本文へスキップ

フォーサイトのカラーコーディネーター通信講座 口コミ・評価

カラーコーディネーター通信講座の合格者の勉強方法を知る!

 

フォーサイトのカラーコーディネーター通信講座 合格者の口コミ・評価

フォーサイトのカラーコーディネーター講座の口コミ・評価

フォーサイト カラーコーディネーター 色彩検定合格講座

フォーサイトのカラーコーディネーター講座の口コミ・評判は、合格者の声を聞くのが一番です。

フォーサイトのカラーコーディネーター講座について口コミ・評判を知るためには、合格者の声を聞くのが一番です。というのは、ネットで見る口コミ・評判の類は、フォーサイトならフォーサイトの講座を正しく真剣に勉強して合格した方の評価ではない場合が多いからです。

その意味で、本当に、フォーサイトの講座を正しく評価するには、フォーサイトで勉強して合格した方の声を聴くべきです。

肝心なのは、合格者がどうやって合格したかです!

特に、注目すべきは、フォーサイトの講座をどのように勉強することで合格できたかという方法論に注目して、これからの自分自身の合格の糧にしていただきたいと思います。

このページでは、フォーサイトのカラーコーディネーター講座で合格できた方の合格体験記をダイジェスト版で編集しました。これからカラーコーディネーター検定や色彩検定の検定試験を受験する方のご参考にどうぞ。

フォーサイトのカラーコーディネーター講座の合格体験記

試験まで2ヶ月ちょっとしかなかったので、通信講座のフォーサイトを選びました。2級試験に合格!

( 女性 /  30代  / 会社員 / 2級 )

色彩検定を勉強することになったきっかけは、ある日突然会社の社長に「カラー系の資格を取って」と言われたことです。
その時点で試験まで2ヶ月ちょっとしかなかったので、独学にするには時間が足りなすぎると慌てて通信講座を探し、複数の講座の中から辿り着いたのがフォーサイトでした。
DVDがついていること、サイトが見やすかったこと、価格が安いことも決め手となりました。
私の勉強方法は、まずザッとテキストを流し読みし、次はDVDを観ながら重要だと思う部分をテキストからノートに書き出し、チェックテストを進めつつDVDを再度観て、よく分からないなと思ったところを公式テキストで調べる方法をとりました。
DVDを観て先生のお話を聞き、テキストを読みノートに書き出す。同時に複数の勉強方法を取ることで、記憶に刷り込もうという作戦です。
勉強時間が少ないのなら、少ない時間の中で最低限のことを覚えればいい、試験だって合格点ギリギリでも受かりさえすれば問題なし!と、ここは絶対出るだろうと思うところを集中して勉強しました。あとは、トーン図や相環表を覚えることに重点をおきました。
講師が言ったことを、相環表を見て確認し『いやいやわからない』や『あぁ、納得した!』などと思うことで、色の関係などの理解度が深まりました。
正社員で働き、育児と家事に追われ、持病の悪化もあり、1日1〜2時間勉強するのがやっと、という状況の中、暇があれば道場破りにチャレンジし、銀行の待ち時間にテキストを開き、慣用色名を覚えたりと隙間時間をフル活用。
気持ちが下がってきたら、電気屋さんに出かけ『受かったら自分へのご褒美にこれを買おう』と一眼レフカメラを眺めたりして、なんとかモチベーションを保つことができました。
記憶力には自信がありましたが、1週間完全に寝込んでしまったり、疲れて寝てしまったりと満足のいく勉強は出来ない中、絶対受かってやる!!という気持ちで試験に挑み、見事合格!!
3級は全くやったことがなく、2級からの受験でしたがフォーサイトのおかげで一発合格する事が出来ました。本当にありがとうございました。

初めて色彩検定の2,3級を受験し、お陰さまでどちらも一回で合格することができました。

( 女性 /  30代  / 会社員 / 2級、3級 )

