本文へスキップ

警察官採用試験2次試験の概要と対策について

あなたが資格を取るための予備校・専門学校

警察官採用試験2次試験の概要と対策について

警察官採用試験の面接試験(人物試験)概要と対策について

↓面接では、服装から判断される第一印象にも注意をしましょう。警察官試験 2次試験

都道府県警察で実施される警察官採用試験の内容は、各都道府県によって異なりますが、一次試験は筆記試験、二次試験で面接試験が行われています。

二次試験の主な内容は、面接試験と体力テストです。

この二次試験は、1日目に面接、2日目に体力テストというように、2日間にわたって行われる場合が多いようです。

面接試験には、集団面接と個別面接の両者があり、どちらか一方の試験を行うところもあれば、両方の試験を行うところもあります。

面接は2〜3人の面接官を相手に、20分程度の長さで行うようです。

最初は、挨拶程度の内容から始まって、志望動機などの質問もあります。しっかりと答えられるようにしておきましょう。

なお、公務員試験の傾向としては、教科書通りの受け答えではなく、自分の意見を明確に表現できるようにしておくことが大事です。

そのため、二次試験の直前になって面接対策を始めるのではなく、早い時期から、また日ごろから面接試験を意識し、それなりの訓練やメージ作りをしておきましょう。

以下に、都道府県警察の面接ではどのようなことを聞かれるのか、よく質問されている内容をまとめましたので、ご参考にしてください。

面接を待つ

警察官採用試験の面接試験で良く質問される内容

  • 面接会場までの道のりを説明してください
  • 志望動機はなんですか ?
  • 今まで何かスポーツはしていましたか ?
  • 不合格となった際にはどうしますか?
  • 自分をアピールしてください
  • どんな警察官になりたいですか?
  • 今までどのようなアルバイトをしたことがありますか?
  • 警察官についてどのようなイメージを持っていますか?
  • 警察官の犯罪についてどのような考えを持っていますか?

など、このような点がよく質問される内容のようです。

夫々の質問には意図があります。面接会場までの道のりを説明するというのは、警察官が交番勤務となって道を聞かれた際に、的確に答えられるかどうかを試されているわけです。

また、何か事件があったとき、状況説明をしたり、調書にその状況を的確に記載することができるかどうか、その適性を質問から見い出そうというものです。

なお、志望動機や自己アピールなどは、面接試験の全般で聞かれる内容です。

また、スポーツについて聞かれるのは、日常的に、警察官に必要な体力を鍛えているかどうか確認するためだと思われます。

大切なのは、どのような質問に対しても、自分らしい回答を明確に表現することが大切です。すべての質問に対して、完璧な回答を求めているのではなく、警察官となる適性を判断しようとしているのですから、解答をする態度も含めて他の志望者とは一味違う好印象の回答ができれば、面接で合格点を付けられる可能性も高くなります。

ただ、警察官の面接試験で、何かを批判したり、政治的な事を述べたり、宗教的な面に触れるというのはあまり良くないとされています。

さらに、他の質問としては、

  • 警察学校にはついてこれますか?
  • 1500mをどれくらいで走れますか?
  • 運転免許は持っていますか?
  • 過去に、怪我や病歴はありますか?
  • 普段、日常的に運動はしていますか?

これは警察官として、体力面で資質があるかどうかを問うものです。

また、資格の有無についても聞かれます。警察官に運転免許は必須ですから、できれば運転免許をもっている、または取る予定があるというアピールは大切です。病歴については、警察官としてふさわしくない病歴があると不利になります。

  • どの課で働きたいですか?
  • どうしてその課で働きたいのですか?
  • 実際、犯罪者が来たらあなたはどうしますか?

どの課で働きたいかという質問も、どれだけ警察官になりたいのか、その真剣度を聞かれている内容ですので、警察庁や警察署の組織構造を記憶しておき、どんな業務があるのか、具体的にどんな業務を希望するのかを把握しておくのが理想です。ただし、面接の段階であまりに専門的な知識を知っておく必要なありません。

犯罪者が来たらどうしますか、という質問は、現実的な対処法やそのセンスに対する適性をテストするもので、プロとなる適性を調査するものですから、常識の範囲内で、客観性や冷静さ、論理性を身に着けているかどうかが大切です。この質問に対しても、あまりに専門的な知識で答えると、マイナスになるかもしれません。

  • 併願先は?両方受かったらどうしますか?
  • 両方落ちたらどうしますか?

警察官採用県は、他の公務員試験との併願を希望する場合も多いため、面接官は、受験者がどれだけ本気で警察官になりたいのかを質問してきます。これは、大きなポイントです。

ただ、適当に答えておこうとか、ごまかして答えておこうといった態度では、当然、見抜かれてしまいます。面接官は、その道のプロです。明かなウソは暴れます。

  • 友達と何を話しますか?
  • 趣味や特技はなんですか?
  • 自己啓発してることはありますか?
  • ストレス解消法はなにかありますか?
  • ボランティア活動していますか?

このような質問は、受験者の主義や信条、はたまた宗教なども含めて調査するための質問ですから、警察官となるのにふさわしくない回答は避けるようにしましょう。また、具体的なエピソード等があれば、それを含めて答えるようにしましょう。面接官に対する共感や説得性が変わってきます。

  • 最後に一言何かありますか?

「いえ、特にありません」ではダメです。まず、本日の面接官に臨むことができたお礼を言いましょう。「本日は、ありがとうございました」と言って、警察官になる本気度や、やる気、警察官となる使命感、目標等をアピールしましょう。

警察官採用試験 体力テストについて

体力テストでは、持久走、俊敏性、握力、腹筋、跳躍力などを測定します。

どれか1つでも基準に達していない場合は、不合格となるようです。

運動不足の人は、日ごろから、体力づくりを行う必要があります。例えば、腕立て伏せは20〜30回ぐらいはできるようになりましょう。

体力試験として、腕立て伏せ、反復横跳び、上体起こし、握力、バーピーテスト、1500m走(急歩)などを行います。

なお、腕立て伏せに関しては、合格者の情報によると、20回できるかどうかが合格基準のようです。しかし、試験官の号令に合わせてゆっくり行うため、受験者の感想としては、けっこう大変だったということです。

また、体力検査とは別に、身体検査(要件)が男性・女性別にあります。この際に身体基準に適合しているかどうかも確かめられます。

このページでは、警察官採用試験の2次試験(人物試験)概要と対策について述べましたが、1次試験等の全般的な説明はこちらのページにまとめてあります。

>> 東京アカデミーの警察官採用試験のまとめ