本文へスキップ

フォーサイトのカラーコーディネート通信講座 検定試験の種類 選択

色彩に関する検定試験の種類について知っておきましょう。

フォーサイトのカラーコーディネート・色彩検定の違いは?

色彩に関する資格や検定試験は複数あります。違いはなに?

フォーサイトのカラーコーディネート通信講座

色彩に関する資格や検定試験は複数ありますが、違いについて知っておきましょう。

色彩に関する資格や検定試験を調べていると、カラーコーディネーター検定試験、色彩検定、パーソナルカラリスト検定など、色々あって、どの検定を受けるのが良いか迷ってしまいます。

それぞれの検定では目的や学習する内容、試験範囲が異なるため、その違いについて知っておかないと、後で後悔することになるかもしれません。

そこで、このページではそれぞれの違いを整理をしましたので、ご参考にしてください。

色彩検定について

色彩検定は文部科学省後援の検定試験ですから、公的な信頼性があり、知名度は一番ではないでしょうか。この色彩検定は、公益社団法人色彩検定協会によって実施される検定試験で、毎年6月と11月に試験が実施されています。

また、色彩検定の試験会場は、全国の約400会場となっているため、試験会場へのアクセス等を考慮すると、比較的受験しやすい検定試験といえます。

この色彩検定は、3級から1級まであり、3級の合格率は7割を超える程度で、比較的合格易いといえます。

↓色彩検定の、3級から1級までの合格率等<2016年度 受検状況>

1級 2級 3級 合計
志願者(人) 1,803 12,161 27,292 41,256
合格者(人) 473 6,993 19,152 26,618
合格率(%) 29.77 62.84 75.25

※色彩検定協会について詳細に知りたい方は >> 色彩検定協会の公式ページはこちら

なお、色彩検定は「ファッションカラーコーディネーター検定試験」という名称で始まった資格で、ファッション業界で活躍する方にも人気ですが、活躍の分野は下記のように多彩です。

↓色彩検定の合格者の活躍分野

色彩検定の合格者の活躍分野

カラーコーディネーター検定試験について

カラーコーディネーター検定試験は、上記の色彩検定と並んで知名度が高い検定試験です。この検定試験は、東京商工会議所によって、毎年6月と12月に実施されています。カラーコーディネーター検定試験(「東商の試験」と略称されます)は、色彩理論を専門的・理論的に分析する内容を含み、工業デザインに関わる方の受験も多い資格です。

このカラーコーディネーター試験は3級から1級まであります。1級は、「環境」「商品」「ファッション」とに分かれています。1級の「環境」は合格率が1〜2割でかなり難関の試験となっています。

パーソナルカラリスト検定について

パーソナルカラリスト検定は、一般社団法人日本カラリスト協会が主催する検定試験で、毎年7月と11月(法人試験のみ2月)に実施されています。パーソナルカラリスト検定では、「人と色」の色彩調和や、「似合う色」についての理論等を重視するため、メイクやファッション、ヘアカラーなどにも応用がききます。

パーソナルカラリスト検定は3級から1級まであり、2級からの受験や2級・3級の併願受験が可能。しかし、1級受験は2級取得者のみという条件もあります。

このパーソナルカラリスト検定では、実践的な内容が多く、ファッションに関する仕事、普段の生活にカラーコーディネートを役立たせたい方などにも人気の検定試験となっています。

>> 日本カラリスト協会の公式ページはこちら

色彩士検定について

色彩士検定は、特定非営利活動法人全国美術デザイン教育振興会の主催によって毎年9月と1月に実施される試験で、3級から1級まであります。
色に関する理論や色の歴史についての知識が必要なことはもちろん、3級から演習・実技問題が盛り込まれていることが特徴です。