初めて色彩検定の2,3級を受験し、お陰さまでどちらも一回で合格することができました。
元々イラストを描くことが好きで、最近では職場でポスターなどのデザインを頼まれる機会が多くなってきました。
しかし、色あわせを考えるのが苦手だったので、色彩検定を受験して勉強しようと思い立ったのが、きっかけです。
ただ、勉強するにも知識もツールも無い…と思い、インターネットで検索したところフォーサイトが目に留まりました。
値段も他と比べると安く、なによりDVD講習があることが決め手になりました。
はじめは3級を…と思っていましたが、2,3級のダブル受験で合格も可能との文句に惹かれ、2,3級の講座を受けることにしました。
最初に送られてきたテキストを開いたときは、あまりに身近に無い内容だったので、本当に覚えることができるのか不安でした。
けれど、『受講ガイド』や『戦略立案編』で学習の流れを把握することができたので、その通りにやってみると、だんだん内容が頭に入ってくるようになりました。
私の場合は、テキストを見ながらDVDで講座を受け、
チェックテストに挑戦し、間違えた場所をもう一度テキストで学習し直す。
次に進んで、同じように進め、また最初に戻って復習する、ということを繰り返しながら勉強しました。
道場破りでも、何度も問題を解き、力をつけました。
受講を決めたときに、周りの人たちに受験することを伝えたのも合格の要因の一つになったと思います。
元来サボりがちな私ですが、周りに伝えたことで自分にプレッシャーをかけ、サボれない状況を作りました。また応援してもらうことで気力をもらえました。
学生時代、勉強嫌いだった私にとって、復習する大切さを学ぶことができたことも大きな収穫だったと思います。
そして、1カ月前に送られてくる模試も、とても役に立ちました。
一問一問に長考してしまったことで、時間内に終えることができなかったのですが、効率よく問題を解くように改善することができました。
お陰で本試験では、思ったより時間に余裕があり、見直す時間までありました。
合格した今、思うことは、復習の大切さ、そして周囲の方々の応援のありがたさです。

最初はA・F・Tの公式テキストを購入したのですが、なかなか理解が進まず、公式テキストも1年以上ほったらかしの状態でした。

( 男性 /  50代  / 会社員 / 2級+3級 )

大枠、建設業界で仕事をしていますが、街並み景観の関係から色彩検定に興味を持ちました。
最初はA・F・Tの公式テキストを購入したのですが、なかなか理解が進まず、公式テキストも1年以上ほったらかしの状態でした。
そんな折、本講座をインターネットで発見しました。
受講料もお手頃で、さっそく申し込みましたところ、教材はみやすく、DVDでの神宮講師の説明もわかりやすく、特に配色演習は楽しみながらとりくめました。
50歳を超えて、新たなことに挑戦するのは難しいかなと思いましたが、可視光の波長と虹の色の順序が関連できると色相環の理解が進み、PCCS配色はとてもよくできたシステムなのだと感服する思いでした。
「道場破り」での確認テストや単語カード、用語集も理解を深めるのにとても有効でした。
質問にも迅速、丁寧にお答えいただき、とても感謝しております。
試験対策では、私はJIS色彩系統と慣用色名が苦手でした。
神宮講師のカレンダーに、苦手なものは書いて覚えようとあり、慣用色名については色相環に沿ったり、JIS系統名やマンセル値と関連付けて何回かノートに書き写しました。
その甲斐あってか、本試験では思った以上に慣用色名で得点がとれました。また、苦手のはずのJIS色彩系統はほぼ満点がとれたようですが、得意のはずだったマンセル色彩では案外間違いが多く、本試験の難しさを思い知らされました。
試験会場で、直前にフォーサイトのテキストを見ている人がいたのは、同じ教材を使っている人が他にもいるんだと、勇気づけられました。
学習を通して思ったのは、色彩とは身近なものでありながら、意識しないと何のためにこの色が使われているのか気付かないものなのだということです。
例えば、交通標識や施設の案内看板などそれぞれ合理的な理由によって色彩が決められていることは驚きでした。
また、ファッション業界のことも少しわかり、縁がなかった世界に触れ、見聞や視点が広がった思いがします。
生活や仕事と関連づけながら学習すること、目の錯覚や心理効果などは遊び感覚でとりくめたことなど、色彩の世界の奥深さに触れたことはおおいな収穫でした。
わかりやすい情報の伝達や、色彩のバリアフリーなど、これからの仕事や生活にいかしていきたいと思います。

ちょうど2カ月前に申し込みをして、合格できるか不安でしたが、フォーサイトのおかげで余裕をもって合格することができました。

( 男性 /  20代  / 会社員 )

