本文へスキップ

フォーサイトの通関士講座 通関士通信講座

フォーサイトの通関士講座で合格!

フォーサイトの通関士講座と通関士通信講座

フォーサイトの通関士講座について(通関士通信講座)

フォーサイト通関士講座 通信講座

通関士とは?

通関士は、貿易取引業において、輸出入手続を行なうプロフェッショナルです。

通関士の主な業務は、申告書類の審査と申告であり、輸出入者の代理人として税関に対して輸出入の申告する際の申告書類の審査と申告を行うものです。

また、取引書類の内容を見て、規制や各種法令に対して問題が無いかどうかの確認、通関業務に関する様々な問い合わせにも的確なアドバイスを与えるなど、貿易取引業における重要な立場に置かれています。

通関士試験を受ける人は?

通関士試験は、通関士になりたい方はもちろん、貿易業界全般でその専門的な知識を活かしたいという理由で受験する方が多く、〜通運、〜物流、〜海運、〜航空等と称する国際物流業者、メーカー、商社などで貿易関連の業務に従事してる方、貿易業界への就転職を目指す方、個人輸入を始めたい方などが、受験しています。

通関士試験の年間受験者数は?

学生対象のアンケート調査でも、通関士という職業には「貿易のエキスパート」、「誇りを持ってできる仕事」といった好印象の答えが多く、通関士の人気は急上昇しています。従って、通関士の試験は、平成5年度あたりから急激に増加し、最近では毎年コンスタントに10,000人ほどの受験者数となっています。

通関士試験の合格率や難易度は?

合格率は10%前後ですから、かなりの難関です。

ここ数年の合格率は、

  • 平成15年 12.1%、
  • 平成16年 18.8%、
  • 平成17年 24.8%、
  • 平成18年 7.0%、
  • 平成19年 7.7%、
  • 平成20年 17.8%
  • 平成21年 7.8%
  • 平成22年 9.8%
  • 平成23年 9.9%
  • 平成24年 8.6%
  • 平成25年 11.7%
  • 平成26年 13.2%

このように、年度によって変動がありますが、おおよそ10%前後の合格率となっています。

通関士試験に合格するには、どのくらい得点すればよいか?

通関士の合格基準は原則として、3科目それぞれに60%以上の得点が必要です。ただし1科目でも60%以下のときは、不合格になります。ですので、どの科目もまんべんなく力をつける学習対策が必要です。

従って、学習対策では足切りされない勉強法を身につける戦略性も大事ですが、初学者は、特に「どの科目もまんべんなく力をつける」という学習の組み立て方をまちがえ易いため、アドバイスやサポートを受けながら受験をするのが一番短期で確実に合格する秘訣となります。

通関士試験に合格するための勉強時間について

フォーサイトでは、約350時間前後を想定しています。その内訳は、基礎的知識の学習に約200時間、問題の演習が約150時間ほどを必要とするため、一日平均2時間の学習で、およそ6カ月間が必要になります。

通関士の試験は毎年10月に実施されます。

勉強期間にも余裕をもって取り組み、一発の試験で合格できるように頑張っていただきたいと思います。

フォーサイトの通関士講座のサンプル講座をご覧ください↓↓

(通関士通信講座の担当は、神田明 専任講師です。)

フォーサイトの通関士講座の3つの特徴

フォーサイトの通関士講座の特徴1

フォーサイトの第1の特徴は、通信講座ということです。

ですので、社会人で予備校に通えない人も、資金の面で予備校に通えない人も、子育てで予備校に通えない人も、空いている時間を利用して、効率的に学習ができます。

さらに、DVD・CD・eラーニング等、フォーサイト独自の教材と学習システムで、さらに効率の良い学習ができるようにカリキュラムが組まれています。

フォーサイトの特徴2は、合格率が非常に高いことです!

フォーサイト受講者の合格率が、宅建4.11倍、社労士3.91倍、行政書士3.64倍、FP資格(2級試験)2.11倍、簿記2級2.83倍 、旅行業務取引管理者2.4倍、マンション管理士・管理業務主任者合4.91倍、通関士2.09倍(以上、2016年のデータ)と全国平均よりはるかに高いのは、DVD学習を始めとするCD学習・eラーニング等、フォーサイト独自の教材と学習システムのためです。

フォーサイトの通関士通信講座 合格率

フォーサイトの特徴3は、受講料が安いことです!

