本文へスキップ

絶対合格予備校ナビ

あなたが資格を得るための・・予備校・塾 NAVI

 

希望の資格・職業・学校へ絶対合格するための予備校ナビについて

予備校選びの重要性について

高校や大学、各種の資格試験、公務員や教員等の採用試験、その他を受験する際に重要となるのが、予備校選びです。

この予備校選びが、あなたの合否を左右することにもなりますので、このサイトでは、まず、予備校選びの判断基準と思われる事項を列挙しました。

自分にいちばん合った予備校を選ぶ際の基準として、参考にしていただきたいと思います。

予備校を選ぶ際の判断基準とは?

1.その予備校の合格率はどうか?

受験は結果が全てです。

合格率の高い予備校は、より多くの合格者を出すために、それなりの工夫や研究を行っています。

合格率の高い予備校は、受講生も安心して勉強に励むことができ、その結果、効率よく合格できるという相乗効果を生む結果となります。

2.予備校の講師やテキストの質はどうか?

講師の情熱や教え方の良否、授業の基本をなすテキストの良し悪し。

実際的には、これらのことが最も重要だと思います。受講生の側からいうと、たとえ、授業料が高くても、講師やテキストが良ければ、高い授業料も価値あるものとなります。

授業料が安いからといって、講師やテキストが悪いために合格できなければ、その出費もかえって高いものなってしまいます。

3.予備校に自習室があるかどうか?

自分の家では集中できないという場合もあります。また、学校の帰りや職場の帰りを利用して、時間ぎりぎりまで勉強したい人も多いと思います。

しかし、予備校に自習室が用意されている場合でも、収容スペースが狭く、席を取るのが大変な場合、無駄な労力を要することになり、かえってロスが多くなるおそれもありますので、注意が必要です。

4.受講生の口コミや体験等が発表されているかどうか?

上記のほかにも受講生に応じた諸条件があると思います。しかし、実際には、予備校に入ってみなければ分からないというのが実情だと思います。

従って、入ってから後悔しないようにする方法として、実際の受講生や合格者の口コミや体験談を聞いたり、読んだりして、自分に合った予備校を選ぶのが失敗しない方法だと思います。

そのような点から、このサイトでは各種の予備校の特徴などを紹介します。

【 新設ページの紹介】