試験の多くがデザイン系の専門学校で行われており、デザイナーやアーティストを目指す方が多く受験する資格といえます。

>> 全国美術教育振興会の公式ページはこちら

目的に合わせて受験する資格・検定を選ぼう

ここまで紹介してきたように、色彩に関する知識や検定合格の資格をどのような分野で生かしたいかによって、どの検定を取るかを選択することができます。

  • ファッション業界で活かしたい⇒色彩検定
  • 工業デザインの世界で活かしたい⇒カラーコーディネーター検定試験
  • ファッションから普段の生活まで幅広く⇒パーソナルカラリスト検定
  • アーティストの世界で生かしたい⇒色彩士検定

と、このように色彩に関する検定は、それぞれの資格によって出題範囲や傾向も異なるため、それに合わせた選択が必要になります。自分が目指す分野を明確にした上で、どの資格を受験するかを決めましょう。


フォーサイトのカラーコーディネーター講座は、
認定講師が担当しています。

フォーサイトの教材は、検定試験を主催する色彩検定協会、東京商工会議所、どちらからも認定講師の資格を受けた講師:神宮彩子先生が専任で担当しています。
ですので、色彩検定協会か東京商工会議所の検定試験の受験者には一つの安心材料と言えます。

また、検定試験合格のために必要な内容を効率よくまとめたオリジナルテキストを始め、実際の試験の出題傾向を盛り込んだ問題集作成、DVDでの講義、学習の内容に関する質問対応も、専任講師が担当しているため、受講生は、迷うことなく自信をもって勉強に励むことができます。

カラーコーディネーター検定試験・色彩検定の合格講座ガイダンス

カラーコーディネーター・色彩検定通信講座担当:神宮彩子 専任講師 

フォーサイトのカラーコーディネーター・色彩検定通信講座の3つの特徴

フォーサイトの特徴1

フォーサイトのカラーコーディネーター講座の特徴は、通信講座ということです。

ですので、社会人で予備校に通えない人も、資金の面で予備校に通えない人も、子育てで予備校に通えない人も、自分のライフスタイルに合わせて空いている時間を利用することで、効率的に学習ができます。

さらに、DVD・CD・eラーニング等、フォーサイト独自の教材と学習システムで、効率の良い学習ができるようにカリキュラムが組まれています。

フォーサイトの特徴2は、合格率が非常に高いことです!

フォーサイトのカラーコーディネート講座 合格率

フォーサイトの特徴3は、受講料が安いことです!

上記のように、フォーサイトの評判が良いのは、合格率の高さと受講料の安さにあるため、できるだけ受講料を安価に抑えて合格したい方にもおすすめです。

カラーコーディネート通信講座 教材と受講料

フォーサイトのカラーコーディネート講座 教材・テキスト

フォーサイトのカラーコーディネート通信講座には、 DVDコースと、DVDコース&公式テキスト(3級・2級)があり、ご希望のコースを選ぶことができます。

ただし、選択のコースによって、以下のように料金が違うため、資金と希望する学習スタイルに合わせて選択をしましょう。

【色彩検定3級合格講座】

フォーサイトのカラーコーディネート通信講座 3級合格講座

※教材内容の詳細は、フォーサイトの公式サイト(クリックすると下方へジャンプ)に記載されています。

【色彩検定2級合格講座】

フォーサイトのカラーコーディネート通信講座 2級合格講座

※教材内容の詳細は、フォーサイトの公式サイト(クリックすると下方へジャンプ)に記載されています。

【バリューセット(色彩検定3級+2級セット)】

フォーサイトのカラーコーディネート通信講座 2級3級セット

なお、バリューセットを申し込んだ方には、「オリジナル合格グッズ」がもらえるプレゼントキャンペーンも行っています。

フォーサイトのカラーコーディネート通信講座 色彩検定 オリジナル合格グッズ

以上のように、フォーサイトの通信講座の各教材は、他の予備校の教材に比べて、かなり格安ですし、キャンペーン価格を利用すればさらに安価になります。

さらに各教材の内容を知りたい方は、フォーサイトのカラーコーディネート通信講座のページでさらに詳しくわかります。

色彩検定2級・3級試験に短期で合格したい方はこちらをご覧ください↓

>>口コミで人気!フォーサイトの色彩検定講座。9800円〜