に合格することで厚生労働大臣の名前で与えられる「国家資格免許」です。これに対して准看護師は、都道府県免許であり、都道府県知事の名前で与えられます。

正看護師と看護師の職務に関してはそれ程の違いはありませんが、正看護師は自らの判断によって看護を行うことができます。これに対して、准看護師は医師または正看護師の指示に従って看護をすることになります。

准看護士の給料は?

給料は、正看護師に比べると准看護師の方が安いのが一般的です。

ただし、経験年数が浅い内はさほど大きな差はありませんが、正看護師は師長や管理職に就く昇格の可能性があるため、平均収入では差が開いていくことになります。

現状として、准看護師の需要は高い!

准看護師を求める職場が意外と多いのはなぜでしょうか?

それは、人件費が安くすむからです。というと、はやり准看護士のほうの給料が安いということの裏付けになりますが、准看護師であっても医師や看護師の指示があれば正看護師と同じ看護をすることが可能ですから、小さな医院やクリニックなどでは、人件費の高い正看護師よりも准看護師を望むことも少ないからです。

これは、准看護士にとってデメリットかもしれません。というのは、正看護師と同じ看護をしているのに、准看護士の給料しかもらえないからです。

しかし、大病院では、准看護士であるため、夜勤や深夜勤務だけではなく、残業や休日出勤も覚悟しなければならないの現状です。そのため、多くの看護師さんが小さな医院やクリニックへの転職を希望します。病床のない小さな医院の場合、夜勤もありませんし、外来の時間のみの仕事で残業も少ないため、そのような生活スタイルを望む准看護師さんにとっては、メリットにもなります。

准看護師は一般女性に比べるとやはり高収入!

なお上記で、給料は准看護師の方が安いと述べましたが、一般女性に比べると、やはり高収入で、就職率も安定しており、今後は、高齢化社会に伴い引く手あまたの高い需要を確保できるため、比較的安定した収入を得ることも可能です。

看護師専門の転職サイトで仕事を探すこともできます

看護師の資格を取ったら、ハローワークの看護協会に登録することもできますが、看護師の求人専門サイトを登録するのも、よい方法です。

なぜかというと、看護協会の場合、登録している施設が転職対象となりますが、専門サイトなら、それ以外の求人先も見つけることができるからです。

また、転職サイトの場合、専門のアドバイザーがアドバイスをしてくれることもありますので、転職の際の心強いアドバイザーとなります。今よりも自分に合っている、働きやすい環境を見つけるためには、このような転職サイトを利用すれば、思わず可能性が広がるかもしれません。なお、転職サイトは、たいてい無料でやっていますので、金銭的な負担も一切不要です。


【関連記事】

ヤフー知恵袋の「気になる質問」と、知っておきたい回答

ヤフー知恵袋に「正看護師試験って、なんであんなに簡単なんですか?」という質問がありました。

その質問の内容は、

<質問>

正看護師になるには国家資格の取得が必要ですが、その国家試験ですが、3年間学校で学べば、誰でも合格しますよね。だって「合格率98%」ですよ。
逆に落ちる方が難しですよね。名前は国家試験ですが、落とすための試験ではなく、合格させる為の試験ですか?

<回答>

私の受験年度時は合格率90%の年です。それでも合格率高い!と思われるでしょうが、看護師国家試験の受験資格は、まず何倍か何十倍かの看護系学校の入試に合格後、大変な猛勉強・詰め込みカリキュラムをこなせて試験や実習にパスし留年しなかった人のみがようやく受験の「資格」のみ得られるのです。
仰る通り、落とすための試験ではなく、落とすための試験はもう在学時にふるい分けられており、合格できる実力を備えた人がそこまでいける、と言えば近いかと思います。
それと、現役で合格しなかった人や、准看護師経験が長く学業から離れていた人達の合格率は9割を余裕で切ります。
あと、医師や理学療法士、薬剤師なども合格率はかなり高く、こちらも9割前後はあるはずです。理由は同じです。