本文へスキップ

フォーサイトの行政書士通信講座 合格率・学費

フォーサイトの行政書士通信講座がおすすめの理由

フォーサイトの行政書士・通信講座は、高い合格率で、安価な受講料

フォーサイトの行政書士・ 通信講座がおすすめの理由

フォーサイトの行政書士試験講座 おすすめ

行政書士試験の全国平均合格率は?

行政書士試験は、毎年約5~7万人もの人が受験する人気の資格です。人気の資格は、それだけ合格率が厳しくなります。行政書士の場合、毎年10%以下の合格率です。平成25年度は久々に合格率が10%を超えました。

平成23年~平成27年の受験者数、合格者数、合格率は以下の通りです。

年度 受験者数 合格者数 合格率
平成23年 66297名 5337名 8.1%
平成24年 59948名 5508名 9.2%
平成25年 55436名 5597名 10.1%
平成26年 48869名 4043名 8.3%
平成27年 44366名 5820名 13.1%

上記の5年間の行政書士試験の合格率を見ると、10%前後を推移しています。この数字だけを見ると、注目すべきは、受験者数が年々減少していることです。行政書士試験の場合、このような受験者数は合格率に関係があるのでしょうか。

行政書士の合格率と受験者数の関係について

その答えは、受験者数は合格率に関係がありません。行政書士試験は、大学受験等とはちがい、絶対評価で合否が判定されます。

具体的には、行政書士試験は試験センターが公表している合格基準(例年60%)をクリアすれば合格できる試験です。

しかし、毎年、合格率にばらつきがあるのは、年度によって試験の難易度に差があるからです。そのため、同じ学力を持っている人が受験しても、合格しやすい年とそうでない年が生じるようです。

行政書士試験の受験資格について

行政書士を受験するのに、受験制限は一切ありません。行政書士試験は、年齢、学歴や国籍等に関係なく、合格基準(例年60%)をクリアすれば、だれでも合格できることを考慮すれば、合格率ではなく、いかに合格基準をクリアするか、その点に注力して準備を進めていくことが得策です。

行政書士試験対策に、専門学校や通信講座は必要か?

合格率に関して言えば、専門学校や通信講座を利用したほうが、独学よりも、合格率は高いのは当然です。ですので、学費があれば、専門学校や通信講座に行ったほうが、断然、有利になります。

また、通学の時間が取れない人は、通信講座というのも選択肢の一つとなるでしょう。

次に問題になるのは、どの通信講座にするか?ですね。

行政書士試験対策の通信講座はたくさんあります。しかし、各通信講座によって合格率は大幅に異なるようですが、合格率を明示している通信講座はなかなかありません。というのは、合格率という数字は比較が簡単ですから、合格率を明確にしないのが得策です。

その点、フォーサイトは、行政書士試験の合格率を毎年、明確に公表しています。それは、フォーサイトの合格率が高いからです。

ちなみに、フォーサイトの行政書士講座を利用した方の、平成25年度の合格率は23.28%です。全国平均の10.10%と比べると、2.30倍という非常に高い合格率を達成していることになります。

通信教育のフォーサイト 行政書士試験の合格率

合格率

行政書士試験にフォーサイトをおすすめする理由は?

通信講座の専門学校かどうか

通学講座を開設している一般の予備校では、どうしても通学生の方が優先されます。通信講座の生徒は、通学生のサービスが受けられない場合もあります。

フォーサイトは通信講座専門ですから、そのように偏ったサービスもなく、しかも通信講座に特化したサービスを受けることができます。

テキストや講義DVD/CDが解りやすく、優れていること

フォーサイトのテキストや講義DVDは質の高さで、とても定評があります。テキストは傾向や要点が絞り込まれ、他の通信講座でも例のないほどきれいなフルカラーを使用してまとめられています。

従って、無駄を省いた勉強量で学習を進めていくことができるため、社会人や主婦などのように勉強時間に多くの時間をさけられない人の利便性も考慮した工夫がされています。

また、講義DVDは専用スタジオで収録された高質の映像と音声ですから、とても見やすく、聞き取りやすく、気持ちよく勉強も進みます。

サポートが優れている

フォーサイトの通信講座には、質問対応、E-ランニング(道場破り)、確認テスト、携帯学習システムなどが付いていて、生活のあらゆる場面で使用ができるように、工夫されています。E-ランニング(道場破り)等は、○×形式のゲーム感覚で行うことができ、楽しみながら要点が整理されるため、とても評判が良いものとなっています。

価格が安価であること

フォーサイトの特徴の一つに、優れた教材なのに、その費用も格安であることがあげられます。

行政書士試験講座の場合、基礎講座のテキスト・講義DVD・問題集・直前講座が付いたセットで10万円ぐらいという料金設定になっています。

他社の通信講座と比べても、半分近い値段になっているのは、やはりフォーサイトが通信教育専門だから、効率的かつ特化しているからです。各コースの値段に関しては、下記にフォーサイトから画像を抜粋してあります。

フォーサイト 行政書士通信講座の値段について

【単科講座 基礎講座 2019年試験対策】

フォーサイト 単価講座 基礎

※教材内容の詳細は、フォーサイトの公式サイトに記載されています。

【単科講座 過去問講座 2019年試験対策】

フォーサイト 単価講座 過去問

※教材内容の詳細は、フォーサイトの公式サイトに記載されています。

【単科講座 直前対策講座 2019年試験対策】

また、上記の基礎講座過去問講座直前対策は、それぞれ単科講座として単独に申し込んで受講することも可能ですが、以下のように単科講座を組み合わせたバリューセットとして申し込むと、かなり格安に受講することが可能になります。

その単科講座の組み合わせ例は、

【バリューセット1 2019年試験対策(基礎+過去問講座)】

フォーサイト バリューセット1

【バリューセット2 2019年試験対策(基礎+過去問講座+直前対策講座)】

フォーサイト バリューセット2

【バリューセット3 2019年試験対策(基礎+過去問+答練+直前対策)】

フォーサイト バリューセット3

上記のように、フォーサイトは、高い合格率と安価な受講料で、最近ますます評価を伸ばしています。

フォーサイトの行政書士通信講座について、フォーサイトのホームページでご確認ください↓↓↓

ただ今キャンぺーン中 >> 行政書士講座はフォーサイトフォーサイト