本文へスキップ

フォーサイトの社会保険労務士試験 通信講座 受講料

あなたが資格を取るための予備校・専門学校

 

フォーサイトの社労士講座のテキストで、社労士試験に一発合格

フォーサイトの社労士通信講座 受講料等の特徴は?

社会保険労務士通信講座

フォーサイトの通信講座は格安!

フォーサイトの特徴1は、通信講座ということです!

通信教育のフォーサイト、社労士通信講座では、テキストを中心に授業が進んでいくため、社会人で予備校に通えない人も、資金の面で予備校に通えない人も、子育て等で予備校に通えない人も、空いている時間を利用して、効率的に学習ができます。

さらに、DVD・CD・eラーニング「道場破り」等、フォーサイト独自のWeb通信等の学習システムで効率の良い学習ができるようにカリキュラムが組まれています。

フォーサイトの特徴2は、合格率が非常に高いことです!

フォーサイト受講者の合格率が、宅建4.11倍、社労士3.91倍、行政書士3.64倍(以上、2016年のデータ)と全国平均よりはるかに高いのは、DVD学習を始めとする、CD学習・eラーニング等、フォーサイト独自の教材と学習システムが優れているからです。

フォーサイトの特徴3は、受講料が安いことです!

上記のように、フォーサイトの評判が良いのは、簡潔にいうと、合格率の高さと受講料の安さにあります。

フォーサイトの教材を大きく分けると、基礎講座、過去問講座、直前対策に分けられます。

フォーサイトの教材 基礎講座、過去問講座、直前対策

フォーサイトの社労士講座の講座内容は↓

フォーサイトの社労士通信講座の内容は次の通りです。

また、これらの基礎講座、過去問講座、直前対策には、
CDコース、 DVDコース、 CD+DVDコースがあり、
ご希望のコースを選ぶことができます。

ただし、選択のコースによって料金が違います。

▼ 社会保険労務士 各講座の受講料 

単科講座 基礎講座 2019年試験対策

単科講座 基礎講座 2019年試験対策

フォーサイトの単価講座は、上記の基礎講座のほかに、下記のような過去問講座が用意されています。

単価講座 過去問講座 2019年試験対策

単価講座 過去問講座 2019年試験対策

直前対策講座 2019年試験対策

直前対策講座 2019年試験対策

フォーサイトの割引き価格について

また、下の画像に書かれているように、バリューセット(基礎+過去問講座+直前対策講座のセット)なら、最大35%OFFのプランも用意されています。

バリューセット1 2019年試験対策(基礎+過去問講座)

バリューセット1 2019年試験対策(基礎+過去問講座)

さらに、バリューセット2は、合格率no.1の人気講座です。

バリューセット2 2019年試験対策(基礎+過去問講座+直前対策講座)

バリューセット2 2019年試験対策(基礎+過去問講座+直前対策講座)

なお、バリューセットを申し込んだ方には、「オリジナル合格グッズ」がもらえるプレゼントキャンペーンも行っています。

フォーサイトは、受講料が安いけど、大丈夫でしょうか?

フォーサイトの社会保険労務士講座は、LEC、TAC、大原などの他の大手予備校に比べて講座の費用が安いのは分かったけど、そのぶん講座の質が下がってしまうおそれはないの? と心配する人もいるかもしれません。

一般的な商品やサービスでは、値段の安い品物は、値段の高い品物より価格が落ちる、というのは当たり前のことですが、特に、通信講座の受講料においては、このような価格と品質の関係は成り立たないのです。

その理由は、予備校の通学講座に要する費用は、人件費や設備費に大きな負担がかかるため、受講料も高額になりがちですが、通信講座を専門に運営しているフォーサイトでは、そのような人件費や設備費に要する費用は最小限に抑えることができるため、それだけ受講料も安くなるというメリットがあるからです。

しかも、受講生が増えるほど、テキストやDVD等に要する費用比率が低減するため、受講料もますます安くできるというメリットがあります。

さらに、フォーサイトでは、企業方針として次のようなコメントを発表しています。これは、フォーサイトの代表である山田浩司さんの発言内容です。

すばらしい教育を受けることは人生を有意義にするために不可欠です。
だから、通信教育により、高品質な教育を低価格で提供し、日本を元気にしたい。これがフォーサイトの目的です。
そのために、従来の学校では莫大な広告経費をかけていますが、フォーサイトは広告を打たないことにしました。そして、広告経費に当てる分を教材開発に費やし、最高の教材を提供することにしました。加えて、価格を大幅に下げる原資にしました。

しかも、フォーサイトは、単に受講料が安いだけでなく、テキストや講座のクオリティーに関しても他の有名予備校のLECやTAC、さらに大原等のクオリティーに劣っている訳ではなく、フルカラーのテキストを使用したり、専用のスタジオで収録したDVDを使用したりで、むしろ他社を凌駕しているという現状があります。

さらに、もっとも重要な受講生の合格率に関しても毎年の状況を必ず公表しており、その合格率も他の予備校よりも非常に高いという実績があり、受講生の間でも高く評価されています。

フォーサイトで、より良心的なのは、受講料が他の予備校よりも安価なうえ、常にキャンペーン価格を提供しているということです。

>>フォーサイトの社労士通信講座 総合評価や口コミについて

フォーサイト社労士通信講座のホームページには、合格率や合格者の体験記事、各講座の内容等が満載されていますので、どの社労士通信講座にするかご検討中の方は、ぞうぞご確認ください↓↓↓

>> 社会保険労務士通信講座の公式サイトはこちら


【関連記事】

授業料が安い

フォーサイトの受講料は、なぜこんなに安いのでしょうか?

予備校等の学校経営において最も支出に要するのは、大きいほうから、賃料・広告宣伝費・印刷代・人件費の順と言われています。ですので、受講料は、上記の順に節約することで安くなります。

1)フォーサイトは教室などの賃料に費用をかけていない。

大手の学校は、全国の主要都市の駅前の一等地に教室を構えており、教室が駅から近いことで通学の利便性が良いことを特徴の一つにしています。ですので、このような教室の賃料だけでも膨大な費用が必要になります。

また、教室の数が多ければ多いほどスタッフもたくさん必要となり、それに要する人件費も高額なものとなります。

これに対して、フォーサイトの本社は、駅から少々遠くて古く、あまり広さのない安価なビルを賃借しています。これによって賃料を削減し、あた少数精鋭のスタッフの人員で運営をしているため、人件費もあまりかけないようにしています。

このように、賃料や人件費を削った分、講座や教材、スタジオ設備など、より良い講座を提供するために投資し、受講料も安く抑えることを実現可能としています。

2)フォーサイトは、広告宣伝費を最小限に抑えています。

大手の予備校や専門学校には、広告費を年間200億円も使っているところがあります。このような広告費の高騰もまた、高い受講料の原因となります。

フォーサイトは、ほとんどネットの広告で運営しており、安価で良質な講座に努め、合格者を大勢輩出することによって、口コミで広がる宣伝効果に期待して運営しています。実際に口コミや終了生の紹介でフォーサイトに来る方は少なくとのことです。

3)フォーサイトは、パンフレット・テキスト等の印刷は安価な海外印刷で。講義CD・DVDの発注も安価な海外のプレス会社に依頼。

このように、印刷費やプレス費用を大幅にダウンさせることで、安い受講料を実現しています。