本文へスキップ

警察官採用試験の1次試験

あなたが資格を取るための予備校・専門学校

警察官採用試験の1次試験について

警察官採用試験の1次試験(筆記試験)について概要を知っておこう!

警察官採用試験の勉強を開始する前に、受験資格や採用試験の概要、難易度等について知っておきましょう。

警察官採用試験の受験資格について

警察官採用試験は各都道府県ごとに試験が実施されるため、その受験資格にも多少の違いがあります。

ですので、下記の受験資格は参考資料としておき、正確には、受験する各都道府県の警察官採用試験要綱をネット等で調べておきましょう。

警察官採用試験の区分ごとの年齢制限について

  • Ⅰ類…大学卒業程度(受験の際に21歳以上が条件)
  • Ⅱ類…短大卒業程度(受験の際に19歳以上が条件)
  • Ⅲ類…高校卒業程度(受験の際に17歳以上が条件)

なお、受験の年齢制限(採用の年齢制限)は、各都道府県において30歳未満となっていることが多く、学歴は卒業見込みの方も含まれます。

身長や体重などの身体的条件について

身長や体重等の身体的条件に関しても、各都道府県によって多少異なっているため、正確には各都道府県の警察官採用試験要綱等で確認してください。

男性の場合の身体的条件
  • 身長…概ね160cm以上
  • 体重…概ね47kg以上
  • 胸囲…概ね78cm以上
  • 視力…両眼とも裸眼視力0.6以上もしくは矯正視力1.0以上
女性の場合の身体的条件
  • 身長…概ね155cm以上
  • 体重…概ね45kg以上
  • 視力…両眼とも裸眼視力0.6以上もしくは矯正視力1.0以上

なお、身長などは絶対条件ではないようです。「概ね」の要件がどの範囲で適用されるかは正確に発表されていませんが、多少の不足があっても、やる気と根性でカバーしましょう。

また、懲戒免職から2年以上経過していない方や、日本国籍を持たない方などは、受験することができません。

警察官採用試験 一次試験の概要

各都道府県警によって違いはありますが、警察官採用試験一次試験(筆記試験)においては、筆記試験と作文試験が行われます。

受験の受付は7月~8月、試験は9月~10月に行われます。合格発表は10月上旬です。

筆記試験はマーク式で、5つの選択肢から1つを選ぶ択一試験方式です。

筆記試験120分で50問、作文試験60分で800文字の試験内容ですが、各都道府県によって、相違する場合があります。参考までに知っておき、時間配分を計画しておきましょう。

試験内容のレベルに関しては、社会科系や国語、数学、理科、文章読解等は、高校程度の内容ですので、しっかりと準備をして、点数を稼いでおきたいものです。

公務員試験独特の判断推理や数的推理は、特殊な問題が多いため、それなりの対策を立てる必要があります。知識よりも頭の柔らかさ問われるような内容です。

作文試験は60分~80分で、600字~1000字。テーマは、警察官としての姿勢や使命に関するものや、きずなの大切さとは何か、仲間と協力して得たものは何か、など一般的かつ抽象的な内容の場合もあります。

いずれの内容も、高卒程度の文章力があれば突破できるものと思われます。

参考 >> 警察官採用試験の1次試験・2次試験の詳細をまとめてあります

警察官採用試験の難易度について

警察官になるためには、高卒でも大卒でも、警察官採用試験を受験し、これに合格する必要があります。

採用試験は、高卒者はⅢ類採用試験、短大卒の方はⅡ類採用試験、大卒者はⅠ類採用試験を受験することになります。

なお、このⅢ類・Ⅱ類・Ⅰ類の各試験は、実際の最終学歴によって区分されているということではなく、試験の難易度を示すものです。

ここでは、警察官採用試験の難易度を、採用試験の合格率で判断してみましょう。

警視庁が発表している平成26年度の採用試験の男女別合格倍率

以下の合格倍率において、Ⅰ類採用試験は大卒程度、Ⅱ類採用試験は短大卒程度、Ⅲ類採用試験は高卒程度となっています。

  • <男性警察官合格倍率>
  • Ⅰ類採用試験…6.8倍
  • Ⅱ類採用試験…7.5倍
  • Ⅲ類採用試験…5.7倍
  • <女性警察官合格倍率>
  • Ⅰ類採用試験…6.5倍
  • Ⅱ類採用試験…4.6倍
  • Ⅲ類採用試験…4.0倍

男性と女性ともに、Ⅲ類採用試験の倍率が低く、男性の場合はⅡ類採用試験が最も高い倍率となっており、女性の場合はⅠ類採用試験が最も高い倍率となっています。

なお、警察官採用試験は、他の公務員試験の合格率と比べると、その難易度はやや低めだと言われています。ただし、警察官採用試験で特に注意すべきことは、一次試験に合格しても、その後の2次試験の面接試験で不合格となる人が多いようです。

これは、警察官という公的な職業に就くためには、筆記試験等では判断できない特有の資質が問われるからです。ですので、警察官になりたいという希望を実現するためには、警察官に要求される資質を高めていくように、心身ともに日々の生活から鍛えていくことも大切になります。

参考 >> 警察官採用試験の難易度・競争率は、こちらに詳しくまとめてあります

2次試験の内容と対策は>>警察官採用試験2次試験について

東京アカデミーの公務員模試のご案内

特に、公務員試験の筆記試験に合格するには、公務員模試を受けて、毎日、無駄のない勉強を続けることが大切です。それには、現在の学力レベルを知って弱点を効率的に強化する必要があります。

現在の学力レベルを知るには、公開模試を積極的に受ける必要があります!

東京アカデミーでは公務員試験に向けて様々なタイプの模試を実施しています。
毎年多くの公務員受験生が、現在の実力を知り、これからの弱点強化を図るために、東京アカデミーの公務員模試にチャレンジしています。

東京アカデミーの公務員模試を受験することによって、次のような対策を立てることが可能になります。

1)公務員模試では厳選した予想問題が出題されるため、公務員本試験の出題傾向や論点がわかります。

東京アカデミーの模試では、公務員試験過去問題の分析に基づいて作成された多くの予想問題の中から、今後出題される可能性の高い論点や最新の時事を整理、厳選して、模試が作成されています。このため、模試を受験すれば、今後の公務員試験の出題傾向や論点を把握することができます。

2)公務員本試験の時間配分を確認し、自身のベストな時間配分がわかります。

公務員試験では、特に教養(基礎能力)試験において、時間が足りないという感想を持つ受験生が多いです。しかし、本番において、必ずしもNo.1から順番に解答する必要はありません。自分自身が一番点数をとれる順番、時間配分があるはずです。その点を何度かの模試を受験ることにより確立することができます。そのため、本番までには自分自身のベストな時間配分がわかるようになります。

3)公務員模試を受けることで、現在の学習レベルや弱点が分かり、今後の無駄のない学習方針を立てることが可能になります。

模試受験生には、「志望先別成績」「分野別成績」「設問別成績」「合格可能性」を分析した個人成績表が提供されます。これにより、自分自身のレベルや弱点が知ることができ、効果的な学習計画を立てることができます。

※公務員模試を受けることで、他にも、試験会場の雰囲気、多くのライバルの存在、本番の臨場感を体験することができ、本試験に向けた万全の準備が可能になります。

この機会に、東京アカデミーの公務員模試にチェレンジをしてみましょう!

本サイトでは、東京アカデミーの公務員模試に関する詳細をこちらにまとめてあります。
>> 東京アカデミーの公務員模試に関する詳細ページはこちら