私はフォーサイトのおかげで、短期間で色彩検定2級に合格することができました。
ちょうど2カ月前に申し込みをして、合格できるか不安でしたが、フォーサイトのおかげで余裕をもって合格することができました。
実質勉強時間は要点を絞ってあるので、1カ月もあれば合格は可能だと思いました。
教材が充実しているので、それを二回ほど繰り返しただけですが、本番も同じような問題がたくさんでて、合格できました。
色彩検定は、範囲が決まっているため、よくねられたテキストは驚くほど的中しました。
確認問題、問題集、予想問題と豊富な演習問題があったので、とても覚えやすく、頭に入ってきました。
また、パソコンでの問題演習も繰り返しでき、良かったです。
できれば予想問題が最初にもらえたらいいなと思いました。
どういった問題が出るのかわからず、フォーサイトの問題集を解いていて合格できるのか不安な面もあったからです。
また、講義のDVDもとても良かったです。
とてもやる気もでましたし、一気に範囲を終わらせることができました。
また、頭にもよく入ってきて、繰り返しきいていると自然に覚えたので、苦労はありませんでした。
また、直前期の総復習にも役立ちました。
DVDは画期的でしたし、問題演習もたくさんできたので、フォーサイトを選んで正解でした。
値段的にも、いくつか問題集を買うことを考えるとそこまで高くはないのかなと思いました。
私の場合ですが、本気でフォーサイトのテキストをやりこめば、二週間での勉強でも合格は可能かと思いました。
私自身、本気で始めたのはそのあたりからでしたし、あながち無理ではないかと思います。
改善を求めるなら、インターネットでの問題演習を増やすまたは、ランダムにしてもらえるとより力がついたのではないかと思いました。
他にも合格率や、何割で合格できるとか、平均勉強時間とかそういった情報をもう少し載せてもらえればよかったなと思いました。
しかし、これだけはいえます。フォーサイトを選んでよかったと。

フォーサイトのカラーコーディネーター・色彩検定通信講座の3つの特徴

フォーサイトの特徴1

フォーサイトの第1の特徴は、通信講座ということです。

ですので、社会人で予備校に通えない人も、資金の面で予備校に通えない人も、子育てで予備校に通えない人も、空いている時間を利用して、効率的に学習ができます。

さらに、DVD・CD・eラーニング等、フォーサイト独自の教材と学習システムで、さらに効率の良い学習ができるようにカリキュラムが組まれています。

フォーサイトの特徴2は、合格率が非常に高いことです!

フォーサイトの特徴3は、受講料が安いことです!

上記のように、フォーサイトの評判が良いのは、簡潔にいうと、合格率の高さと受講料の安さにあります。

カラーコーディネート通信講座 教材と受講料

フォーサイトのカラーコーディネート通信講座には、 DVDコースと、DVDコース&公式テキスト(3級・2級)があり、ご希望のコースを選ぶことができます。

ただし、選択のコースによって、以下のように料金が違います。

【色彩検定3級合格講座】

フォーサイトのカラーコーディネート通信講座 3級合格講座

※教材内容の詳細は、フォーサイトの公式サイトに記載されています。

【色彩検定2級合格講座】

フォーサイトのカラーコーディネート通信講座 2級合格講座

※教材内容の詳細は、フォーサイトの公式サイトに記載されています。

【バリューセット(色彩検定3級+2級セット)】

フォーサイトのカラーコーディネート通信講座 2級3級合格講座

なお、バリューセットを申し込んだ方には、「オリジナル合格グッズ」がもらえるプレゼントキャンペーンも行っています。

以上のように、フォーサイトの通信講座の各教材は、他の予備校の教材に比べて、かなり格安ですし、キャンペーン価格を利用すればさらに安価になります。

さらに各教材の内容を知りたい方は、フォーサイトのカラーコーディネート通信講座のページでさらに詳しくわかります。

色彩検定2級・3級試験に短期で合格したい方はこちらをご覧ください↓

>>口コミで人気!フォーサイトの色彩検定講座。9800円〜


【関連記事】

色彩に関する資格や検定試験にも、カラーコーディネーター検定試験、色彩検定、パーソナルカラリスト検定など色々あります。色彩に関する資格や検定試験の違いについて知りたい方は、こちらのページにまとめてありますのでご覧ください。

>> 色彩に関する資格や検定試験にもいろいろあります。その違いを知りましょう。