本文へスキップ

教員採用試験 勉強方法 現役 合格

教員採用試験に合格する勉強方法

教員採用試験に短期で合格するための条件

教員採用試験に現役で合格する勉強方法は?

教員採用試験 勉強方法

教員採用試験に合格したい。しかも、確実に合格したい。このような願望をお持ちの方は大変多いと思います。

そのように教員採用試験に確実に合格するための条件とは、なんでしょうか?

次の、合格体験記をお読みください。これは、東京アカデミーに通学を始めて、教員採用試験に合格した人の体験記です。(東京アカデミーの「合格者の声」からの抜粋です)

■私は、これまでに教員採用試験を2度受験していたが、共に一次試験不合格で、採用試験の勉強を集中的にしたことはなかった。勉強に身が入らなかった原因の ひとつに「膨大な問題出題範囲」という壁があり、どれから手をつけていいか分からず勉強が進まずにいた。東京アカデミーに4月から入会し、充実した資料と 勉強方法を学ぶことができた。

また、次のような体験記もあります。(東京アカデミーの「合格者の声」からの抜粋です)

■ 私は今回で4回目の受験でした。これまでは全て1次試験で不合格。これではいつまでも合格できないと危機感を感じ、昨年不合格だった際、東京アカデミーでの受講を決めました。 いざ授業を受け始めると、今まで自己流で勉強していたので、曖昧だったところが本当にわかりやすく詳しく説明されるため、きちんと頭に入ってきました。

上の二つの合格体験記は、教員採用試験に何度も落ちて、結局、東京アカデミーに入って合格するに至っています。

他の合格者の口コミ>>東京アカデミーの受講生 教員採用試験

これらの体験記から知り得ることは、教員採用試験の勉強範囲が膨大であるため、何を勉強してよいのかわからず、迷いながら無駄な時間をすごしていたことです。


教員採用試験に現役または確実に合格するには、教材や勉強方法を絞り込むことがポイントです。

教職教養・一般教養の勉強法について

教職教養の勉強法

テキストに使用する参考書や問題集で基本知識の習得を…

テキストに使用する参考書は、東京アカデミーのオープンセサミシリーズ(全2冊)がおすすめです。

併せて、オープンセサミシリーズの問題集を購入し、テキストの進行に応じて演習をすることで、要点の把握と知識の確認が効率よくできます。

このようなテキストや演習を通して基本知識を習得することで、教職教養の全体像を把握しながら、教職教養だけではなく、面接や論作文にも役立つ知識を習得しましょう。

自治体の過去問で問題の傾向を知る…

次に、受験を希望する自治体の過去問を購入しましょう。これは、Amazon等で調べると、協同出版から各自治体の過去問が数多く出版されています。

このような過去問を見ることで、実際に出題された問題の傾向を知り、上記の教材と対比することが大切です。そのため、過去問を解いた後は必ずテキストで確認し、該当箇所に印をつけるなどして、複数出題された箇所や出題の傾向等を把握します。そして、さらに過去問の傾向を踏まえて重要事項を中心に復習をしましょう。

教育時事・答申の勉強法

この教育時事・答申に関するテキストは、協同出版の「教育時事・答申完全攻略 (教員採用試験完全攻略シリーズ)」がおすすめです。この本はわかりやすい内容になっており、教材同様に傍において勉強するようにしましょう。

一般教養の勉強法

一般教養に関しては、傾向と対策を分析することが大切です。

そのために、まず最初に、上記の協同出版から出ている過去問等の数年間分を解き、どの範囲が出題されているのか傾向を分析します。

次いで、テキストを使って該当する範囲を勉強し、さらにもう一度、過去問を解いてテキストで確認する。このようなサイクルで、一般教養はなるべく短期間で勉強を終わらせるようにします。

模試の活用方法

模試については積極的に受けるべきです。

模試を受けることで、自分の弱点がわかる、順位がわかる、本番のような臨場感を経験できる、という3つの理由が主です。

模試は、東京アカデミーの全国公開模試がおすすめです。東京アカデミーの模試は地域の自治体に対応しており、問題の傾向の分析精度も高いため、予想問題としても良質の内容となっていますから、利用しない手はありません。

また、論作文の採点は教員採用試験でも大きな配分があるため、点数を稼ぎたいところですが、独学では自己採点も難しいため、模試を利用して専門家に採点してもらい、できるだけ得意の分野にしておくべきです。

論作文

しかし、論作文を独学で習得するのは非常に難しいことです。なぜなら、論作文では教員になった際の指導方法などが問われるため、現場経験のない者が書いた論文は実効性に欠け、高く評価されません。

そのために、論作文の習得に関しては、単発の通信講座等で添削を受けるのが効果的です。その通信講座として、東京アカデミーの通信講座「D論作文」がおすすめです。この通信講座は3万円程度の学費で8回の添削があるため、かなりお得だと言えます。

論作文に関して、上記の模試を受けることによって、決められた時間の中で、時間配分を考えて、書くべきことを書き切ることを目標として取り組んでいきましょう。

面接試験の攻略法

面接は教員採用試験において大きな合否のポイントとなります。この面接試験で最終的に合否が決まるといっても過言ではありません。

まず、テキストは「合格面接攻略法」がおすすめです。良質な参考書はこれしかないのではないかと思いますが、「教員採用試験面接試験攻略法」も人気です。

面接試験の攻略法としては、まず面接のポイントや形式を学びます。そして、想定問答をつくり、自己分析をしながら頭を整理し、自己問答を繰り返すことによって、練習を繰り返すことで、自分らしい答えを構築していきましょう。

なお、面接試験の練習は、できるなら専門家、いなければ学生同士というように、自分の目の前に質問者をおいて、対面の形で練習をする必要があります。

どんなに完璧な想定問答を作っていても、実地の面接では状況が変わってきます。微妙な質問の変化に対応するためには、実地の練習を繰り返して対応力をつけるしかありません。

各会社が実施している面接講座では、東京アカデミーの面接講座があります。

東京アカデミーでは、校舎別に面接講座を設けている、資料請求で詳細な情報を収集することをおすすめします。

東京アカデミーの資料請求(無料)の方法はこちらに
>> 東京アカデミーに資料請求する方法