上記のように、フォーサイトの評判が良いのは、簡潔にいうと、合格率の高さと受講料の安さにあります。

フォーサイトの教材で、短期合格した合格者のご紹介

30代女性の磯永さんは、3ヶ月間の勉強で全体像が理解でき、一発で合格できました!

磯永さんは、通関士10月試験対策DVDを受講しました。

会社の業務領域を広げることにもなるからと、通関士の資格取得を決断した磯永さん。宅建の資格には合格していたものの、通関士の分野の慣れない言葉使いに苦労の連続だったそうです。それでも講義DVDと問題集を繰り返すことで次第に理解が進み、初めての受験で合格を達成。社内初の通関士として、新しい業務分野にも挑戦しています。

磯永さんがフォーサイトの通信講座を選んだ理由は?

宅建は訓練センターのような教室に通って勉強したのですが、通関士は通える範囲に学校がありませんでした。ただ、基礎知識がないので独学は難しそうで、煮詰まってしまうと思い、映像で先生が説明してくれる通信講座なら良いかと考えました。
フォーサイトは通信講座を比較検討しているときに知り、テキストの表紙が絵画で好印象だったのと、一問一答式の問題が充実していたので、受講を決めました。

磯永さんが勉強に使用したフォーサイトのフルカラーテキスト↓

フォーサイトのフルカラーテキスト(見本)

こちらの磯永さんと神田講師との対談動画が参考になります↓


40代男性の金田さんも、一発で合格しました!

金田さんは、通関士10月試験対策DVDを受講しました。

金田さんは、運送事業者向けシステムを開発提供する会社に勤務。自社の製品とサービスをさらに向上させるため通関業務を学び、通勤時間と週末を上手に使い、はじめての受験で見事合格されました。

金田さんが、フォーサイトの通信講座を選んだ理由は?

合格率の実績と、テキストの評判が決め手でした、とのことです。

独学ではなく、実績のある会社にお願いしたいと考え、インターネットで検索して、通信講座の実績や評判を調べました。
そのうえで、いかに効率よく低コストで資格を取得できるか、ということを念頭にいれて比較しました。その中で、合格率が高いという実績と、テキストがカラーで良くできているという評価があり、フォーサイトに決めました。
通関士試験に挑戦する当初から、「自分の時間を大切にしたいという思いがあり、時間に縛られる通学は考えませんでした」。

金田さんがフォーサイトの教材で勉強をした感想は、

講義DVDについては、神田先生の話がすごく聞きやすく、講義中にもテキストがアップになって画面に表示されたり、そこに先生が書き込みながら解説してくれたり、重要なポイントを示してくれ、分かりやすくて良かったです。
通関実務は、応用問題などがもっと解きたいとも思いました。結局合格したので問題量も十分だったのでしょうが、勉強中は問題演習が少し足りないかと苦手意識が消えませんでした。ただ、フォーサイトの問題集と、5年分の過去問題を勉強しましたが、他に追加した教材はありませんでした。
「道場破りR」も、あまり自宅以外で使うことはなかったのですが、特にメールでの質問は、翌日には返信がきていたので役立ちました。

金田さんが勉強に用いたフォーサイトのフルカラーテキスト↓

フォーサイトのフルカラーテキスト

こちらの金田さんと神田講師との対談動画が参考になります↓

通関士講座 フォーサイトの教材と受講料について

通関士講座に関して、フォーサイトの教材を大きく分けると、テキスト、問題集、DVDに分けられます。

フォーサイトの通関士通信講座の教材

【通関士合格講座 DVDコース】

通関士合格講座 DVDコース

なお、上記のDVDコースを申し込んだ方には、「オリジナル合格グッズ」がもらえるプレゼントキャンペーンも行っています。

フォーサイトの通関士通信講座 オリジナル合格グッズ

以上のように、フォーサイトの通信講座の各教材は、他の予備校の教材に比べて、かなり格安ですし、キャンペーン価格を利用すればさらに安価になります。

さらに各教材の内容を知りたい方は、フォーサイトの通関士通信講座のページでさらに詳しくわかります。

通関士試験に短期で合格したい方は、こちらをご覧ください↓↓↓

>> 口コミで人気!高合格率の通関士講座ならフォーサイト


【関連記事】

<目次>